無料ブログはココログ

« すたまご | トップページ | 健康増進法(1) »

2012年4月27日 (金)

地域保健法

保健医療経営大学学長

橋爪 章

2012 年 4 月 27 日 地域保健法

地域保健法の前身は昭和22年9月に公布された保健所法で平成6年に改称されました。

この法の基本理念を謳った第二条に、改称を伴う法改正に至った時代背景が滲んでいます。

第二条 地域住民の健康の保持及び増進を目的として国及び地方公共団体が講ずる施策は、我が国における急速な高齢化の進展、保健医療を取り巻く環境の変化等に即応し、地域における公衆衛生の向上及び増進を図るとともに、地域住民の多様化し、かつ、高度化する保健、衛生、生活環境等に関する需要に適確に対応することができるように、地域の特性及び社会福祉等の関連施策との有機的な連携に配慮しつつ、総合的に推進されることを基本理念とする。

第三条では、国と地方公共団体の責務が次のように規定されています。

①市町村(特別区を含む):当該市町村が行う地域保健対策が円滑に実施できるように、必要な施設の整備、人材の確保及び資質の向上等に努めなければならない。

②都道府県:当該都道府県が行う地域保健対策が円滑に実施できるように、必要な施設の整備、人材の確保及び資質の向上、調査及び研究等に努めるとともに、市町村に対し、前項の責務が十分に果たされるように、その求めに応じ、必要な技術的援助を与えることに努めなければならない。

③国:地域保健に関する情報の収集、整理及び活用並びに調査及び研究並びに地域保健対策に係る人材の養成及び資質の向上に努めるとともに、市町村及び都道府県に対し、前二項の責務が十分に果たされるように必要な技術的及び財政的援助を与えることに努めなければならない。

市町村になく都道府県にある記載事項に「調査及び研究」があります。

「保健所法」の時代、都道府県が設置した保健所の職員たちは地域保健対策に関する「調査及び研究」を行ってきました。

日本公衆衛生学会の演題は、毎年、彼らの発表で満ち溢れていました。

私も、保健所の新任職員として採用された当時、先輩医師から「公衆衛生学会に発表できるような仕事をしなさい」と指導されたことを思い出します。

保健所の職員たちの「調査及び研究」がわが国の健康水準の向上に果たしてきた役割は計り知れません。

国際協力の動向でも、「オペレーショナル・リサーチ」を行政職員に行わせることが、有効性の高い方法論として評価されています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎのひとりごと

保健所か~。
かささぎ、それがどこにあるかさえ、しらないなあ。
ジミです。
もっとも父がなくなるまで、やめ税務署がどこにあるかも知らなかったくらいだから、。
ほんとうにおかげさまで生かされています。
かささぎ、縁あってとある機械の組立工員となりましたが、その組み立てる機械の内部を見て、驚きました。こんな複雑な配線のものを間違わないようにやっている工員さん。そのおかげで、文明の恩恵にありつける。
まさに、ひとつひとつの工程が真剣勝負です。

« すたまご | トップページ | 健康増進法(1) »

コメント

>保健所か~。
>それがどこにあるかさえ、しらないなあ。

法的名称は「保健所」ですが、福祉事務所と一体的運営になり、しかも広域合併したため、いまや市民向けには、次のような長ったらしい名称になっています。
「南筑後保健福祉環境事務所八女分庁舎」

上妻小学校下級生の社会科見学で、警察署と消防署と保健所に行ったのは覚えていますか?
八女保健所ではX線撮影機器で人体が透けて撮影できるということに興じました。
将来、医師になって予防医学を志さんとする少年を生んだ体験学習なのでした。

そうでしたか。
お医者になりたいと思った動機は、レントゲン。体が透けて見えるから?そういう動機は少々はやいのではないですか。はっ。いやそのごめんなさい。そういう意味ではないのかな。(※)

私は見学に行ったこと自体を覚えていません。
低学年で?
やはり乙四郎は乙四郎だったんですね、小さいころから。
ぼっちゃん刈、冬も半ズボンの章ショウネンが、シェ~!!の格好のまま固まってポーズの解説をしてる場面が、いま目の前をよぎっていきましたが、あれがなかったら、単なる優等生としての記憶しかなかっただろうな。偶然目にしたへんな子の正体。笑。


短大では出身中学校に教職の授業に二週間行かねばならなかった。その南中で、おなじ時期、美術教師としてきていた同級生とばったり。おわりがけ、彼女が私に言った言葉がいまだに忘れられない。
「生徒のある男子が、私にこういったのよ。ちょっと早くない?せんせいをみていると、ぼくはなんだかへんなきもちになります。って。」

そういえば、彼女は色気のある人でした。
かささぎはがさつをえにかいたような鳥なので、そんなことは言われなかったなあ。
いま、どうしてるだろうか。miekoさん。

短大で教職とったら中学校教諭二級免許がもらえた。いまもそうでしょうか。
おいしゃさんにもあるだろうかな。二級免状。
ないだろうよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域保健法:

« すたまご | トップページ | 健康増進法(1) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31