無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

今ここ。

今ここ。

平成24年診療報酬・介護報酬改定(145)  中医協の論点整理の12 慢性期入院の評価見直し

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 30 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(145)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<慢性期入院医療の適切な評価について>

(1)一般病棟おける長期療養患者の評価について、一般病棟入院基本料(13 対1、15 対1)算定の病棟に限り、特定除外制度の見直しを行い、①又は②の評価とする。

 90日を超えて入院する患者を対象として、療養病棟と同等の報酬体系(医療区分及びADL 区分を用いた包括評価)とする。

 90日を超えて入院する患者を対象として、出来高算定とするが、平均在院日数の計算対象とする。

上記の二つの取扱いについては、病棟単位で、医療機関が選択できるよう

にする。

(2)児童・思春期精神科入院医療管理加算に代えて、特定入院料を新設する。

(3)褥瘡の治療に係る評価を行う。

(4)特殊疾患病棟や障害者施設等から療養病棟に転換した場合等に対する経過措置について、現場の対応を踏まえた措置を検討する。

(5)救急搬送患者地域連携紹介加算及び受入加算のさらなる評価を行い、対象となる患者を拡大する。同加算については、同一医療機関が紹介加算、受入加算のいずれも届出可能とする。さらに、受入加算を療養病棟入院基本料、精神病棟入院基本料算定病床においても算定可能となるよう要件を変更する。

(6)療養病棟において、急性期後の患者や在宅からの軽症患者の受入れを行った場合について、一定の条件のもと、さらなる評価を行う。

(7)NICUと後方病院との医療連携の推進など、周産期医療の機能強化を行う。また、小児患者について在宅と入院の円滑な連携を推進する。

 障害者施設等入院基本料、特殊疾患入院医療管理料、特殊疾患病棟入院料については、NICU設置医療機関とあらかじめ連携しNICUに入院していた患者を受け入れた場合の加算のさらなる評価を行うとともに、これを一般病棟入院基本料(13 対1、15 1 に限る。)、療養病棟入院基本料、有床診療所入院基本料、有床診療所療養病床入院基本料にも拡大する。

 超重症児(者)、準超重症児(者)入院診療加算を療養病棟入院基本料、有床診療所療養病床入院基本料を算定している医療機関においても算定可能とする。また、初期加算を、救急医療機関からの転院の場合にも算定可能とする。

(8)栄養サポートチーム加算について、一般病棟入院基本料(13 115 1)、療養病棟入院基本料算定病床でも算定可能とする。

(9)身体機能等に関する総合的な機能評価の実施に対する評価を行う。

(10)療養病床に入院中の者がBPSD の増悪等により認知症専門医による短期集中的な入院加療が必要となった際に、療養病床を有する医療機関と認知症治療病床を有する他の医療機関が互いに連携し、認知症治療病棟へ一時的に転院して治療を行った後、状態の落ち着いた患者について、療養病床を有する医療機関が再び転院を受け入れた場合の評価を行う。

(11)療養病棟療養環境加算、診療所療養病床療養環境加算の一部について、医療法の基準を踏まえた見直しを行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

寒いですが、もう光の春がきています。
陽がさすとずいぶん明るいです。
毎日のブログ更新、おつかれさまでございます。

明夜アクセス解析をやる予定ですが、確実に増えています。
かささぎの旗は完全に学長ブログの傘下に入ってしまった状態。
ほとんどのアクセスはそっちです。やれやれ。

さて、かささぎめでござんすが、日々漫然とコピペをやっておるように見えてるでしょう?実は、ほんとうにそうなんです。

あたまに入っているのかいないのか。
それが「漫然と」の意味です。
続けることだけに意味を見出す。
ま、これもよしとしますか。

解説がときに入るので、官僚文の読みかたのコツがわかります。
きのうの解説で、適切な評価とある場合は、多くが評価引き下げの合図だとありました。

たとえば。

(2)児童・思春期精神科入院医療管理加算に代えて、特定入院料を新設する。

→新設される特定入院料<これまでの児童・思春期精神科入院医療管理加算

という図式になるのだろうか?

では今日もげんきに仕事にはげもう。

2012年1月29日 (日)

ササラ電車 第四連3句目4句目、花前句

第一連

雪撥ねてササラ電車が街をゆく   杉浦兼坊

 降り積むものを擁(かいいだ)く冬  姫野恭子

卓上に葉書いちまい置かれゐて  山下整子

 セルロイド製筆箱の蓋       中山宙虫

サワと鳴る草木のなか月匂ふ    八山呆夢

 あしたの杯に古酒あふれさせ      青翠えめ

第二連

うらやましきは欠航しらずの石たたき 竹橋乙四郎

 Face bookで出会ひました      神崎さくら

乳首にはデビットボウイ耳たぶにはエリックカルメン  中山宙虫

 リネン庫といふ暗室           整子

「切らなければ助からない」と医師言ひし    恭子

 ふたりのくらしにみづすましが棲む    虫

第三連

炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ  夏

  往還端に戻る静けさ      呆夢  雑

海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ  整子  雑

  ドルもユーロも先が見えない   ぼん  雑

貧乏は餓鬼の頃から慣れてるぜ  兼坊 雑

  鞍馬天狗と笑ふ杉作      恭子   雑

第四連

やはらかい土の村々初日さす   宙虫  新年

 塩瀬帯締め女正月         えめ  新年

一斉に送信されても僕できない  呆夢  雑

  身ほとりに置く流氷の音     整子 春

せいこさんの花前句案

1、果実を抉るためのスプーン
2、裁ちばさみで斬るくれなゐの紙
3、見めぐりに置く大和ことのは

3をいただこうとおもいますが、見めぐりという言葉、調べてみたれど、出てきません。

そこで同じ意味の言葉、身ほとりに置き換えてもよろしいか。
あと、大和ことのは、塩瀬帯があります。
オン坐六句であったことをにわかに思いだし、かささぎのスギサク句を変え、ここに春の流氷接岸の大音響を出してみた。ぼんの前句とのつながりかたもいいのではないでしょうか。

読み返してみて、気になる、第二連。
自由律だけど、定型っぽい。
安きに流れているように思う。
自分の句がまずいのですが。
これ、かんがえてみます。

花です。乙四郎におねがいしたいのですが。
でない場合はまた考えます。

できれば、景の花がいいが。これが一番むずかしい。

なんでもいいです。よみたいようによんでください。

流氷はオホーツク海沖でみることができるでしょうか。

あらゆるものが、かきまぜられた氷。生も死も掻き混ぜられし氷かな。

我と書き「にへ」と読ませるもりやまさん。

賀春

我(にへ)の寂(しろ)き聲(こゑ)    森山光章

くすの木千年

さらに今年の若葉なり          荻原井泉水

  太宰府天満宮句碑

荻原井泉水:http://www2s.biglobe.ne.jp/~nobi/form1.htm
句碑:http://blogs.yahoo.co.jp/sangsyu/31479483.html

森山光章:すみません、わがサイトです。
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_bfd3.html
もりもりモリヤマさん。どうかかささぎにおしえてくだされ。
(なんで河東へきごとう賞を受賞されたのですか。)
いや、そういうことに疎くて、すみません。
ネットで拾える彼についての論評。
http://ameblo.jp/umezaki/entry-10687171989.html

∇かささぎの独り言

おぎわらせいせんすいの句は、たまたま今朝の西日本しんぶん朝刊トップ記事の西高辻宮司の書かれた文章から拾いました。
太宰府天満宮境内にはたくさんの楠の古木があります。
そんな古木でも年ごとにみずみずしい若葉を吹く。
さらに、という何気ない一言がなんとも印象的な一句です。

この句をよみ、西高辻宮司の文章を読んでいると、連句的にこないだ国民放送でみた中国の杉林だらけの地方(北海道より広いらしい)のドキュメンタリーを思い出しました。
その杉だけの国では文字はなく、長老たちの祭祀が行われる建物である高楼は、棟梁のあたまのなかにだけ図面が引かれ、それが村の衆をつき動かし、釘一本も使わぬ高々としたお社がきづかれていくのでした。
世界は広いですね。文字のない暮らしをしている人たちもたくさんいます。
樟、古い神社の大楠をみていると、文字のなかったころの暮らしが偲ばれる。
ついでに、田村隆一の『帰途』という恋の詩も。

一方、もりやまみつあきの一句は、いただいた賀状の一句です。
あまりめでたさはありませぬが、しずかなる志の一句です。
ニエとしてわが身を差し出す覚悟がある人を、俳人と呼びたい。
かささぎは時にその茂れる森で虫を探して啄もう。

∇気になったこと。

太宰府天満宮の句碑一覧をみた。

すると、ついこないだ行った高千穂の天岩戸神社の境内入りくちにもあった芭蕉の、

梅が香にのつと日の出る山路かな

があるんですよ。
なぜでしょうね?

