無料ブログはココログ

« 身元保証の実印と印鑑証明を必要とするパートタイマーとは。 | トップページ | 高野山 »

2012年4月15日 (日)

藤清光さんと吉沢久子さんと

なにげなくつけたテレビから、強烈な博多弁。
方言丸出しで郷土食のお弁当を豪快に紹介していたその人は、おばさんなのに、トウさん。
藤さん。小柄ながら、ド迫力のパワーあふれる料理人。

「お弁当なんてね、ブロッコリーだのお肉だの彩り考えて作る必要はなかと。
きのうの残り物でよかと。ほら、こればこうすれば、ね、簡単にできておいしかとですよ。」

と「てえげまんげ」の作り方で昔ながらの味を大事にする。
ほっとします。料理作るのに計量スプーンなんかいらない。
先日は、対馬まで伝統の郷土食を取材に行っていた。
昔から続く日常の食事を大事にする姿勢、素晴らしい。

新聞を二つとっていたころ。
西日本新聞か朝日だったかの家庭面に吉沢久子さんの連載があり、ファンでした。
吉沢さんは暮らし評論家、でいいのかな。
今日月刊女性誌で久々に吉沢さんの文章を拝読しました。
いま八十代であられるのかな。1918年生、文化学院卒!!
うわあ、秀野さんとおなじ学校だったんだ。しらなかった。
毎日二食、ひとりでする食事を楽しんでいるとのことです。あらゆる努力を惜しまない。自分の五感をフル回転させて料理を作り味わう。賞味期限は自分の五感が決める。

調べ物はパソコンではしないと。
自分で本などを使って調べる、すると不思議なことにいろんな記憶を呼び覚まされて、ぼけない、と。
家の中では段差もあるほうがバリアフリーよりずっといいと。

なんでも親切すぎると人の潜在能力を殺す、というのです。
確かにそうだわ。

この二人から元気をいただきます。
この二人、なにかが共通してます。

http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/296.html トウさん。
この人をウィキしてたら、アナウンサーの山下信さんとつながった。
山下信さんの大ファンでした。いま東京に赴任中でいらっしゃる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E6%B2%A2%E4%B9%85%E5%AD%90
吉沢先生。
八十代ではなく、あと6年で百歳なんですね。すげ!

« 身元保証の実印と印鑑証明を必要とするパートタイマーとは。 | トップページ | 高野山 »

コメント

吉沢久子
検索31位
ここ、この記事、とても参考になりました

吉沢久子さん、阿佐ヶ谷にお住まいでよく前を通ります。
小さな敷地に建つ昭和の建物平屋、独り分の野菜が作れるような庭、あんな一人暮らしがしたいなというようなたたずまいです。

さくらさん、阿佐ヶ谷ってどこですか。
って聞いても、わからないんだけど。
一人用の庭があるって贅沢ですね。
こんど又ぜひお写真お願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤清光さんと吉沢久子さんと:

« 身元保証の実印と印鑑証明を必要とするパートタイマーとは。 | トップページ | 高野山 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29