無料ブログはココログ

« 机上のガーベラ | トップページ | アクセス解析(2)  視聴率と視聴質 »

2012年4月17日 (火)

アクセス解析その1 生ログから

1 看取り加算とはhttp://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%9C%8B%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%8A%A0%E7%AE%97%E3%81%A8%E3%81%AF&rs=1&tid=bb_top_v2_sa&ei=UTF-8&pstart=1&fr=bb_top_v2_sa&b=31

以下も、面白し。

施設での看取りは警察沙汰:
http://www.nagaoclinic.or.jp/doctorblog/nagao/2011/01/post-1223.html

看取り加算;http://www.kanshin.com/keyword/915404

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1484318399

特定施設の看取り加算;http://momo-momo.sblo.jp/article/54836279.html

2 医師の配置数計算http://search.yahoo.co.jp/search?fr=sb-kingbrw1&ei=UTF-8&p=%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AE%E9%85%8D%E7%BD%AE%E6%95%B0%E8%A8%88%E7%AE%97

以下も、面白し。

北海道医学生の会;http://medg.jp/mt/2009/04/-vol-81.html

「研修医計画配置を推進するモデルとしてドイツにおけ
る州医師数の上限が引き合いに出されますが、ドイツでは各専門医学会と各州医
師会が州別に必要な専門医の数を計算しています。ドイツにおける医師配分は、
定数をめぐる自由競争の中で行われており、地域間での移動の自由が保障されて
いる点で、わが国が導入しようとしている中央政府よる強制配置とは完全に異
ります。」

ノエル先生に聞く;http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02841_02

ノエル「研修を修了した専門医の数や配置の調整については,政府の対策はほとんどありません。ただし例外が2つあります。1つは,現在約4千人の医師やnurse practitionerなどがへき地や都市部の貧困地域のNational Health Service Corps(NHSC:全国医療サービス機構)で働いています。ここで勤務する臨床医は医学部の学費と諸費用を奨学金から支払っており,通常は基本的な臨床研修を済ませたあとで約4-7年間NHSCで働きます(註2)。もう1つの例外は,米国で研修するためのビザをとっている外国の医学部卒業生が,本国に帰る義務の免除を希望する場合です。これらの医師は,米国の永住ビザを申請できるようになる前に,通常は,貧困区域で7-8年働くことを要求されます(註3)。こうした医師の多くは専門医のフェローシップを終えています。」

3 病床区分 2025年 http://search.yahoo.co.jp/search?fr=sb-kingbrw1&ei=UTF-8&p=%E7%97%85%E5%BA%8A%E5%8C%BA%E5%88%86+2025%E5%B9%B4

4 指定介護療養型医療施設 廃止http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%8C%87%E5%AE%9A%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E7%99%82%E9%A4%8A%E5%9E%8B%E5%8C%BB%E7%99%82%E6%96%BD%E8%A8%AD%20%E5%BB%83%E6%AD%A2&rs=2&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa

5 診療報酬改定 現場の意見http://search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&p=%E8%A8%BA%E7%99%82%E5%A0%B1%E9%85%AC%E6%94%B9%E5%AE%9A+%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%AE%E6%84%8F%E8%A6%8B&pstart=1&fr=sb-kingbrw1&b=31

このうち、これ。
http://ameblo.jp/trtlawrence/entry-11160871867.html?frm_src=thumb_module

なーにが、コンシェルジュじゃろ。。。。
あっと口がすべった。ごめんなさい。
んんん。流行っている言葉の駆け巡る速度たるや、光並みです。
それで、聞くのもいやになるんだよ。
あたしは、自分のこんどの勤務先の壁に貼られた目標に、「見える化の徹底」とあったのを見たときも、心底、げんなりしました。

ちなみに。誰も言わないのでちょっとだけいいっすか。
現場の声というよりか、かささぎひとりの声なんだけど。カチカチ。
病院の厨房職員の待遇。
年々寒くなっているらしい。年末正月、盆の手当、ゼロ。
パートでもサービス残業、当たり前。冗談ではありませぬ。
正規の職員、栄養士や調理師の彼ら彼女らは、どれだけ働いていることか。
もっと食事を提供してくれるひとたちに感謝しましょう。


あたしは、この、報酬改定、現場の声、というタイトル、ものすごくひかれた。
でも、中身をひらけば、どのサイトも、全然つまらないよ。
なぜだろうね。
あ、そうか。
求めるものと理解度が最初っから違うんだった。笑。

« 机上のガーベラ | トップページ | アクセス解析(2)  視聴率と視聴質 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセス解析その1 生ログから:

« 机上のガーベラ | トップページ | アクセス解析(2)  視聴率と視聴質 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31