無料ブログはココログ

« | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(162)           2点(20円)加算評価の新設 »

2012年2月15日 (水)

戦争は知らない  カルメンマキ・歌 寺山修司・詞

« | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(162)           2点(20円)加算評価の新設 »

コメント

この歌の作者は寺山修司さんだったのですね。
題名が「戦争は知らない」というものであったことさえ忘れていました。古い歌ですね。わたしも大好きでよく歌っていた一曲。
二番目の歌詞がこんな深いものであったことも、改めて確認しました。名曲だ。
ありがとう。
久しぶりに聞いた一曲に、ふつふつと作歌意欲が湧いてきました。
介護やつれなんかしておれませんわ。笑
(いや、ちょっと、凹んでいたので)


うん、ありがとう。自己完結。祝復活、わたし。

フォークル(↓)のLPを買って何度も聴きました。
親が戦争に駆り出された世代ですが、戦争を知らない世代の始まりでもあります。

もともとは1965(昭和40)年に坂本スミ子さんが歌ってたそうです、戦後20年の思いを込めて。
もはや戦後ではない、と言われたのも遠い昔のこと。新たな戦前が来なきゃいいですけどね。

うわ、みなさんおそろいで。
ひさしぶりでございまする。

それが、きのうの夜、セイちゃんブログに行ったとき、急にこの歌の出だしの部分がでてきたのだ。
ふしぎでしょう。
わたしも気になって、歌詞をぜんぶしらべました。せいちゃんと同じく、全歌詞を知って、感動してしまいました。このカルメン巻の歌はだいぶはしょってありますので、わかりませんが、全部をみてください。
二番の歌詞だったか、父は自分が生まれる前にか生まれてすぐだったか、戦争で死んだみたいなことが歌われる。ああ、さくらさんみたいだ。とおもって。
とってもひそやかで地味で、まるで野に咲く花みたいな曲なんですが、題名が戦争は知らない、ということさえ、ほんの昨日知ったばかりというお粗末さでして。白状しますとね。
戦争を知らないこどもたち、はよく知っていますが、こっちは出だししか知らなかった。でもときに口にでてきます。
フォークルも歌っていたのですね。
フォークるのをきいてみましたが、テンポが速いね。
坂本すみこさんがうたっていたんですか。へえ。
意外ですね。
坂本すみこさんといえば。
雨がやんだら。おわかれなのね。ふたりの思いでみずにながして。
。。。これはちがうか。朝丘雪路でしたね。
似たようなヒット曲がありませんでしたか。わすれてしまった。ごめん。
たばこがでてくる歌。笑

フォークるのは、帰って来た酔っぱらいのb面に入っていた曲、ってかいてありますね。
道理で知らないはずです。
あまりにもよっぱらいが売れたので。


ろいりさん。ヒミズ、みられましたか。

こんな計画をたてました。
博多でむすこ二人連れてミッドナイト上映をみる。おわるのが二十五時すぎるので、終電はないから、三人むすめのとこにとめてもらう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争は知らない  カルメンマキ・歌 寺山修司・詞:

« | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(162)           2点(20円)加算評価の新設 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31