無料ブログはココログ

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(152)            1月25日発表の改正案から | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 »

2012年2月 7日 (火)

ササラ電車満尾しました。

第一連

雪撥ねてササラ電車が街をゆく   杉浦兼坊

 降り積むものを擁(かいいだ)く冬  姫野恭子

卓上に葉書いちまい置かれゐて  山下整子

 セルロイド製筆箱の蓋       中山宙虫

サワと鳴る草木のなか月匂ふ    八山呆夢

 あしたの杯に古酒あふれさせ      青翠えめ

第二連

うらやましきは欠航しらずの石たたき 竹橋乙四郎

 Face bookで出会ひました      神崎さくら

乳首にはデビットボウイ耳たぶにはエリックカルメン  中山宙虫

 リネン庫といふ暗室           整子

「切らなければ助からない」と医師言ひし    恭子

 ふたりのくらしにみづすましが棲む    虫

第三連

炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ  夏

  往還端に戻る静けさ      呆夢  雑

海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ  整子  雑

  ドルもユーロも先が見えない   ぼん  雑

貧乏は餓鬼の頃から慣れてるぜ  兼坊 雑

  鞍馬天狗と笑ふ杉作      恭子   雑

第四連

やはらかい土の村々初日さす   宙虫  新年

 塩瀬帯締め女正月         えめ  新年

一斉に送信されても僕できない  呆夢  雑

  身ほとりに置く流氷の音     整子 春

3・11咲くやこの花まほろばに     乙四郎  春

  億の瞳に渡る春風     月野ぽぽな 春

起首 2011・11・22
満尾 2012・2・5

ぽぽなさんのコメント

3・11咲くやこの花まほろばに     乙四郎  春

億の瞳に渡る春風     ぽぽな 春

かささぎ様、ラブコールをいただき恐縮です。
日本の厳しい寒さと反対にNYは例年にない暖かさ、立春になって少し寒さに帰りました。
どうぞよろしくおねがいします。

ぽぽなさん。
慈愛の一句でまとめてくださってありがとうございました。
いろんな思いを春風というなにげない平凡ともいえるたった一つの季語に託して、。かささぎ、感動しました。
億の瞳とかいたことで、前句の数字とさわってくれます。
そしてその無数の瞳は花たちの瞳であり、復興を願う者一人一人の瞳でもあるのですね。

角川誌の俳句も、全句、祈りの感じられるような句ばかりでした。

あらたまのシャンパン星の味したり
祈りの息錨を下ろすように冬 
枯芒少し逆らってからゆく 
これはまだ幼い鎌鼬だろう
冬霧の膝を崩して夜の底へ
うつくしき骨軋ませて雪は降る
陽のままでいる綿虫に出会うまで

 ( 俳句誌一月号掲載全句
星の味したり。のシャンパン句から、秀野さんの
最晩年京都時代の句、こなから酒をしたみけり。を思い出しました。

 春寒くこなから酒をしたみけり  石橋秀野

こなからは二合半の酒。したむとは、したたらせる。
ぽぽな句の「したり」ってのは文法的にはどうか、専門の方にはうまく説明できるでしょうけど、そういう言葉のあっせんにも、無意識にはたらく力が連句的なものをもっていて、すごいなあ。とかささぎはおもうのです。
星のしずくがしたたっている。
鎌鼬の句もすきです。
足のあたりが底冷えがして冷えたのですね。
つめたい風。
それをおさない鎌鼬ととらえる。
眞鍋天魚先生の句にもなかったかなあ。

ありがとうございました。
いま「れぎおん」冬号がとどきました。
ちゃんとひめの変換できていた。
さすが前田先生、しゃきっとされている。

ありがたいなあ。
かささぎ、何の才能もないけど、人に恵まれる才能だけは敗けないからね。
あっりがとさんにござんしたっ!!

ご主人かわかっこいい人ですね、タイプかも。笑

かわいい+かっこいい=かわかっこいい。

かささぎの旗、音楽のカテゴリーにて、ご紹介してます。
ここです。
タカ・キガワ『ジュール』
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/taka-kigawajoul.html

∇ササラ電車の発車は去年の十一月でした!!
なにをぐずぐずしていたんでしょう。
北海道から九州まで長い旅でした。

季節は春になっていますが、雪はまだまだ降りそうですね。

どなたさまも、御同伴、まことにありがとうございました。
ぽぽなさん、一句だけでしたが、きもちいい句をありがとうございました。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-ee76.html

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(152)            1月25日発表の改正案から | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 »

コメント

身体用語が多い巻でした。
それとやはり震災から離れられない。

長かったけど、満尾、おめでとうございます。
気が付けば、らんちゃんの句がなかったね。今度はたくさん出してもらおうね。

うん。

らんちゃんからたちきをいただいてきました。
らんちゃんの句、とてもいい句がたくさん。
ハロウィンは異国の祭豆を煮る
ごめん、下五はおもいだせなかったんで、じぶんでつけた。らんちゃんごめんね。
遠花火の句もよかった。
らんちゃん、こんどはとめがきをかいてね。
ご主人の字、立派ですね。

満尾おめでとう。
相当遅ればせながら。
でも、暖かい一日でしたね。
春めいた一日れぎおん着きました。

ほんとに3.11に満開だった花↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ササラ電車満尾しました。:

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(152)            1月25日発表の改正案から | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31