平成24年診療報酬・介護報酬改定(144)            中医協の論点整理の11 官僚言葉「適切な評価」とは?

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 29 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(144)

「新設」項目やプラス「評価」項目を実現するためには、既存項目の評価を切り込まなければ十分な財源が確保できません。

中医協の公開資料では、それらについては「適正な評価」「適切な評価」という表現が多用されています。

「平成24年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」で「適正な評価」あるいは「適切な評価」という表現が使われている項目は、必ずしもマイナスの項目ばかりであるとは限りませんが次の通りです。

(適正な評価)

・紹介率や逆紹介率の低い特定機能病院等を紹介なしに受診した患者に係る初診料等(一部保険外併用療養費の枠組みを利用するよう変更)

・入院中の患者が精神科デイ・ケアを利用した場合の評価をデイ・ケア中の入院料の適正な評価と併せて検討

・向精神薬の多剤・多量投与の適正化(精神科継続外来支援・指導料の要件の見直し)

・一般病棟入院基本料及び特定機能病院入院基本料算定医療機関のうち金曜入院、月曜退院の割合が明らかに高い医療機関について、手術や高度の処置等を伴わない土曜、日曜に算定された入院基本料

・一般病棟入院基本料及び特定機能病院入院基本料算定医療機関のうち午前中の退院がそのほとんどを占める医療機関について、一定期間以上の入院であって、高度な処置等の伴

わない場合の退院日の入院基本料

・亜急性期入院医療管理料について、回復期リハビリテーション病棟入院料と比較しつつ、適切な評価体系に整理

・一般病棟における長期療養患者について、一般病棟入院基本料(13 対1、15 対1)算定の病棟に限り、特定除外制度の見直しを行い、①又は②の評価(病棟単位で医療機関が選択)とする。

 90日を超えて入院する患者を対象として、療養病棟と同等の報酬体系(医療区分及びADL 区分を用いた包括評価)とする。

 90日を超えて入院する患者を対象として、出来高算定とするが、平均在院日数の計算対象とする。

・基準調剤加算の施設基準については、算定要件である備蓄医薬品数は実態等を踏まえた品目数とする、また、特定の医療機関の開業時間等に応じた開局時間を設定している薬局は算定要件を満たさないこととする

・薬学管理料における調剤情報提供料、服薬情報提供料等については整理・統合する

・医薬品、医療材料、検査等について、実勢価格等を踏まえた適正な評価を行う

・検体検査については、その実施料について実勢価格に基づき見直し

・検査、画像診断、投薬、注射、処置及び手術については、診療行為の実態や用いている医療機器の価格等を踏まえ適正な評価に見直す。

・コンタクトレンズに係る診療報酬上の評価については、検査に係る必要な評価を行いつつ、適切な請求が行われるよう施設基準や診療報酬請求における取扱いについて見直し

(適切な評価)(適切に評価)

・歯科医療における新たな技術については医療技術評価分科会等の検討を踏まえつつ、適切な評価を行う。

・外科的な治療のみならず、内科医等により行われている検査や医学管理等についても、診療報酬調査専門組織の医療技術評価分科会での検討等を踏まえ、適切な評価を行う。

・歯科訪問診療に必要な器具を携行した場合の評価について、一人の患者に対して「1回目」と「2回目以降」で異なる評価を、同一建物居住者の有無により適切に評価を行う。なお、この際、同一建物居住者に対して、一度に多数の患者に歯科訪問診療を行う場合の評価を見直す。

・同一建物居住者以外に対する歯科訪問診療をより適切に評価する。

・最新の外保連試案の評価を参考に、診療報酬における手術の相対的な評価をより精緻化する。また、医療現場における胸腔鏡や腹腔鏡といった鏡視下手術の普及状況や有用性等を踏まえ診療報酬上適切に評価するとともに、緊急性の高い手術など外科医の負担が大きい手術を重点的に評価する。

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月28日 (土)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(143)    中医協の論点整理10 病院機能に合致した入院医療

保健医療経営大学学長

 

 橋爪 章

2012 年 1 月 28 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(143)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<病院機能にあわせた効率的な入院医療等について>

(1)一般病棟の多くを占める7 1 一般病棟入院基本料において、患者像に即した適切な評価や病床の機能分化を一層推進する観点から検討を行う。

 一般病棟入院基本料、特定機能病院(一般病棟)等の7対1入院基本料の算定要件 (平均在院日数、看護必要度等の基準を満たす患者割合)の見直しを行う。

 一般病棟入院基本料、特定機能病院(一般病棟)等の10対1入院基本料等についても看護必要度等に係る評価を要件化し、看護必要度等の基準を満たす患者割合が一定程度以上の医療機関については、評価を行う。

(2)一般病棟入院基本料算定病床、特定機能病院入院基本料算定病床について、効率化の余地のある入院について検討を行う。

 一般病棟入院基本料及び特定機能病院入院基本料算定医療機関のうち、金曜入院、月曜退院の割合が明らかに高い医療機関について、手術や高度の処置等を伴わない土曜、日曜に算定された入院基本料の適正化を行う。

 一般病棟入院基本料及び特定機能病院入院基本料算定医療機関において、午前中の退院がそのほとんどを占める医療機関について、一定期間以上の入院であって、高度な処置等の伴わない場合に、退院日の入院基本料の適正化を行う。

(3)亜急性期入院医療管理料について、回復期リハビリテーション病棟入院料と比較しつつ、適切な評価体系に整理する。

(4)救命救急入院料1及び3について、ハイケアユニット入院医療管理料と同等の看護配置に施設要件を変更するなど、救急医療の機能強化に資する評価を行う。

(5)小児に特化した特定集中治療室に対する特定入院料を新設するなど、重篤な小児救急患者に対する救急医療の評価を行う。

(6)DPC/PDPS(急性期入院医療の診断群分類に基づく定額報酬算定制度)について以下の見直しを行う。

 調整係数については、今後段階的に基礎係数(包括範囲・平均出来高点数に相当)と機能評価係数Ⅱに置換えることとし、平成24 年改定において必要な措置を講じる。なお、基礎係数については、機能や役割に応じた医療機関群別に設定する。

 機能評価係数Ⅰ・Ⅱについて、以下の見直しを行う。

 機能評価係数Ⅰ

出来高評価体系における「当該医療機関の入院患者全員に対して算定される加算」や「入院基本料の補正値」等を機能評価係数Ⅰとして評価する。

 機能評価係数Ⅱ

現行の機能評価係数Ⅱ(6項目)を基本として必要な見直しを行う。また、その際、項目により各医療機関群の特性に対応した評価手法を導入する(複雑性指数、カバー率指数、救急医療指数、地域医療指数)。

 その他

 特定入院料の取扱い(評価のあり方)、在院時期に応じた適切な薬剤料等包括評価のあり方、高額薬剤等に係る対応等、現行DPC/PDPSの算定ルール等に係る課題について必要な見直しを行う。

 急性期入院医療を担う医療機関の機能や役割を適切に分析・評価するため、DPC対象病院の外来診療に係るデータの提出を求める(大学病院本院及び(仮称)高診療密度病院群の施設は必須とし、その他急性期病院群の施設は任意とする)。

