無料ブログはココログ

« 拳銃三種。 | トップページ | 春の連句興行のごあんない »

2012年4月21日 (土)

病院組織・スタッフ論 ~ 歯科医師

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 4 月 19 日 歯科医師とは

医師と同じく歯科医師も、歯科医師法第一条により「歯科医療及び保健指導を掌ることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保する」ことを任務とする職種です。

歯科医療のみを行う職種ではありません。

絶対的欠格事由も相対的欠格事由も処分も再教育研修も登録情報の公表も、医師とまったく同じです

ただし、歯科医師国家試験は「臨床上必要な歯科医学及び口腔衛生に関して、歯科医師として具有すべき知識及び技能について」行われ、「公衆衛生」の知識と技能については言及されていません

臨床研修については、診療に従事しようとする医師については二年以上の臨床研修義務がありますが、歯科医師については、一年以上となっています。

医師法と歯科医師法は同時に施行され、ふたつの資格は明確に区別されていますが、旧法では、医師であっても二年以上歯学を修業して歯科専門を標榜する医師もいました。

医療と歯科医療との境界領域については厳密には区分が難しいことがあり、たとえば口腔外科領域には医師と歯科医師とが混在しています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎのどうでもいい独言

こないだ書いたことで、ちょっと気になるんよ。
九州歯科大。
あたまに九州を関する大学って、いくつかありますが、
かささぎが空でいえるしこ(しこは方言、トウさんのおかげで全国区になれるか)列挙しますと、
九州大学、九州歯科大、九州工業大(九工大)、九州産業大学(九産大)、九州医科歯科大学。。。すんません。もう知りません。きっともっとあるちおもうとばってん。
で、こないだの九州歯科大の年譜をみてたら、第一回卒業生28人。
おお、どこぞの大学みたいだ、と思いつつさらによく見れば、入学生は百人越している。なぜ。のこりの百人はどこへいったの。(そんなこと、だれも気にならんじゃろうが、かささぎは気になるんだよ、ふん。)それにしても、創設は大正3年福岡市、1914年か。えっ!ということは。第一時世界大戦!!じゃないっすか。そんな火急のときに。

ヨーロッパ史では、第一次世界大戦が勃発したこのころより現代がはじまったとする見解 もある。(ウィキ)

てこた、三段論法でいけば、「歯医者さんから現代がハジマッタ」、ともいえるんじゃないっすか。
http://www.kyu-dent.ac.jp/about/enkaku.html

« 拳銃三種。 | トップページ | 春の連句興行のごあんない »

コメント

ところで、学長。
今日の連句会、よろしくよろしくお願いいたします。

で。
この次の文章、眼科医や耳鼻科医をすっ飛ばして、看護師に行くわけですが、その理由はなぜ。
もしや、眼科医も耳鼻科医も、医師の範疇に入るの?そうなの?書いてあったっけ。ぼおっとして転載してるからね。こんなもんです。はい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院組織・スタッフ論 ~ 歯科医師:

« 拳銃三種。 | トップページ | 春の連句興行のごあんない »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31