無料ブログはココログ

« 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(9) 貧困・格差対策の強化 | トップページ | 霜とかしに汚れてしまった月 »

2012年1月 8日 (日)

ササラ電車第三連の三と長谷川櫂の短歌

第三連

 

炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ  夏

  往還端に戻る静けさ      呆夢  雑

海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ  整子  雑

付句案

1、海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ
2、不足分は掻払ひ(かっぱらい)して補へと
3、贖罪の山羊「チキショウ」と鳴き給ふ

せいこさんがつけてくれた三句。

荒神輿の句は神祇の句です。
それにつけたぼんの句は、なんということもない景気の句ですが、おうかんばた、ということばは、なぜか生死を暗喩する。
それをまっすぐうけた、海底を、の無常句を、いただきます。

わたしは九州俳句誌に長らく随想を書かせていただいている。
それがここへきて、どうにも書けなくて苦しい。
俳句もかけない。文章もかけない。
にっちもさっちもいかない。

というところへおいこまれて、はっと思いだし、『俳句』誌を求めてきた。
月野ぽぽなさんの句が載っている一月号。

そこで私はつぎのような歌をみた。

かりそめに死者二万人などといふなかれ
親あり子ありはらからあるを    長谷川櫂

小川軽舟(鷹主宰)さんが書かれている一文によって知りえたのですが、長谷川櫂氏は元新聞記者だったそうで、その血がさわぎ、俳句ではこの歴史的大惨事は表現できぬと、震災後わずか二週間にも満たない期限に読み上げた歌をあつめて、震災歌集として出版されたとか。
そのなかの一首だそうです。

つぎをつけてください。雑。77.

« 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(9) 貧困・格差対策の強化 | トップページ | 霜とかしに汚れてしまった月 »

コメント

採用してくださって感謝。

往還端、海底、ともに居所扱いでは?とも案じましたが、打越ではないので、許容範囲でしょうか。
往還端からストレートに浮かんだのが、これとかっぱらいの句でした。
贖罪の山羊はあなたのつぶやき、
「長淵さんのチキショウとセミが鳴く」から。笑

平田容疑者がいったらしい、贖罪のことば。
被害者の妻が、今でも夫が帰ってきそうで。ということばに胸がいたんだ。というの、せつないなあ。
そんなふうに、ある日、とつぜん、こたえるんだろう。

ところで。
長谷川櫂さんのタンカ、こころにひびきませんね。みごとに。もうしわけないですがしかたない。
でも、かかずにおれなかった、というきもちは分かる気がします。あまりにもその思いが強かったからかもしれませんね。
自分のおもいをなだめるための歌。

そしておもう。
高浜虚子を。
虚子は関東大震災を経ても、一句も震災の句をよまなかった。これはこれで、えらいとおもう。

詠まずにおれなかった。
いいえ、詠まねばならなかった。歌人として。
長谷川さんのプロ魂ではないでしょうか。

歌人の道浦母都子さんがうつで歌がまったく詠めなかった時期があられ、いま、立ち直るための歌をつくりたいとおっしゃってるとか。彼女もまたプロの歌人。病気になるほど歌を詠み、回復のための歌を詠まねばならない。

made in chinaのキッチンツール

小船が運ぶ漁師4人

ドルもユーロも先が見えない

昨夜寝る前にこれをよみました。
せいちゃんありがとう。
書く核となるもの、発火点。
道浦もとこさんの、一冊もっています。
それが彼女一人だけの歌集ではないのです。
坪内稔典との共著で、俳句からと短歌からと一行詩から編まれた本。
この本をわたしにくれたのは、福岡の同い年の俳人筑網敦子さんでした。いまなにをされておられるだろうか。。。天籟通信時代のおはなし。
そうそう、この本がなければ、〈竹橋乙四郎〉はこの世に生まれていませんでしたから、ふしぎな縁ですよ。

虹はなぜ虫偏であるか熱風の地下鉄〈竹橋〉駅に立ちゐて  松平盟子

これは「駅」の題で道浦に選された短歌。
坪内ねんてんが並べ置いた俳句は、これ。

日あたりて春まぢかなり駅の土堤(どて)
      山口誓子

ぼん。うまいねえ。
船乗り四人の句にひかれてねえ。
あたまからはなれないの。


炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ  夏

  往還端に戻る静けさ      呆夢  雑

海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ  整子  雑

  made in chinaのキッチンツール   ぼん


小舟が運ぶ漁師四人がすごく哀切で、あたまからはなれない。
だけどそれをとるとねばります。
で、やむをえず転じ、これをいただきます。

帰ってから文章かきます。
ぼんありがとう。

ありがとうございます。

船の句はべたつきだからどうかと思いつつ、一応出しました。

乙さんやそらんさんはお忙しいのでしょうね。

炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ  夏

  往還端に戻る静けさ      呆夢  雑

海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ  整子  雑

  小船が運ぶ漁師四人     ぼん   雑

洗濯物を干していたら、電信柱に四羽かささぎがいた。泣いていたが一羽が南西へととびたった。
それみてたら、四人の漁師をすてたらいかん。という声にきこえた。
それで、これをとりなおします。
せいちゃんの句は震災の追悼句ですが、ぼんの句はそうとはかぎりません。
なにかつけてくだされや。
時事、経済。かな。なんでもいいです。
長句。
ああもう時間がない。
いまね、十時半から八時半ころまで拘束されています。こまごまはたらいている、たちっぱなしで。
経管出庫管理表、じぶんでエクセルで作ってみました。だれでもすぐわかるようにするには。。。をかんがえているけど。むずかしいです。

入院退院がひんぱんに入れ替わります。
長期入院者は少ない。
はやっているほうの病院だろうなとおもう。
でも厨房のたいぐうはああのむぎとうげよ。

むすめの勤務先を買収して、わずか二年で赤字を黒字にした○十字病院は、dpt認定病院になってまして、社員を海外旅行につれていってもくれるらしいけど、これまで全員正社員扱いだったのが、やめていく社員をうめる補充はぜんぶパートにするらしい。
あ、まちがえた。dpcでした。

もういかなきゃ
とりあえず、ここ、スギサク先生がだしてくれたよ。
貧乏の句いいね↓ちょっとまってください。かえってから、こんどこそかきますんで。
乙四郎先生やそらんさん、だしてくれないんで、発句人にもどった。
ニューヨークのぽぽなさんの句もご紹介せねば。
いい句をかかれます。
鎌鼬の句が印象的でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ササラ電車第三連の三と長谷川櫂の短歌:

« 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(9) 貧困・格差対策の強化 | トップページ | 霜とかしに汚れてしまった月 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29