(7)DPC対象病院ではない出来高算定病院(7対1一般病棟入院基本料を算定している医療機関等)が、診療している患者の病態や実施した医療行為の内容等についてデータを提出した場合の評価を行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

逆光の希望が丘に父ゐます


冬のさくら木


ササラ電車、ササラを作り直していて遅れてしまった。

第四連

1やはらかい土の村々初日さす   宙虫  新年

 

2 塩瀬帯締め女正月         えめ  新年

3一斉に送信されても僕できない  呆夢  夢

4  

三句目案  呆夢

陽だまりに翁の笑い重なりて

飲めぬから金箔入りの酒は煮〆に

一斉に送信されても僕できない

選句

ぱっと見、おきなの笑いの句が一番よかったのですが、そらん句と通じ、かつ陽が日とさわり、正月の月と日がならぶというんでぼつ。
一斉に送信されてきた案内メール。僕はできない、というのは、自分も同じように一斉に送信したいけど、できないのか、それとも、その案内の答えができないのか。そこのところに含みをもたせる付でした。

これをいただきます。口語ですが、まあ、いいでしょう。

つぎは春でも雑でもいいです。なにか下さい。
花前です。

ではいってきます。しごと。
昨夜この頁をかこうとして、ちょっと寄り道してたら寝入ってました。
すみません。年とりました。笑。

月野ぽぽなさんの句の紹介もできとらん。なさけない。
あまりにもまぶしくて、紹介するにも力がいるんで。

年取りました。たびたびすんまへん。笑

2012年1月27日 (金)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(142)       中医協の論点9 さらなる評価項目のまとめ

保健医療経営大学学長

  橋爪 章

2012 年 1 月 27 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(142)

既存の項目で診療報酬がアップするような項目については、中医協の公開資料では「さらなる評価」という表現が多用されています。

「平成24年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」で「さらなる評価」という表現が使われている項目は次の通りです。

・入院30日以内の認知症治療病棟入院料

・認知症専門診断管理料

・救急搬送患者地域連携紹介加算及び受入加算のさらなる評価を行い、対象となる患者を拡大。同加算については、同一医療機関が紹介加算、受入加算のいずれも届出可能とする。さらに、受入加算を療養病棟入院基本料、精神病棟入院基本料算定病床においても算定可能となるよう要件を変更。

・療養病棟において、急性期後の患者や在宅からの軽症患者の受入れを行った場合

・新生児特定集中治療室退院調整加算のさらなる評価や算定回数の増加等の要件の変更。

・障害者施設等入院基本料、特殊疾患入院医療管理料、特殊疾患病棟入院料について、NICU設置医療機関とあらかじめ連携しNICUに入院していた患者を受け入れた場合の加算のさらなる評価を行うとともに、これを一般病棟入院基本料(13 対1、15 1 に限る。)、療養病棟入院基本料、有床診療所入院基本料、有床診療所療養病床入院基本料にも拡大。

・在宅患者緊急入院診療加算のさらなる評価を行うとともに小児入院医療管理料算定病床でも同加算を算定可能とする。

・機能を強化した在支診・在支病の緊急時・夜間の往診料

・機能を強化した在支診・在支病の在宅時医学総合管理料・特定施設入居時等医学総合管理料

・在宅医療を担う医療機関と連携する病院や診療所が在宅患者を受入れた場合

・特定施設入居者に対する訪問診療料

・末期の悪性腫瘍患者の診療

・外来や在宅への円滑な移行を支援する体制をとっている緩和ケア病棟

・認知症治療病棟入院患者について、退院支援部署による支援で退院を行った場合

・発症後数日以内より開始するリハビリテーション

保健医療経営大学学長ブログ転載

報恩講で星野の樋口不可思先生の法話を拝聴する

報恩講

八女郡広川町久泉のお寺浄徳寺(真宗大谷派)。

かささぎはこの椅子の女性たちの背後で、膝を抱えた行儀悪い格好のまま、法話を聞いておりました。
一時から四時近くまで、講師の先生は星野のテノール僧侶・樋口不可思師。
武蔵野音大声楽家卒のお坊さんが八女星野におられる摩訶不可思議さ。
しかもその仏教の知識たるや、だれよりも深い。

日々の仕事がとってもきつくてバテ気味で、今朝いきなり母からお寺でお講まかないのお世話役だと聞いたときには、うっへえ、くそ寒いのに、だーれがお寺なんかにいくかよ。なにか言い訳考えて休もう。と罰当たりな気持でいたのですが、それがなぜか急に心の奥深くで、いきなさい、今日の休みは偶然と思っているのですか、という声がして、その声に従いました。

ほんとに久しぶりのお寺でした。

十時に着き、うじゃっと女性たちが割烹着姿で大勢の客の接待をやっている中に交じりました。第二日目の報恩講の日である今日は、参拝者が多く、二百人近かったのでは。
ご飯を装ったり御膳を作ったりおかわりを運んだり、柚子入りの煮豆を人に勧めたり。

おときと呼ばれる食事がすみますと、法話があります。

講師の先生が樋口不可思師だとわかって、ああ、来てよかった。と思いました。
個人的な面識はありませんし、詳しいことは何も存じ上げないにもかかわらず、先生のお話の内容はことごとくダイレクトに胸に飛び込んできて、わたしはこのお坊さんがとっても身近に思えます。こよなく音楽を愛しておられる御坊様、とても誇らしい。すばらしいです。方言交じりで日常の愚痴話をおかしく語られますが、その法話の視野はとても広い。真の知性ある御坊様です。

五木寛之の親鸞への感想も、うすうす感じてたこととまったく同じで、そのことを不可思師はことばではっきりといわれました。これにはおどろきました。
何十年とものを書いてきた人にさえ、むずかしいものなのですねえ。
というような表現で。

さて。
今朝、わたしはちょうど、玄奘と九条の頁を開いて、しょうまんきょうぎげと玉勝間とは何か関連があるんだろうか。みたいなへんなことを考えていたので、その延長線上で、未来義務分詞みたいな「如来大悲のお約束」を反芻してました。

ひとはだれでもたからのクラを蔵している。
それをひらく鍵が念仏申すこころ。
あちらがわからねんじられているのです。
わたしたちはひとりのこらず、ほとけになるのですと。

今日の法話で驚いたこと。

帰りのラジオで吉松隆にばったり出会った話を数日前に書きました。

その中で左手のピアニストのために吉松が書いたアベマリアの編曲がありました。
カッチーニのアヴェマリア。せつないメロディの印象的な曲です。
そのピアニストである館野泉さん77歳が去年星野に二度も見えたそうなんです。
あっとおどろきました。
なぜ。どうして。という思いでいっぱい。
なんでも、館野さんのファンである山本源太さん《詩人。陶芸家》の呼びかけに応じて下さったとかいう話でした。
樋口不可思師のお寺で、星野の浄円寺でコンサートがあったらしいのです。
わたしは知らなかったなあ。
館野さんってお方はフィンランド在住となっていますよね。
フィンランドからみえたのでしょうか?
ますます謎です。
脳溢血で倒れて半身不随になっても、まだ左手が動くからと演奏を続けておられる左手のピアニストが館野泉さんでした。

不可思先生はその館野さんの靴ひもを結んでさしあげたそうです。
先生はシューベルトは弾かれなかったけど、先生のシューベルトを結びました、と云って笑っておられた。

お寺のお堂は解体されて更地になっています。
来年の秋には新しい本堂がこの土地に建つ予定です。


普請中

寺

2012年1月26日 (木)

吹雪の中、急性期の病院へ人を見舞ったこと

6 玄関は正面からではなく左の通用口から入るよう
警備員さんが指示されていた とっても寒いので
正面玄関からの出入りを禁止している模様
すぐ待合室なので 直接寒風が入るのを避けるため

5 病院は建て増し中でした 聖マリアHPを連想する
聖マリアには殺風景を紛らす気配りの花鉢が三つも飾られていました
(ここ;http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-9.html

