無料ブログはココログ

« 後期高齢者医療制度の行方   新制度まで一年を切ったのに | トップページ | 藤清光さんと吉沢久子さんと »

2012年4月14日 (土)

身元保証の実印と印鑑証明を必要とするパートタイマーとは。

かささぎ、一身上の都合で転職したんです。
前職とは全然別のブルーカラーの現場で働いています。

ところで、その入社書類の一つに身元保証の調書があります。
今度の会社では二人もつけてくれといい、親でないほうの保証人からは実印とその印鑑証明書も添付してくれというんです。
いやなきもちです。
はじめからうたがわれているみたいで。

近所に二軒親戚があります。これを依頼に行きました。
反対されました。
そんな、印鑑証明までつけるような保証をしなければならぬようなパート、やめなさい。ほかにも探せば仕事はあるだろう。と説教されてしまいました。

逆であれば、わたしもおなじきもちだろうな。
と思いますので、無理押しはしませんでした。

けれども、働かねばならず、。
ここは残業した分の賃金はきちんと支払ってくれます。
それはかささぎにとって、いい会社に分類されます。

だから、どうしたものかと思案しているところ。
とりあえず印鑑証明はあきらめます。
会社にはまっすぐ伝えるしかありません。

« 後期高齢者医療制度の行方   新制度まで一年を切ったのに | トップページ | 藤清光さんと吉沢久子さんと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身元保証の実印と印鑑証明を必要とするパートタイマーとは。:

« 後期高齢者医療制度の行方   新制度まで一年を切ったのに | トップページ | 藤清光さんと吉沢久子さんと »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31