無料ブログはココログ

« 一月上半期のアクセス解析 | トップページ | »

2012年1月18日 (水)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(133)  中医協の議論の整理の3

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 18 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(133)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<がん医療の推進について>

(1)外来や在宅への円滑な移行を支援する体制をとっている緩和ケア病棟のさらなる評価を行う。

(2)緩和ケア病棟入院料及び緩和ケア診療加算について、がん診療連携の拠点となる病院等以外であっても要件を満たし質の高い緩和ケアを行っている病院については、評価を行う等充実を図る。

(3)外来における緩和ケア診療の評価を新設する。

(4)在宅における緩和ケア等、以下のような見直しを行う。

 在宅医療を担う医療機関の医師と、緩和ケア病棟等の専門の医師とが連携して診療を行う場合について、評価を行う。

 入院中以外の緩和ケアニーズのあるがん患者について、医療機関等の専門性の高い看護師と訪問看護ステーションの看護師が同一日に訪問すること等について評価を行う。

 末期の悪性腫瘍患者の診療に関し、さらなる評価を行う。

(5)医療用麻薬である以下の4製剤については、30 日分処方に改める。

 コデインリン酸塩(内用)

 ジヒドロコデインリン酸塩(内用)

 フェンタニルクエン酸塩の注射剤(注射)

 フェンタニルクエン酸塩の経皮吸収型製剤(外用)

(6)連携に係る点数について、多様化したがん治療に対応できるよう、下記のような要件の見直しを行う。

 がん診療連携拠点病院加算について、紹介元の医療機関から悪性腫瘍の疑いで紹介された患者や、外来化学療法等を受けた患者についても算定できるよう要件を変更する。

 がん治療連携計画策定料について、退院後一定期間の外来診療の後に連携医療機関に紹介した場合についても算定可能とする。

 がん治療連携計画に基づきリンパ浮腫指導管理やがん患者カウンセリングを行っている場合には、紹介先の医療機関において当該指導管理の評価を行う。

(7)安心・安全な放射線治療を行うための、医師の包括的な指示による看護師や放射線技師等のチームによる毎回の観察を評価する等、放射線治療の推進を行う。

 

<生活習慣病対策の推進について>

(1)糖尿病患者に対し、外来において、医師と看護師又は保健師、管理栄養士が連携して、重点的な医学管理を行うことについて評価を行う。

(2)生活習慣病患者、小児、呼吸器疾患患者等に対する指導管理にあたっては、緩和ケア病棟等の現状にも配慮しつつ、屋内全面禁煙を原則とするよう要件の見直しを行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

今朝の朝刊トップ記事、福岡市の保険料が上がるニュースでしたね。
文句がでるでしょうね。
そうじゃなくても、電気代やいろんなものが上がっている。

今日は丘の上のロウケンにいる父が月に一度下界の泌尿器科に受診に行く日。ちょうど長男がいるので、助けてもらう。ありがたい。こないだ朝八時からのお宮掃除にも行ってくれました。父にそのことを伝えると、とても喜んでくれた。

仕事、新人さんが入ってきたけどまだ慣れないので、きのうも帰宅は九時すぎる。
ほんとは七時半までの勤務。
でも乾燥庫を出した食器の片づけと翌日の透析患者さんぶんのお弁当の準備に必要な名前シールの作成と、例の経管食出庫管理表の朝昼夕の正確な数を調べるのに、仕事中では忙しくてできないので、みんなが帰ったあと居残りで四つの温冷配膳車にある食札を逐一見て調べる。

cz-hiが何個、L3が何個、いろんなゼリーやねりものやジャムなど、どれがどんな病気の人につくか、三か月もたてばいやでもわかり始める。

それと献立表に色分けを施す仕事、時間がなくてできない時があるんです。そういうときに限って管理栄養士さんから注意を受ける。
身は一つ、時間も一つ。できないときはできない。

ボスが私を教育されるのは叱り育て式、罰を与える式。
これがつらくて。
だけどきもちはわかるからゆるせる。
身に付くものがあるから、がんばる。

糖尿病は四段階にわけてあります。
1200、1400、1600.1800、。数字が少ない方が病状が悪い。制限カロリーの量ですね。フルーツがつくとき、ほかの病気の人には缶詰の果物であっても糖尿と高脂血症には生の果物。かぼちゃや芋類はつかず、なすなどにおきかわる。

« 一月上半期のアクセス解析 | トップページ | »

コメント

厚生労働省は受動喫煙対策として、医療機関の屋内を原則全面禁煙とする方針を示した。
2012年度診療報酬改定に合わせて実施する、とのことであるが、医療機関が全面禁煙になっていなかったとは、信じ難い。

聖魔痢唖様の病院も、全面禁煙になっていなかった医療機関の1つです。

かささぎの勤務先で、若いかわいい女の子からある午後こう尋ねられました。
あのう、ここ、喫煙室はどこでしょうか?
一寸待ってくださいね、かんごしさんにきいてみます。
たばこはどこで吸えますか?

ここは喫煙室はありません。吸えません。全面禁煙です。

とのこと。
エレベーターの壁に禁煙外来のご案内ポスターが貼られています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 一月上半期のアクセス解析 | トップページ | »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31