無料ブログはココログ

« セルフポートレートwithサスペンダー | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(174)                 13対1、15対1の病院が減収を免れることのできる方法 »

2012年2月26日 (日)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(173)             15対1での特定除外制度の見直しの影響は

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 2 月 26 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(173)

一般病棟入院基本料15対1での特定除外制度の見直しの影響はどうでしょうか。

15対1(入院基本料)は934点で、施設基準は平均在院日数60日以内です。

15対1(入院基本料)の病院の平均在院日数は30~40日で、約半数の病院には2割以上の特定除外患者(90日超え患者)が在院しています。

半数以上が特定除外患者であるようなところは約1割です。

60日の施設基準まで余裕がある病院が多いので、ある程度の90日超え患者がいても施設基準をクリアできますが、半数以上が特定除外患者であるような病院や90日超え患者の在院日数が半年以上であるようなところでは施設基準がクリアできません。

施設基準をクリアできない場合の入院基本料は「特別入院基本料」となり575点しか算定できませんので、約4割の減収となってしまいます。

90日超え入院患者を平均在院日数の計算対象とせず療養病棟と同等の報酬体系とする選択をすれば、13対1より15対1のほうが療養病棟報酬との差が小さい分、経済損失も小さくなります。

出来高部分の多くが包括化されますが、長期入院患者の医療区分、ADL区分によっては増収となる場合もあります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

コメント

介護保険 2012年改正 看取り

検索一位http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-5d28.html#comment-88661439

介護報酬改定医療報酬改定でブログに見える方々のキーワードの第一は、「わかりやすく」であります。

わが父。母と叔母がつめている。
ふとん一式院まで運びました。
かみさま。
今日も永らえさせていただき、ありがとうございます。

しつこくコメントしますが、うちの父は喘息が持病で、入院中もその薬を欲しがってたのだから、誤嚥性肺炎(痰が詰まってなることが多いとか)になりやすいとわかってたはずなんですけどね。もう少し患者の容態を真剣に見てくれる病院に入院してたら、まだ命を永らえたんだろうな。
ところで、妙泉寺って、三本松公園の近くなんですね。それと、「龍」がつく仏教系の大学といえば龍谷大学なんだろうけど、これは京都にあり(加藤和彦が卒業)、佐賀にあるのは短大ではないでしょうか。

あ、そうそう、斎場は市営なので、ほぼ年中無休です。公営ということは宗教施設ではないですからね。
葬儀屋という意味なら、これも人はいつ死ぬかわからないし、キリスト教式とか無宗教とかだと、六曜のような迷信にはこだわらないだろうから、大手の葬儀屋は休みじゃないようですよ。
ちなみにうちは、最近久留米に進出してきたらしい○○社の小頭町式場でやりました。人件費を安くして、コストダウンしてるような、でも担当の人はとても対応がよくて、よく聞くようなドサクサにまぎれて値段のつり上げをするようなことは全くないところでした。

はい?加藤和彦ってあの作曲家の人ですか、なくなられた。りゅうこくだいがくをでておられたのですか。えーと、はしだのりひこさんも、なんかその宗教系の人ではなかったっけ。だれか、ろいりさんか乙四郎さんがかかれていませんでしたか。キリ教だったか。
筑後の仏教系の大学は大谷短大がありますが、そこ、親子三人でお坊さんに連れられてこさみよんさんのお話を聴きに行ったことがあるきり、でも去年、せいこさんのおかげで、そこの先生から黒木物語の資料、信頼できる文献一覧について紹介されている貴重なものをいただき、ブログに転載しました。でも依然、なぞはなぞとしてあります。行空とはどんな僧だったのか、とか。なぜ二人もいるのか。とか。
で、今回は、母から。母はなんにも知らないし、そういうことには興味もない人なんですが、そういうのを偶然もらってきたもので。これも縁かなと。龍谷短大みたいですね、鳥栖にあるのかな。さくらさんの鳥栖。
わたしのやっていることって、あまり社会の役には立たないのかもしれませんが、人と人をつなぐ、って意味では、なにかの意味があるのかもしれませんね。あくまでそうしたいからやっているだけなんですけどね。

朝から病院を往復、弁当をとどけに。
川柳一句、

「準備オッケイ、まだ危篤」

いや、ほんとにおかげさまです。
うれしいんです。日曜まで待って。といいたいんで。
ボスにはこういってきた、
父が今夜死にますんんで、あすは来れません。そのおつもりでおねがいいたします。

ではそのときには電話してください。とボス。

電話しません。これから遅番勤務に上番します。

父には母と叔母が二人もついていますし、とっても優秀な看護師さんがついていてくださっている。ありがたしありがたし。

« セルフポートレートwithサスペンダー | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(174)                 13対1、15対1の病院が減収を免れることのできる方法 »

コメント

15対1

7270万件中、1位

二番のせいわ病院の記事、読みましょう

静和病院では「15対1」の意味を誰も理解していなかった
という見出しの記事です。↓

なんだかすごくおかしいですね。
制度のこまなか変更があっていることに気づかない請求者が、以前のままの意識で、水増し請求をして、(ほんとなら違反でもなんでもなかったのに)、そんなことをするから違反になった、というような事件。
さらにおもしろいのは(ああすみません、失礼なことを)それを取り調べる検察側も、そのような複雑な制度改正のことなどにはとんとムチであった、というのです。
ざっとよんだかぎりでは。

介護 2012 改正 レート

4位

2位3位を読みたい
現在進行形 磐田市なんとかというタイトルのです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セルフポートレートwithサスペンダー | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(174)                 13対1、15対1の病院が減収を免れることのできる方法 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29