立明寺を右に

4 立明寺と書かれた信号を右に曲がる

踏切を渡り

3 踏切を渡り

2 幹線道路から左の側道へ。右手はイオンモール。

1 高速の筑紫野インターを出て、まっすぐ直進

平成24年診療報酬・介護報酬改定(141)   中医協の論点その8  医療安全対策など

保健医療経営大学学長

 

橋爪 章

2012 年 1 月 26 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(141)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<医療安全対策等の推進について>

(1)医療安全対策等を推進するため、以下の見直しを行う。

 感染防止対策チームの評価を医療安全対策加算とは別の評価体系に改める。また、感染防止対策チームを持つ医療機関と300 床未満の医療機関との連携、及び感染防止対策チームを持つ医療機関同士が相互に感染防止対策に関する評価を行った場合や、連携して院内感染対策に当たった場合の評価を行う。

 医療機器の保守管理について、高い機能を有するCT 及びMRI の画像診断装置における診療報酬を請求するための施設基準について見直しを行う。

(2)高齢者等に対する安心で安全な歯科医療を提供する観点から、以下の見直しを行う。

 一定の施設基準を満たした歯科医療機関で、再診時に安心で安全な歯科医療を提供した場合に評価を行う

 歯科治療総合医療管理料の対象疾患に、口腔内に合併症を引き起こす疾患(放射線治療若しくは化学療法の開始前や治療期間中の患者又は骨粗鬆症等によるビスフォスホネート系製剤の服用患者等)を追加する。

 

<患者に対する相談支援体制の充実等について>

(1)患者等に対する相談窓口の設置など、患者サポート体制を充実するとともに院内トラブルに対する具体的な対応策をあらかじめ準備し、患者の不安の解消に積極的に取り組んでいる医療機関への評価を新設する。

(2)入院早期から退院支援が必要な者を明確化し、また、地域連携診療計画の内容と同等のものを作成して患者に説明した場合の評価を新設し、退院支援を行うことについての評価を行う。なお、退院調整加算と退院時共同指導料を算定する場合には、地域連携診療計画の内容と同等のものを作成して患者に説明することを要件化する。また、その結果、早期に退院した場合の評価を見直す。

(3)明細書の無料発行について、さらなる促進策を講じる。

 

<診療報酬点数表における用語・技術の平易化、簡素化について>

(1)すでに多くの医療機関で算定されている加算等について、以下のような見直しを行う。

 栄養管理実施加算、褥瘡患者管理加算については、入院基本料及び特定入院料で包括して評価を行う。

 療養病棟療養環境加算、診療所療養病床療養環境加算の一部について、医療法の基準を踏まえた見直しを行う。

(2)歯科診療報酬点数表の用語の平易化や簡素化を図る。

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月25日 (水)

ササラ電車 第四連の二

第三連

炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ  夏

  往還端に戻る静けさ      呆夢  雑

海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ  整子  雑

  ドルもユーロも先が見えない   ぼん  雑

貧乏は餓鬼の頃から慣れてるぜ  杉作 雑

  妖刀氷柱と鞍馬天狗と      恭子   冬

第四連

1やはらかい土の村々初日さす   宙虫  新年

 

2 塩瀬帯締め女正月         えめ  新年

3雑の長句

4雑の短句、または春短句

5春、花

6春挙句

選句

やはらかい土の村々初日さす   宙虫  新年

骨組み透けるビル群に風     〃    雑

上記の付けにしようか、どうしようかとかなり迷いました。
句数のバランスと自他半を考慮すれば、そらん句。
先に三つ秋を連ねたので、春も三つ出したかった。
村の新年の景が街の景に転じるのもうまいと思った。
風というそびきもののあしらいが絶妙なのです。

中山宙虫の強みは、なにげない普通のことばで詩的世界を構築できること。
これは他の追随を寄せ付けない。(たまにはほめんと。)
対するえめさんの句は小正月の句で、元旦には女は仕事がたくさんあるため、十五日の女正月では何もせず女は休んでいいとする習わしだったもの。今もそうだと愛媛出身のたからさんが云ってたように記憶します。
ネットで調べますと、小正月にはあずきがゆを炊く風習がずいぶん古い時代からあった、と書かれています。じっさい、かささぎの母は、いまも律儀に炊いている。笑。

塩瀬の帯は、夏の合宿のときだったか、いつだったか、前田師が着物姿でみえたとき、締めておられた。
あ、べつに夏に限るわけではない、と帯に詳しい方が書いておられました。

これをいただきますか。
ちょっと気張った妙齢の女ばかりの寄合を連想しますよね。
それと春間近のまぶしさが加わった新年の明るいひざしも。

どちらさまもありがとうございました。

竹橋乙四郎に付を依頼してたのですが、出してもらえなかったですね。
なにを考えている。
本人はせいこさんの短歌倉庫にこんなコメントを書いていますね。

月野ぽぽなさんの最近の活動の詳しい報告にもなっています。

そうか、知らなかった。どうもありがとう。
ぽぽなさん、読まれていたら、何か一句つけてくださいな。
あるいは乙四郎、せいこさん、ぼん、らんちゃん、だれでもどうぞ。↓

http://tanka-souko.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-72d1.html

筑紫野は決まって吹雪

吹雪

ここ、かならずここを冬に通れば吹雪なんだよねえ。

うら若き女子の通勤車のキティ仕様をみよ。

トスをすぎるあたりから。

久留米まではなにも降っていませんが。

平成24年診療報酬・介護報酬改定(140)           「評価を行う」と明記されている項目

保健医療経営大学学長

  橋爪 章

2012 年 1 月 25 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(140)

「新設」と明示されていなくても「評価を行う」のような表現の項目も新規の評価要素です。

多くは診療報酬がアップする項目ですが、要件の厳密化により、必ずしも医療機関にとってプラスの項目ばかりとは限りません。

「平成24年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」で「評価を行う」と予告された項目は次の通りです。

・救命救急入院料1及び3について、ハイケアユニット入院医療管理料と同等の看護配置に施設要件を変更するなど、救急医療の機能強化に資する評価を行う。

・救命救急入院料算定病床において、自殺企図等による重篤な患者であって精神疾患を有する者に対し、精神保健指定医以外の精神科医師や当該保険医療機関に所属しない精神保健指定医が診断治療を行った場合、当該保険医療機関の精神保健指定医が診断治療を行った場合と同様に評価を行う。

・一般病棟入院基本料、特定機能病院(一般病棟)等の10対1入院基本料等について看護必要度等に係る評価を行うことを要件化し、看護必要度等の基準を満たす患者割合が一定程度以上の医療機関については、評価を行う。

・急性期看護補助体制加算等について看護補助者のより手厚い配置や夜間の配置について評価を行う。

・同一医療機関において同一日に複数の診療科を受診した場合は、同一日の2科目の再診の評価を検討する。

・多職種が連携したより質の高い医療の提供や、病院医療従事者の負担軽減に寄与するような取組を評価する。

・在宅療養支援歯科診療所に属する歯科衛生士が歯科訪問診療に際して診療の補助を行った場合に評価を行う。

・頭頸部領域のがん患者等の周術期における歯科医師の包括的な口腔機能の管理等を評価する。併せて、これらに関連した医療機関と連携した歯科医療機関における歯科治療総合医療管理料及び在宅患者歯科治療総合医療管理料の対象疾患に口腔内に合併症を引き起こす疾患を追加する。

・薬剤師が勤務医等の負担軽減等に資する業務を一定以上実施している場合に対する評価を行う。

・在宅医療を担う医療機関の医師と、緩和ケア病棟等の専門の医師とが連携して診療を行う場合について、評価を行う。

・入院中以外の緩和ケアのニーズのあるがん患者等について、医療機関等の専門性の高い看護師と訪問看護ステーションの看護師が同一日に訪問すること等について評価を行う。

・介護老人福祉施設(特養)の配置医師と在支診・在支病といった外部の医師が連携して、特養における看取りを行った場合について、評価を行う。

・退院後に介護保険への円滑な移行を図るため、身体機能等に関する総合的な機能評価の実施に対する評価を行う。

・訪問看護ステーションと医療機関との退院時共同指導等の連携について評価を行う。

・外泊日、退院当日の訪問看護についての評価を行う。

・訪問看護の際の看護補助者との同行訪問について評価を行う。

・一般診療所との連携により生じた緊急時の訪問看護について評価を行う。

・緩和ケア病棟入院料及び緩和ケア診療加算について、がん診療連携の拠点となる病院等以外であっても要件を満たし質の高い緩和ケアを行っている病院については、評価を行う等充実を図る。

