無料ブログはココログ

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 | トップページ | らんちゃんの庭先 »

2012年2月 8日 (水)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(154)            みんなの意見を募った結果は

保健医療経営大学学長

  橋爪 章

2012 年 2 月 8 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(154)

近年の行政慣習として「パブリックコメント」の募集があります。

中央社会保険医療協議会は、厚生労働大臣から診療報酬点数の改定案を作成するよう諮問が行われたことを受けて「平成24年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」を取りまとめましたが、これについて、国民からの意見の募集が行われました。

意見の受付期間は1月18日から25日の一週間でした。

告知は厚生労働省ホームページで行われ、意見提出方法は電子メールか郵送でした。

寄せられた意見の総数は電子メール943件、郵送371件で合計1314件でした。

数多い意見を無視することはできませんので当事者(医療現場や患者)がパブリックコメントを提出することには意義があります。

医療関係団体はおのおののホームページでパブリックコメントの提出を促していました。

意見者の9割は医療関係者でした。

3分の2は40~64歳で、また、4分の3は男性でした。

延べ意見総数は2291件です。

在宅療養への移行や看取りは次期改定の重点事項ですが、意見は少なかったようです。

多い項目順に並べると次の通りです。

・救急外来や外来診療の機能分化の推進について510件

・生活の質に配慮した歯科医療の推進について182件

・医療技術の適正な評価について 120件

・病棟薬剤師や歯科等を含むチーム医療の促進について112件

・患者に対する相談支援体制の充実等について102件

・診療報酬点数表における用語・技術の平易化・簡素化について102件

・病院医療従事者の勤務体制の改善等の取組について95件

・生活習慣病対策の推進について 85件

・医療安全対策等の推進について 83件

・リハビリテーションの充実について 77件

・病院機能にあわせた効率的な入院医療等について74件

・在宅医療を担う医療機関の役割分担や連携の促進について70件

・在宅歯科、在宅薬剤管理の充実について70件

・がん医療の充実について 60件

・慢性期入院医療の適切な評価について60件

・後発医薬品の使用促進について 56件

・救急・周産期医療の推進について 47件

・感染症対策の推進について 42件

・精神疾患に対する医療の充実について40件

・診療所の機能に着目した評価について37件

・医療・介護の円滑な連携について 34件

・市場実勢価格等を踏まえた医薬品・医療材料・検査の適正評価について 29件

・訪問看護の充実について 28件

・相対的に治療効果が低くなった技術等の適正な評価について26件

・医療機関間の連携に着目した評価について24件

・認知症対策の推進について 22件

・早期の在宅療養への移行や地域生活への復帰に向けた取組の促進について 22件

・看取りに至るまでの医療の充実について20件

・調剤報酬について 20件

・イノベーションの適切な評価について9件

・平均在院日数の減少や社会的入院の是正に向けた取組について9

・医療の提供が困難な地域に配慮した評価について6件

・その他の意見 18件

(学長ブログ転載)

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 | トップページ | らんちゃんの庭先 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(153)             平成26年度改定へ向けての附帯意見 | トップページ | らんちゃんの庭先 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31