無料ブログはココログ

« ぶんごうめ ひらく | トップページ | 医療施設の事業継続計画(BCP)について(1)(2)  事有るときの事業継続の段取り »

2012年3月 9日 (金)

日本人死亡数の将来推計(4)             変曲点の淵源をさぐる

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 3 月 8 日 日本人死亡数の将来推計(4)

死亡者数が2030年にかけて今よりも約58万人増加するという将来推計は、国立社会保障・人口問題研究所の死亡高位推計をはるかに上回る死亡数です。

高年齢の死亡率改善という大前提が崩れるか否かが、どちらの推計がより現実的であるかの決め手です。

高齢者が医療機関へ入通院している状況に変化がなければ、高齢者には医療の進歩の恩恵が及び、医療の進歩とともに死亡率は改善してゆくはずです。

下の表は、死亡の場所が医療施設(病院・診療所)であった者の割合ですが、医療施設での看取りが2005年までは着実に増加しています。

医療の恩恵を享受できる人が着実に増加しているということは、死亡率も改善してきたはずです。

 

1955 15.4%

1975 46.7%

1995 77.1%

2000 81.0%

2001 81.2%

2002 81.4%

2003 81.6%

2004 82.3%

2005 82.4%

2006 82.3%

2007 82.0%

2008 81.1%

2009 80.8%

2010 80.3%

 

2005年以降は、医療施設での看取りが減少しつつあります。

在宅療養への政策誘導の成果かもしれませんが、医療施設外へは医療の恩恵が届きにくいため、在宅療養割合が増えれば、必然的に死亡率は悪化してゆくはずです。

多くの人々が、できることなら住み慣れた環境での看取りを望んでいる実情から、多少の死亡リスクの増大にかかわらず、在宅療養への流れは加速してゆくことでしょう。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

ぼうぜん。

すっと学長ブログ転載してきたのに、わかっていない。

復習します。後期高齢者医療制度とは。

以下よそさまのブログからかっさらってまいりました。http://rekoukikourei.suffas.com/

新制度では、「後期高齢者」一人一人が被保険者となって、75歳以上の高齢者も、今後は市町村から支給される自分自身の被保険者証を一枚、持つことになります(ただし、「生活保護受給者」は被保険者からは除かれることになっています)。


ということはその保険料も、これら後期高齢者の方が「自分で」納めることになるわけです。

世帯単位で保険料が計算される国民健康保険とは異なり、後期高齢者医療制度では「個人単位で保険料が計算されることに注意する必要があります。

年金支給分から年金の支払期ごとに、原則として該当分の保険料が自動天引き特別徴収)されて、年金の手取額が減ることになります。

(注)
平成21年度(2009年1月)からは、「原則としてすべての人の」口座振替による支払普通徴収が可能になりました。

▼かささぎの独り言

変曲点の淵源。(くーっ・・なんかかっこいい。)
何もわかっていなくても、見出しはつけれるね。

きのう、初七日法要。
むすめが料理をやってくれ、家で無事にすませることができました。
初七日の精進料理の献立、
がめ煮、白和え(ほうれんそう、にんじん、こんにゃく、富有柿、ごま)、てんぷら(かぼちゃ、青紫蘇、なす、サツマイモ、と、玉葱・牛蒡・人参のかきあげ)、煮豆、そうめん好きだった父のためににゅうめん、ちらし寿司。全部むすめがやってくれました。

毎日きつい仕事をやっているのに、あらまし一人でやってくれた。

ありがとう。

父が残したことばで、いちばん心に残ってることば。

きつか仕事がよかしごとたい。

 梅白しきつか仕事がよかしごと   恭子

« ぶんごうめ ひらく | トップページ | 医療施設の事業継続計画(BCP)について(1)(2)  事有るときの事業継続の段取り »

コメント

某県某市の僧侶派遣会社と提携先の葬儀会社が5億円の所得隠しをしていることが国税局の税務調査でわかったというニュースが流れました。
近年、死亡数が激増していることは人口動態統計の分析で明らかですが、その陰で、葬儀ビジネスが急成長しているようです。
僧侶派遣会社っていうのを初めて知りましたが、いっぱいあるみたいです。(そのひとつ↓)
葬儀会社は喪主から葬儀料金を受け取りますが、葬儀の実施には僧侶が必要ですので、僧侶派遣会社へ仲介手数料を払って、喪主の宗派に対応した僧侶を派遣してもらいます。
喪主は葬儀料金とは別に、僧侶へ「お布施」を支払いますが、このお布施の一部が、僧侶派遣会社と葬儀会社へのリベートとして簿外で処理されており、その簿外の所得隠し分だけで5億円も見つかったということです。

何かコメントしようと思って書きかけましたが、やめました。
坊主丸儲け
でもなかろう
神さんのみよらっしゃあけんね

ごめん、おつしろう。
貼り付けサイト、今開いた。開く暇もなかった。おうちゃくしてすまない。よみもしないで、コメント返しとか、われながら、なんしよん。そりゃたしかにひどくいそがしいが。

紹介さいと、おもしろい。
こころざしの高い僧侶募集中とな。
オレオレ!
ただいま出家者募集中とな。
わしわし!
あのさ。まったく今の仏教に満足していません。
なにか探している、それがなにかみえない。
ゴダイゴの歌が今も胸になりひびいている。
ときに夏目雅子がぼうさん姿ででてくる。
ふしぎかねえ。
同時代に孫悟空をみていたわけでもなかとに。

お寺さんやぼうさんは葬式仏教のほかなにももっておられませぬ。(注・特定のギョウシャをさすわけではありませぬ)
法事のたびにお経あげてくださってありがたう。
ばってんが、わしは法話がききたかとです。
こころのかたすみにぽたりとおっこちるような。

念仏三昧ということばがあります。
こまったときにはしんらんさまがいてくださる。ともいいます。
(しんらんさまをイエスさまにおきかえたとしてもぜんっぜんオッケイ)
ばってんじっさいもんだい、それでだいじょうぶでしょうか。
おてあげじょうたいのとき、あなたはまっさきになにをおもいますか。

あたしは、アクセスをみるたび、かなしくてかなしくてなりませぬ。
その多くのアクセスが幻の命につながっていて、それはもうこの二年ずっとそうで。
なにを信じて生きてきたのか。
何を信じて生きてきたのか。
と、出会った最初に竹橋乙四郎から問われたことばがそのまま、手つかずのままで、胸に鳴り響いている。
ここへみえる人たち、おそらく若い人が多いのではなかろうか、は、なにを求めて来られるのであろうと、それをいつも思ってしまいます。
なにもこたえることができない。
いいことかわるいことかなんておもいたくもないよ。と、フカセはいう。おれもそうおもうよ。
いえるのはそれだけで、ほかにどんなことばももっちゃいません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ぶんごうめ ひらく | トップページ | 医療施設の事業継続計画(BCP)について(1)(2)  事有るときの事業継続の段取り »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31