・がん治療連携計画に基づきリンパ浮腫指導管理やがん患者カウンセリングを行っている場合には、紹介先の医療機関において当該指導管理の評価を行う。

・医師の包括的な指示による看護師や放射線技師等のチームによる毎回の観察を評価する。

糖尿病患者に対し、外来において、医師と看護師又は保健師、管理栄養士が連携して重点的な医学管理を行うことについて評価を行う。

精神療養病棟入院料の重症者加算について、より重症者を受け入れている病棟の評価を検討する。

・認知行動療法について、精神科救急医療体制の確保に協力等を行っている精神保健指定医が実施した場合とそれ以外の医師が実施した場合の評価を明確化する。

・治療抵抗性の統合失調症患者に対し、重篤な副作用が発現するリスクの高い治療抵抗性統合失調症治療薬が使用されている場合に、医学管理を行うことについての評価を行う。

・療養病床に入院中の者がBPSD の増悪等により認知症専門医による短期集中的な入院加療が必要となった際に、療養病床を有する医療機関と認知症治療病床を有する他の医療機関が互いに連携し、認知症治療病棟へ一時的に転院して治療を行った後、状態の落ち着いた患者について、療養病床を有する医療機関が再び転院を受け入れた場合の評価を行う。

・入院結核患者について、入院中の包括的な服薬管理等(院内DOTS)を軸に地域に帰ってからも継続的に服薬支援を行うことについて、評価を行う。

院内感染の防止策について、感染防止対策チームの評価を医療安全対策加算とは別の評価体系に改める。また、感染防止対策チームを持つ医療機関と300 床未満の医療機関との連携、及び感染防止対策チームを持つ医療機関同士が相互に感染防止対策に関する評価を行った場合や、連携して院内感染対策に当たった場合の評価を行う。

・著しく歯科診療が困難な患者の状態に応じて、専門性の高い歯科医療機関から患者を紹介した場合及び一般の歯科医療機関が患者を受け入れた場合の評価を行う。

医師事務作業補助体制加算について、補助者の人数配置や救急医療の実施状況に応じた、よりきめ細かい評価とする。

・歯の修復治療や歯内治療等、歯の保存に資する技術を評価するとともに、歯を喪失した際に早期に口腔機能の維持・回復が図られ、生活の質の向上に資する技術等についても併せて評価する。

・先進医療専門家会議における検討結果を踏まえ、先進医療技術の評価を行い、保険導入を行う。

・新たに区分C2(新機能・新技術)として保険適用された医療機器に伴う技術料を適切に設定し評価するとともに、その他の医療材料や医薬品に係る管理料等についても、診療上の使用実態を踏まえ適切な評価を行う。

・歯科の外来診療の特性を踏まえつつ、歯科医療の総合的な環境整備を行っている施設基準を満たした歯科医療機関における再診の評価を行う。

・医科医療機関との連携を評価した歯科治療総合医療管理料の対象疾患に、口腔内に合併症を引き起こす疾患(放射線治療若しくは化学療法の開始前や治療期間中の患者又は骨粗鬆症等によるビスフォスホネート系製剤の服用患者等)を追加する。

・栄養管理実施加算、褥瘡患者管理加算については、入院基本料及び特定入院料で包括して評価を行う。

DPC対象病院ではない出来高算定病院(7対1一般病棟入院基本料を算定している医療機関等)が、診療している患者の病態や実施した医療行為の内容等についてデータを提出した場合の評価を行う。

・療養病棟における急性期の医療機関との連携推進、医療の質の向上の観点から、褥瘡の治療に係る評価を行う。

・薬剤服用歴管理指導料と薬剤情報提供料を包括的に評価する。また、薬歴を活用した残薬確認についても評価する。

・「薬剤情報提供文書」において後発医薬品に関する情報(後発医薬品の有無、価格、在庫情報)を提供した場合に限り、薬学管理料の中で評価を行う。

・後発医薬品使用体制加算の現行の要件(後発医薬品の採用品目割合20%以上)に「30%以上」の評価を加える。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

・・・びっしり字が書いてあるなあ。

これ、ぜんぶ読めますか?

読めない。てかよみとばす。

先の入試の試験官マニュアルが200頁もあったそう、おっそろしい時代になったものだ。流し読みの極意本、書くべし。よまんけど。

ツイッターでやってくれ、といいたくなる、一言でやってねと。

それはできません、て。
そうでしょうとも。はいすみません。
これはsigotoなのだから。

院内感染予防。
厨房の衛生管理、とっても厳しい。
一日十時間ほどいる間に、なんど手を洗うことか。
おかげさまですぐに手が荒れます。
指先が毛羽立って靴下さえはけない。
最近アトリックスハンドクリームをみつけた。
がさがさだけはなんとかしのげる。

がささぎの旗になるところ。

2012年1月24日 (火)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(139)  中医協の論点整理の7 歯科医療ほか

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 24 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(139)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<生活の質に配慮した歯科医療の推進について>

(1)著しく歯科診療が困難な者に対する歯科医療の見直しを行う。

 著しく歯科診療が困難な患者の状態に応じて、専門性の高い歯科医療機関から患者を紹介した場合及び一般の歯科医療機関が患者を受け入れた場合の評価を行う。

 「障害者加算」の対象者に、日常生活に支障を来たすような症状・行動や意志疎通の困難さが頻繁に見られ、著しく歯科診療が困難な状態を追加し、歯科診療報酬上における「障害者加算」は「(仮称)歯科診療困難加算」に改める。

(2)歯周病の治療や歯の保存治療(修復治療、歯内治療)等について評価する。

 歯周病の悪化・重症化リスクが極めて高い患者等に対する歯周病安定期治療の間隔を、歯周外科手術を実施した場合に合わせて短縮するとともに、歯周治療の一連の診療報酬の評価を見直す。

 歯の修復治療や歯内治療等、歯の保存に資する技術を評価するとともに、歯を喪失した際に早期に口腔機能の維持・回復が図られ、生活の質の向上に資する技術等についても併せて評価する。

(3)歯科医療における新たな技術について適切な評価を行う。

 

<医療技術の適正な評価について>

(1)外科的な手術や専門性の高い医学的な管理などの医療技術について、難易度や専門性に応じた適切な評価を行う必要がある。

 手術の相対的な評価をより精緻化する。また、医療現場における胸腔鏡や腹腔鏡といった鏡視下手術の普及状況や有用性等を踏まえ診療報酬上適切に評価するとともに、緊急性の高い手術など外科医の負担が大きい手術を重点的に評価する。

 内科医等により行われている高い専門性を有する検査や、外来での定期的な医学管理等についても適切な評価を行う。

(2)先進医療技術の評価を行い、保険導入を行う。

(3)医療技術の評価及び再評価を行い、新規技術の保険導入又は既存技術の診療報酬上の評価の見直しを行う。

 

<イノベーションの適切な評価について>

 新たに区分C2 として保険適用された医療材料について、新たに技術料を設定する。

 特定薬剤治療管理料や外来化学療法加算など、薬剤の管理料等について、新たに保険適用された医薬品の使用実態等を踏まえ評価の見直しを行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

上記とは無関係に
ひさびさに原発ネタを。

アクセス解析で今も200万件中、一位二位を独占しているのが、「福島原発 人的被害」 の項目での検索です。

かなり楽観的な書き方じゃないかとかささぎは思うのですが、書かれているのは、杞憂を峻拒するデータの提示のみ。
そこがいいのか。
その後変化があったのか、しりたい。


でもねぇ。
何万年で半減という次元の話題を一年二年で論じても。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8a98.html

