無料ブログはココログ

« 逆光の希望が丘に父ゐます | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(144)            中医協の論点整理の11 官僚言葉「適切な評価」とは? »

2012年1月28日 (土)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(143)    中医協の論点整理10 病院機能に合致した入院医療

保健医療経営大学学長

 

 橋爪 章

2012 年 1 月 28 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(143)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<病院機能にあわせた効率的な入院医療等について>

(1)一般病棟の多くを占める7 1 一般病棟入院基本料において、患者像に即した適切な評価や病床の機能分化を一層推進する観点から検討を行う。

 一般病棟入院基本料、特定機能病院(一般病棟)等の7対1入院基本料の算定要件 (平均在院日数、看護必要度等の基準を満たす患者割合)の見直しを行う。

 一般病棟入院基本料、特定機能病院(一般病棟)等の10対1入院基本料等についても看護必要度等に係る評価を要件化し、看護必要度等の基準を満たす患者割合が一定程度以上の医療機関については、評価を行う。

(2)一般病棟入院基本料算定病床、特定機能病院入院基本料算定病床について、効率化の余地のある入院について検討を行う。

 一般病棟入院基本料及び特定機能病院入院基本料算定医療機関のうち、金曜入院、月曜退院の割合が明らかに高い医療機関について、手術や高度の処置等を伴わない土曜、日曜に算定された入院基本料の適正化を行う。

 一般病棟入院基本料及び特定機能病院入院基本料算定医療機関において、午前中の退院がそのほとんどを占める医療機関について、一定期間以上の入院であって、高度な処置等の伴わない場合に、退院日の入院基本料の適正化を行う。

(3)亜急性期入院医療管理料について、回復期リハビリテーション病棟入院料と比較しつつ、適切な評価体系に整理する。

(4)救命救急入院料1及び3について、ハイケアユニット入院医療管理料と同等の看護配置に施設要件を変更するなど、救急医療の機能強化に資する評価を行う。

(5)小児に特化した特定集中治療室に対する特定入院料を新設するなど、重篤な小児救急患者に対する救急医療の評価を行う。

(6)DPC/PDPS(急性期入院医療の診断群分類に基づく定額報酬算定制度)について以下の見直しを行う。

 調整係数については、今後段階的に基礎係数(包括範囲・平均出来高点数に相当)と機能評価係数Ⅱに置換えることとし、平成24 年改定において必要な措置を講じる。なお、基礎係数については、機能や役割に応じた医療機関群別に設定する。

 機能評価係数Ⅰ・Ⅱについて、以下の見直しを行う。

 機能評価係数Ⅰ

出来高評価体系における「当該医療機関の入院患者全員に対して算定される加算」や「入院基本料の補正値」等を機能評価係数Ⅰとして評価する。

 機能評価係数Ⅱ

現行の機能評価係数Ⅱ(6項目)を基本として必要な見直しを行う。また、その際、項目により各医療機関群の特性に対応した評価手法を導入する(複雑性指数、カバー率指数、救急医療指数、地域医療指数)。

 その他

 特定入院料の取扱い(評価のあり方)、在院時期に応じた適切な薬剤料等包括評価のあり方、高額薬剤等に係る対応等、現行DPC/PDPSの算定ルール等に係る課題について必要な見直しを行う。

 急性期入院医療を担う医療機関の機能や役割を適切に分析・評価するため、DPC対象病院の外来診療に係るデータの提出を求める(大学病院本院及び(仮称)高診療密度病院群の施設は必須とし、その他急性期病院群の施設は任意とする)。

(7)DPC対象病院ではない出来高算定病院(7対1一般病棟入院基本料を算定している医療機関等)が、診療している患者の病態や実施した医療行為の内容等についてデータを提出した場合の評価を行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

« 逆光の希望が丘に父ゐます | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(144)            中医協の論点整理の11 官僚言葉「適切な評価」とは? »

コメント

検索サイト Google  検索ワード 回復期リハビリテーション病棟入院料 亜急性期入院医療管理料 比較

8位

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆光の希望が丘に父ゐます | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(144)            中医協の論点整理の11 官僚言葉「適切な評価」とは? »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29