無料ブログはココログ

« 春壽、あいら観音 | トップページ | さがほのか。 »

2012年1月 2日 (月)

東日本大震災復興特別会計(仮称)の主な施策(1)

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 2 日 東日本大震災復興特別会計(仮称)の主な施策(1)

東日本大震災の被災者が暮らしを再生するための予算は次の通りです。

○水道施設の復旧・復興 200億円

・東日本大震災の津波等で甚大な被害を受けた地域で、都市計画の見直しを伴うなど、通常の原形復旧では対応できない水道施設の復旧・復興を図る。

(災害救助の実施)

○災害救助法による災害救助 494億円

・東日本大震災による被災者の方々の住居の安定を図るなど、応急救助に必要な経費を負担する。

(雇用の確保)

○求職者支援制度による職業訓練や給付金の支給等を通じた就職支援(東日本大震災復興特別会計(仮称)から労働保険特別会計雇用勘定への繰り入れ) 76億円

・東日本大震災の影響による全国的な雇用の悪化への対応を含め、「求職者支援制度」により、雇用保険を受給できない求職者に対し、求職者が新たな職業能力や技術を身につけるための職業訓練を実施するとともに、訓練期間中の生活を支援するための給付金を支給すること等により、求職者の早期の就職支援を行う。

○新規学卒者等の就職支援の強化 4.4億円

・来春以降の新規学卒者等については、東日本大震災の影響により特に被災地域の就職環境が厳しい状況であることが見込まれるため、被災地域を中心に重点的にジョブサポーターを配置し、学校との連携を強化し新卒者等の支援を行う。

・就職面接機会の継続的な提供を行える体制を整備し、各種就職面接会を実施し、多くの就職機会の提供を図る。

○自治体等と連携した被災求職者等への生活・就労総合支援事業の実施 13億円

・自治体や震災復旧・復興支援等を行う機関とハローワークが連携し、住居・生活に関する総合的な相談・援助を行うほか、被災求職者等を対象に、担当者制による職業相談・職業紹介、求人開拓、能力開発を通じたマッチングや定着に向けたフォローアップ等のきめ細かい就労支援を実施する。

○被災地域の復興に向けた臨床研究中核病院の整備 5.1億円

・被災地域での革新的な医薬品・医療機器創出拠点の形成を通じ、質の高い臨床研究を実施するとともに産業集積、新産業創出により復興を図ることを目的として、国際水準の臨床研究の実施や医師主導治験の中心的役割を担う基盤となる、臨床研究中核病院を1箇所整備する。

○被災地域の復興に向けた国際水準で実施する臨床研究等の支援 1億円

・被災地域での革新的な医薬品・医療機器創出拠点の形成を通じ、質の高い臨床研究を実施するとともに産業集積、新産業創出により復興を図ることを目的として、臨床研究中核病院での国際水準の臨床研究を支援する。

○被災地域の復興に向けた医薬品・医療機器の実用化支援 10億円

・革新的な医薬品・医療機器を創出するとともに、産業のさらなる発展や雇用の創出を通じた震災からの復興に貢献することを目指して、被災地域での大学、研究機関発のシーズ開発を後押しし、臨床研究及び医師主導治験を支援する。

○東日本大震災の影響を受けた母子家庭等への経済的支援 8億円

・東日本大震災の影響を受けた母子家庭等に対し、母子寡婦福祉貸付金による経済的支援を行う。

○被災した生活衛生関係営業者への支援 1.4億円

・東日本大震災により被災した営業者自らが復興の担い手となるよう、被災した営業者の営業再開を支援する。

○災害時の福祉支援ネットワークの構築 5.2億円

・災害時において災害弱者(高齢者・障害者等支援が必要な方々)に対し緊急的に対応を行えるよう、民間事業者、団体等の広域的な福祉支援ネットワークを構築し、災害対策の強化を図る。

○東日本大震災復旧・復興工事に係る安全衛生確保支援対策 1千万円

・復旧・復興工事現場におけるアスベスト濃度の簡易測定方法の開発、復旧・復興工事に伴う労働災害の分析及び予防対策に関する調査研究を行う。

○医療保険制度の一部負担金減免等の特別措置 98億円

・東京電力福島第一原発の事故により設定された警戒区域等の住民の方について、医療保険の一部負担金や保険料の減免等の措置を延長する場合に、保険者の負担を軽減するための財政支援を行う。

○介護保険制度の利用者負担減免等の特別措置 44億円

・東京電力福島第一原発の事故により設定された警戒区域等の住民の方について、介護保険の利用者負担や保険料の減免の措置を延長する場合に、保険者等の負担を軽減するための財政支援を行う。

○障害福祉サービス等の利用者負担免除の特別措置 1千6百万円

・東京電力福島第一原発の事故により設定された警戒区域等の住民の方について、その利用者負担の免除の措置を延長する場合に、市町村等の負担を軽減するための財政支援を行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

紅白歌合戦も見ず、初日の出も拝まず。

なにをしてたかといえば、福島原発では当時何が起きていたのかという報道のまとめや小出助教のお話やらを見ていました。

1ことし(去年)のキーパーソン二人の話・・http://www.dailymotion.com/video/xnbwuy_20111229-yyyyyyyyy2yyyyyyyyyyyyy_news?start=1122#from=embediframe

2メルトダウン五日間の真実(1)
http://www.dailymotion.com/video/xnbsx3_20111228-yyyyyy5yyyyy-y_news#rel-page-1
3 同(2)
http://www.dailymotion.com/video/xnbsxh_20111228-yyyyyy5yyyyy-y_news#rel-page-1

4農と島のありんくりん

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/

かれは、低線量被曝手帳を交付すべし。と主張しています。

« 春壽、あいら観音 | トップページ | さがほのか。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災復興特別会計(仮称)の主な施策(1):

« 春壽、あいら観音 | トップページ | さがほのか。 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31