コメント

ひさびさに抱腹絶倒の動画を見ました(↓)

http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo

よりによって・・・

>就寝中、あまりの足の痛みに跳ね起きる。

こちらは、先日、あまりものリアルな夢に恐怖で跳ね起きました。
日本を天災(火山の噴火でした)が襲ったかと思うと、その機に乗じて、西洋人の兵隊さんたちが日本を攻めて来て、命からがら逃げて隠れて・・・

やはり自分の家に穴を掘って、避難壕を作っておくべきでしょうか。

大子おばあちゃんの戦記 『弟夫婦』

弟夫婦

 

    木附大子(八女市山内在住)

「両親へ いよいよ行きます。明日です。花々しい手柄もなくすみませんでした。しかし大切な役目です。よろこんで死にます。あとをよろしくたのみます」。
 

 日本の勝利を信じた弟の遺言が残っていました。弟はどんな気持でこれを書いたでしょうか。最愛の妻をのこして。

 下二人の弟は召集されて、戦地に行く前に終戦になりました。もう少し早く終戦になっていたらとくやしくてなりません。

 「俊郎がとびたち 帰らざる 出水の基地に鶴の来てまう」

 三年程前出水の基地へ、弟妹六人でおとずれました。
出水の基地はせまい公園になっていました。小さいみかげ石に出陣された方々の名が、ぎっしりきざんでありきれいに掃除してありました。地下ごう二か所ありましたが外から見ました。
滑走路等などどこにあったか、まぼろしに思うほかありませんでした。

 一万羽あまりの鶴が何をしているのか、「ガアガア」鳴いていました。えさ代に少し募金してきました。鶴たちも又遠いシベリアへ帰ると思うと、可愛想で無事に帰ってくれと念じました。

 

 三代つづいた養子の家に四代目に生れた弟はそれはそれは、皆のよろこびのまとでした。五月のお節句に幟が何本も(その頃の私は二才)立ったそうです。皆で可愛がられこわいもの知らずに育った弟は、京都の祖父の家にあづけられました。一年で帰って来た弟はお相撲さんのように、肥満児になっていました。
  中学校に入学した弟は八粁(キロ)あまりの道を自転車通学して、柔道できたわれ中学校を卒業する時は、立派な体格になっていました。
  江田島の海軍兵学校に入学した弟は、ずい分きたわれていたようです。弟からの便りに母はかぶっていたタオルをはずして泣きながら読んでいました。兵学校では二歩目からは、かけ足、ボートをこぐ時おしりの皮がやぶれて、いたくて歩けないと云っていました。たまの日曜には近くの旧家(クラブ)にそれぞれ分かれていたれりつくせりの歓待を受けて、思う存分たのしい一日をすごしたそうです。

 初めての夏休みに帰ってくるのに、父は途中迄迎えに行き、私達姉妹は、村はずれまで行って、いつ迄も待っていました。弟の土産は兵学校の羊かんでした。帰って来た弟はりりしい堂々とした姿でした。父の自まんの息子で、あちこち連れてまわりたいようでした。海軍兵学校の卒業式(六十期)には父母が出席しました。どんなにうれしかったことでしょう。

  「大いなる師にしありけり 暖かき父にてあり 去りておもえば」

兵学校を卒業した弟が教官をしのんだ一首です。
 弟の兵学校同期生大塚正夫氏(南極第一回観測船に行かれた)の妹(小田原市)綾子さんを嫁にむかえました。そのころは戦局はあまりよくないようで、嫁は心をいためているようでした。嫁が来てからまもなく母が発病しました。母の世話、小さい弟妹の世話、なれない仕事にどれ程苦労したか思いやられました。

 十九年に弟の戦死の公報が来ました。覚悟はしていましたが、なぐさめてくれる人もなく私は一人で泣きました。

「世の中はすべて空なり 君なくて ただいたづらに生きながらえんか」

「日の本の國に生まれてありがたき うれしつわものの妻になりたり」  

 

 嫁は一夜のうちに亡くなりました。嫁の遺品の中から出てきた文です。
美しいやさいい申しぶんのない嫁でした。弟の遺言の中に「信らいのおける妻ですよろしく」とかいてありました。

 

 比島沖で戦死した弟とそうこともなく夫婦は今仲よく過していると思うほかありません。毎年十二月六日妹弟集ります。話はつきません。十三人の姉弟は六人になりました。戦後どうなろうと、弟夫婦の事を忘れることは出来ません。

 

  八女市老連広報第44号より引用しました。

∇かささぎのひとりごと

大子おばあちゃん、その戦死の弟君のこと、はじめて知りました。
書き写しながら、まるで大石政則日記の記す場面とそっくりな場面が多々あることに気づきました。違っているのは、この俊郎という名前の弟君には新婚の妻がいて、その人は夫の戦死がわかったときに、「一夜のうちに」亡くなった、ということだけです。
まるでドラマの世界のような純愛がここにさらりとえがいてあります。

あの時代、お勉強がよくできた若きエリートたちはみな、海軍兵学校にとられて、死ぬための訓練をうけて、尊い命を召されたということがいまさらのように身にしみます。
それともう一点。
この時代のサムライたちは、歌をよくよんでいますね。
遺書の中に必ず出てきます。それをうけた母や妻たちもまた。

大子おばあちゃんは今年94歳になられるのではないでしょうか。
現代かなで書かれていますが、元歌は旧かなでありましょう。
これを読んだだけでも、おばあちゃんの教養がわかります。

江田島の海軍兵学校・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E5%85%B5%E5%AD%A6%E6%A0%A1_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)

2012年1月23日 (月)

『ブラックスワン降臨』  手嶋龍一著

お昼休み、お弁当をたべながら読みます。はいすみません。

今日は、ビンラディンを殺害したその日の大統領の様子をよむ。
初めて知ったこと。
作戦途上、一機最新ステルス機をパキスタンに墜落させた。
そのおかげで技術を欲しがっていた中国によまれてしまう。
パキスタンは敵に。
敵の敵は仲間、ってことで中国とパキスタンは仲良しに。

これからよみますが。
これと福島原発とどう結びつけるか。
(そこが連句的関心の的だったわけです。)

北海道地方生まれの作家

手嶋さんは北海道出身だそうです。へえ。知らなかった。
なんかさ。おフランスってかんじじゃない。え?いやみ?
そっかそっか。はいすみません。

解説、あべしげさん

解説はファクタのあべしげさんこと阿部重夫編集長。
ここで読める!http://facta.co.jp/blog/archives/20111205001045.html

平成24年診療報酬・介護報酬改定(138)              新設予定の項目

保健医療経営大学学長

  橋爪 章

2012 年 1 月 23 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(138)

中医協の議論のポイントの紹介を続けているところです(あと7回分あります)が、20日に開催された公聴会の資料として「平成24年度診療報酬改定に係る検討状況について(現時点の骨子)」が公表され、より具体的に改定予定項目が列挙されています。診療報酬改定は「新設」項目の数々に特徴付けられます。

次期改定で新設が予告された項目は次の通りです。

・長時間(30 分以上)診療の救急搬送診療料

・小児に特化した特定集中治療室に対する特定入院料:重篤な小児救急患者に対する救急医療の評価のため。

・急性期後の患者や在宅療養中の患者を受け入れた場合の一般病棟入院基本料(13 115 1 に限る。)

・救急外来における院内トリアージの医学管理料(地域連携小児夜間・休日診療料のトリアージ加算に代えて)

・二次救急医療機関における深夜・土曜・休日の救急搬送患者に対する外来での初期診療の医学管理料

・一般病棟に入院する患者に(精神科医師、専門性の高い看護師等が多職種で連携し)より質の高い精神科医療を提供した場合の評価

・外来における緩和ケア診療の評価

・在宅業務に十分に対応している薬局の評価

・訪問看護の早朝、夜間、深夜加算

・精神科救急医療機関に緊急入院した後、状態の落ち着いた患者を連携精神科医療機関に転院させた場合や、連携精神科医療機関が転院を受け入れた場合の評価

・小児精神医療の特定入院料(児童・思春期精神科入院医療管理加算に代えて)

