無料ブログはココログ

« 第三句を取り直す。歳時記の季節が四つに分けてある価値がここで出る。ふん。せからしかね。 | トップページ | 手書きとは。 »

2012年3月27日 (火)

効く?

効く?

« 第三句を取り直す。歳時記の季節が四つに分けてある価値がここで出る。ふん。せからしかね。 | トップページ | 手書きとは。 »

コメント

やけどの「あと」をなくすから「アット」ノンですか。
九州人ゆえ、「あと」の字がかかとの絵にかぶってるので、つい「あど」と読んでしまうたい。

子どもの頃、肩にあるBCGの注射跡がいやでした。
いつの間にか平たくなって気にならなくなりました。
傷跡を目立たなくする工夫は、これからもどんどん進化して欲しいです。

あっとのん、とはそういう名付けか。あっと驚くね。
仏教のわるくちを書いたため、ばちがあたって、仕事中に眉のすぐ下をすぱっと切ってしまいました。
ドラ森で傷をみせて、ソフラチュールを買おうとしたら、薬剤師さんが、それは勧められません、と、乙四郎先生がいつぞやいったこととおなじことをいわれた。そんなら、てれびで宣伝してるのください。と言ったら、ああ小林製薬の。と出してくださった、こっちのほうがまだましでしょうかね。ですと。
目の周りにはご使用にならないで、とありますが、使っています。効いてるかどうかはわかりません。

連句止まって申し訳ない。
昨日前田先生から電話。
こんどのれぎおんに、浅沼ハク捌きオンザロックが二巻でる、それを読んでいたら、どうもね、挙句はそっくり同じことばでうちこすみたいよ。という話でした。でも、亜の会のは、このままにしときまひょ。と。
このままというのには、前田師一直が入っています。
ぽぽなさんに詫びなきゃいけません。
せいこの第三と、かささぎの医師いひし、とぼんのさわと鳴る、のところ(動詞二つがうるさいと)、師の一直が入っています。ぽぽな句は、
体の中を渡る春風、となっていた。
億の瞳を、でしたので、。

きょうは「よなのか」。ぼうさまがくる。
朝もはよからかささぎ、母においたてられている。
この家で、わたしはこうしてそだった。

こんにちは。7日ごとの供養は自分の心の供養にもなりますね。 お母様、体も動かれてよかったです。
やけど、切り傷には馬油がおすすめ。すぐ効果あります。 もちろん美容にも☆

え!!えめさん。ほんと?
ばーゆなら、百均のがあります。
ためしてみます。ありがとさんにござんす。

今日はいいお天気で、こころのささくれがなぎました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 効く?:

« 第三句を取り直す。歳時記の季節が四つに分けてある価値がここで出る。ふん。せからしかね。 | トップページ | 手書きとは。 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31