無料ブログはココログ

« 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(10)医療イノベーション | トップページ | 八女福島の燈籠人形 »

2012年1月10日 (火)

厚生労働省平成24年度予算案のポイント(11)障害者施策

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 10 日 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(11)

<障害者施策>については、良質な障害福祉サービスの確保のために7434億円が計上され、障害者等が地域や住み慣れた場所で暮らすために必要な障害福祉サービスが計画的に確保されるとともに、平成24年4月に+2.0%の障害福祉サービス費用(報酬)の改定が行われ、福祉・介護職員の処遇改善、通所サービス等の送迎を含む障害者の地域生活の支援、障害福祉サービスの質の向上等が推進されます。

地域生活支援事業の着実な実施には450億円が計上され、移動支援やコミュニケーション支援など障害児・者の地域生活を支援する事業について、市町村等での事業の着実な実施や定着が図られます。

また、障害児・者が地域生活へ移行するための支援や、安心して地域で暮らすことができるための支援体制を整備するため、地域での相談支援の中核的な役割を担う基幹相談支援センターの機能強化や成年後見制度の利用が促進されるとともに、児童発達支援センターの地域支援機能の強化など障害児支援の充実が図られます。

障害児・者への福祉サービス提供体制の基盤整備には117億円が計上され、障害児・者の地域移行・地域定着支援や就労支援の充実を図るため、生活介護や就労継続支援等の「日中活動の場」の基盤整備が推進されるとともに、グループホーム等の「住まいの場」の整備が推進されます。

また、基幹相談支援センターの設置が促進されるとともに、児童発達支援センターの地域支援機能の強化や障害児入所施設の小規模グループによる療育など障害児支援の充実を図るための整備が推進されます。

さらに、災害時に、障害福祉サービス事業所や障害児施設等に障害児・者の緊急の受入が可能となる設備等を備えた防災拠点等の整備が推進されます。

なお、これまで社会福祉施設等施設整備費補助金の整備対象としてきた大規模修繕等及び保護施設等の整備については、平成24年度からは地域自主戦略交付金(一括交付金)による対応となります。

保健医療経営大学学長ブログ転載

« 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(10)医療イノベーション | トップページ | 八女福島の燈籠人形 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(11)障害者施策:

« 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(10)医療イノベーション | トップページ | 八女福島の燈籠人形 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31