・精神療養病棟入院患者を退院支援部署による支援で退院を行った場合の評価

・認知症治療病棟入院料の夜間の看護補助配置の評価

BPSD が増悪した認知症患者の紹介を受けた専門医療機関の評価

・認知症と診断された患者について、かかりつけ医がその後の管理を行うことの評価

・重度認知症患者のデイ・ケアにおいて、手厚い人員体制で夜間のケアを行った場合の評価

・回復期リハビリテーション病棟入院料について、より充実した体制で、より医学的処置の必要のある患者や重症な患者を受け入れ、状態改善や在宅復帰を十分行っている場合の評価

・患者サポート体制を充実し患者の不安の解消に積極的に取り組んでいる医療機関の評価

・入院早期から退院支援が必要な者を明確化し、地域連携診療計画の内容と同等のものを作成して患者に説明した場合の評価

・夜間に看護師が配置されている有床診療所の緩和ケア診療や、ターミナルケアに関する評価

・乳幼児への薬学的管理指導に関し、薬剤服用歴管理指導料への加算(調剤技術料の中での評価に代えて)

慢性維持透析の合併症等に対して有効性が明らかになりつつある新しい血液透析濾過についての評価

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月22日 (日)

調うたまるさんからのご案内

http://www2.ocn.ne.jp/~heiryu/koen.htm

平安朝雅楽公演 源氏物語の調べ

二月五日(日) かなっくホールhttp://kanack-hall.jp/にて
開場十四時  開演十四時半

初めての平安朝管弦舞楽と原文朗読

連句の連衆である調うたまるさんは第二部の坐太鼓で出られます。

お近くのかたはぜひ行かれてください。

偶然今日カーラジオで出会った作曲家吉松隆のブログに平安朝の音楽のことが語られています。

(知らなかったな、平清盛のテーマ音楽、吉松隆なんですね。)

みやびで野性的で、感情につよく訴える、初源的なものがある平安朝。

うたまるさん、どうも案内状をありがとう。

当日が盛会でありますよう、お祈りいたしております。

∇調うたまるさん:

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-e83c.html

帰り路、吉松隆に出遇う。

圧倒された。

カーラジオで「そうぎょふ」の最終章をきいた。

感動しました。こころがじぃんとうごかされた。

邦楽で感動するなんて、調うたまるさんの龍笛以来です。

そうぎょふ、、、、きっとふたつのさかなの譜って書くにちがいない。

帰ったら即しらべよう。

・・・はい。しらべました。

吉松隆という名前でした。
双魚譜。
すごいきれいな高揚をもたらす曲です。
こんな人がいてくれたなんて。かささぎより一つ年上です。

ユーチューブ探したら、こんな曲がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=T0yDKjOCoeQ

よりによって

就寝中、あまりの足の痛みに跳ね起きる。

まるで地獄の底から子泣きじじいに足を引っ張られてるような。
どっちを向いてもびんびん痛くて、ふくらはぎの筋肉が攣ります。

あきらめて、時ならぬときに起き出し、お風呂に入ってみました。
あたためれば楽になろうかと。

あらふしぎ。ほんとに楽になりました。
でもお風呂につかって、あがって、体を拭こうとしたら。
タオルが一枚もない!
タオル入れがからっぽです。

困った。どうしよう。
ん・・奥のほうにピンクのタオル地がある!

っとっとっと。
取り出して見るとタオルはタオルでも足ふきマット。

不肖かささぎめは、エイッとばかり足ふきで玉体をふきましたとさ。。。

よりによってこんな状況じゃねぇ。。。しかなないよね~。


平成24年診療報酬・介護報酬改定(137) 中医協の論点整理の6  リハビリテーション

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 22 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(137)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<リハビリテーションの充実について>

(1)回復期リハビリテーション病棟入院料について、より充実した体制で、より医学的処置の必要のある患者や重症な患者を受け入れ、状態改善や在宅復帰を十分行っている場合の評価を新設する。

(2)より早期からのリハビリテーションについてさらなる評価を行い、それ以降について評価を見直す。

(3)外来でのリハビリテーションにおいて、リハビリテーションスタッフが毎回十分な

観察を行い、直ちに医師の診察が可能な体制をとりつつ、カンファレンス等でリハビリテーションの効果や進捗状況を確認している場合に限り、医師の包括的な指示の下にリハビリテーションを提供できるよう、評価体系の見直しを行う。

(4)訪問リハビリテーションを実施している患者について、急性増悪等のため一時的にADL が低下した場合、一時的に集中的な訪問リハビリテーションを実施可能とするよう要件を変更する。

(5)標準的算定日数を超えており、状態の改善が期待できると医学的に判断されない場合の脳血管疾患等リハビリテーション、運動器リハビリテーションについて、評価の見直しを行う。

(6)介護保険のリハビリテーションへ移行後に医療保険の疾患別リハビリテーションを算定できる期間を、現在の1 か月間から2か月間に延長し、算定可能単位数を逓減制とする。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

今朝の朝刊の社説で福岡市の国保問題をやっととりあげていました。

どちらをむいてかけばいいかわからないだろうとおもう。

2012年1月21日 (土)


平成24年診療報酬・介護報酬改定(136)中医協の論点整理の5 感染症対策

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 21 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(136)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<感染症対策の推進について>

(1)結核病棟について、感染症法における退院基準を踏まえた見直しを行う。

(2)入院中の包括的な服薬管理等(院内DOTS)を軸に地域に帰ってからも継続的に

服薬支援を行うことについて、評価を行う。

(3)二類感染症患者療養環境特別加算(陰圧室加算)について、要件を明確化する。また、無菌治療室についても、実態にあった運用要件について検討する。

(4)院内感染の防止策について、感染防止対策チームの評価を医療安全対策加算とは別の評価体系に改める。また、感染防止対策チームを持つ医療機関と300 床未満の医療機関との連携、及び感染防止対策チームを持つ医療機関同士が相互に感染防止対策に関する評価を行った場合や、連携して院内感染対策に当たった場合の評価を行う。

(学長ブログ転載)

2012年1月19日 (木)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(134) 中医協の議論の整理の4 精神疾患

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 19 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(134)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<精神疾患に対する医療の充実について>

(1)精神科急性期入院医療の評価

 精神科救急入院料、精神科急性期治療病棟入院料及び精神科救急・合併症入院料について、手術等の目的で一時的に転棟、あるいは転院した場合、再転棟や再入院後に再算定できるように要件の変更を行う。

 精神科救急医療機関に緊急入院した後、状態の落ち着いた患者について、あらかじめ連携している精神科医療機関に転院させた場合や、精神科医療機関が転院を受け入れた場合について評価を新設する。

 小児精神医療が小児病院、精神科病院それぞれにおいて適切な評価となるよう、児童・思春期精神科入院医療管理加算に代えて、特定入院料を新設する。

(2)精神科慢性期入院医療の評価

 より重症者を受け入れている病棟を評価するため重症者加算について検討する。

 精神療養病棟退院患者について、退院支援部署による支援で退院を行った場合の評価を新設する。

(3)地域における精神医療の評価

 精神疾患以外の患者に対する訪問看護指示料、訪問看護療養費等と区別した実施者及び対象者の評価、時間の単位等訪問看護の報酬体系の見直しを行う。

 精神科デイ・ケア等の要件の見直し、患者の状態像に応じた疾患別等プログラムを実施した場合の評価を検討する。また、入院中の患者が精神科デイ・ケアを利用した場合の評価をデイ・ケア中の入院料の適正な評価と併せて検討する。

 通院・在宅精神療法の要件を見直し、精神科救急医療体制の確保に協力等を行っている精神保健指定医の評価を行う。

 認知行動療法について、精神科救急医療体制の確保に協力等を行っている精神保健指定医が実施した場合とそれ以外の医師が実施した場合の評価を明確化する。

 多剤・多量投与の適正化について、精神科継続外来支援・指導料の要件を見直す。

 治療抵抗性の統合失調症患者に対し、重篤な副作用が発現するリスクの高い治療抵抗性統合失調症治療薬が使用されている場合に、医学管理を行うことについての評価を行う。

(4)一般病棟に入院する患者に対して精神科医師、専門性の高い看護師等が多職種で連携し、より質の高い精神科医療を提供した場合の評価を新設する。

保健医療経営大学学長ブログ転載

平山温泉から

平山温泉から

母と叔母を連れて行ってきました。
平山温泉でも旧い温泉の上田屋にて。
上質のお湯があるだけでほかは何もないんです。
だからすきです。

十年前くらいに何度か通った温泉。
目の悪い叔母が覚えていて、そこへ行こうよと。
最近は新しい温泉がいくつもできてますが、もとの場所にちゃんとありました。
十字路までいかず、その手前の右手の山にしがみつくようにして、ある。
幼稚園のすぐ上。

ぬるぬるの温泉で、肌がすべすべになります。
んで、ほかの温泉みたいに蛇口の温泉の湯は自動的に五秒ほどで止まったりはしません。それだけでも安心と信頼を裏切らない昔ながらのほんものの温泉。

ただし、料理は。
たいの荒炊きとたいの塩焼き、二種類の定食のみ。
おいしいが味が濃い。
味噌汁は薄味のお吸い物であってほしい。
茶わん蒸しはオッケイ。おいしい。
箸休めにあれがでた。あれ。ほら、山くじらじゃなくって、えーと。山くらげ!



2012年1月18日 (水)

ササラ電車 四連の立句

第三連



炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ  夏

  往還端に戻る静けさ      呆夢  雑

海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ  整子  雑

  ドルもユーロも先が見えない   ぼん  雑

貧乏は餓鬼の頃から慣れてるぜ  杉作 雑

  妖刀氷柱と鞍馬天狗と      恭子   冬

第四連

やはらかい土の村々初日さす   宙虫  新年
  

句案はほかにえめさんが

出初式消防団の声揃ひ
土佐紙に逡巡は無し初硯

のニ句をくださいました。
しかし、ここは景気の句以外考えられなかった。
景色の句。
人情を出さないで、なにげない句がよかった。

つぎの法則みたいなもの(式目)を覚えておいてね。
うちこしに何があるかを見ます。
四連の一句目を案じるときには、杉作さんの貧乏句が打越ですよね。
次に、打越句をふるいにかけてみます。
自、他、場のどれにあたるだろうか。
・・・これは人情自の句。
おれさまは貧乏だけどガキの頃からだから平気さ。というようなつよがりの句。
これと観音開きにならないように詠みます。

場、風景の句がすいっと出てくるようになればいいですね。
常に打越をみて、ここに何をだせばいいか判断してください。

では、次いきます。

打越には人情他の句です。

ここになにをおくか。

かささぎは述懐句をおきたいけど。

あなたのご自由にどうぞ。

一句しか出ていない乙四郎、なにかだしてください。

新年でも雑でも「恋」でもいいですよ。

短句です。

水筒の緑茶はなぜ

水筒の緑茶はなぜ



平成24年診療報酬・介護報酬改定(133)  中医協の議論の整理の3

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 18 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(133)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<がん医療の推進について>

(1)外来や在宅への円滑な移行を支援する体制をとっている緩和ケア病棟のさらなる評価を行う。

(2)緩和ケア病棟入院料及び緩和ケア診療加算について、がん診療連携の拠点となる病院等以外であっても要件を満たし質の高い緩和ケアを行っている病院については、評価を行う等充実を図る。

(3)外来における緩和ケア診療の評価を新設する。

(4)在宅における緩和ケア等、以下のような見直しを行う。

 在宅医療を担う医療機関の医師と、緩和ケア病棟等の専門の医師とが連携して診療を行う場合について、評価を行う。

 入院中以外の緩和ケアニーズのあるがん患者について、医療機関等の専門性の高い看護師と訪問看護ステーションの看護師が同一日に訪問すること等について評価を行う。

 末期の悪性腫瘍患者の診療に関し、さらなる評価を行う。

(5)医療用麻薬である以下の4製剤については、30 日分処方に改める。

 コデインリン酸塩(内用)

 ジヒドロコデインリン酸塩(内用)

 フェンタニルクエン酸塩の注射剤(注射)

 フェンタニルクエン酸塩の経皮吸収型製剤(外用)

(6)連携に係る点数について、多様化したがん治療に対応できるよう、下記のような要件の見直しを行う。

 がん診療連携拠点病院加算について、紹介元の医療機関から悪性腫瘍の疑いで紹介された患者や、外来化学療法等を受けた患者についても算定できるよう要件を変更する。

 がん治療連携計画策定料について、退院後一定期間の外来診療の後に連携医療機関に紹介した場合についても算定可能とする。

 がん治療連携計画に基づきリンパ浮腫指導管理やがん患者カウンセリングを行っている場合には、紹介先の医療機関において当該指導管理の評価を行う。

(7)安心・安全な放射線治療を行うための、医師の包括的な指示による看護師や放射線技師等のチームによる毎回の観察を評価する等、放射線治療の推進を行う。

 

<生活習慣病対策の推進について>

(1)糖尿病患者に対し、外来において、医師と看護師又は保健師、管理栄養士が連携して、重点的な医学管理を行うことについて評価を行う。

(2)生活習慣病患者、小児、呼吸器疾患患者等に対する指導管理にあたっては、緩和ケア病棟等の現状にも配慮しつつ、屋内全面禁煙を原則とするよう要件の見直しを行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

今朝の朝刊トップ記事、福岡市の保険料が上がるニュースでしたね。
文句がでるでしょうね。
そうじゃなくても、電気代やいろんなものが上がっている。

今日は丘の上のロウケンにいる父が月に一度下界の泌尿器科に受診に行く日。ちょうど長男がいるので、助けてもらう。ありがたい。こないだ朝八時からのお宮掃除にも行ってくれました。父にそのことを伝えると、とても喜んでくれた。

仕事、新人さんが入ってきたけどまだ慣れないので、きのうも帰宅は九時すぎる。
ほんとは七時半までの勤務。
でも乾燥庫を出した食器の片づけと翌日の透析患者さんぶんのお弁当の準備に必要な名前シールの作成と、例の経管食出庫管理表の朝昼夕の正確な数を調べるのに、仕事中では忙しくてできないので、みんなが帰ったあと居残りで四つの温冷配膳車にある食札を逐一見て調べる。

cz-hiが何個、L3が何個、いろんなゼリーやねりものやジャムなど、どれがどんな病気の人につくか、三か月もたてばいやでもわかり始める。

それと献立表に色分けを施す仕事、時間がなくてできない時があるんです。そういうときに限って管理栄養士さんから注意を受ける。
身は一つ、時間も一つ。できないときはできない。

ボスが私を教育されるのは叱り育て式、罰を与える式。
これがつらくて。
だけどきもちはわかるからゆるせる。
身に付くものがあるから、がんばる。

糖尿病は四段階にわけてあります。
1200、1400、1600.1800、。数字が少ない方が病状が悪い。制限カロリーの量ですね。フルーツがつくとき、ほかの病気の人には缶詰の果物であっても糖尿と高脂血症には生の果物。かぼちゃや芋類はつかず、なすなどにおきかわる。

2012年1月17日 (火)

一月上半期のアクセス解析

わすれるところでした。

いつもかささぎの旗へおいでくださってありがとうございます。
ときに、これはいったい誰のブログなんだろう。
と思うこともありますが、考えてもよくわかりませんよね。笑

2011年12月21日(水) 608857
2011年12月22日(木) 7971,288
2011年12月23日(金) 343640
2011年12月24日(土) 356696
2011年12月25日(日) 340730
2011年12月26日(月) 6361,146
2011年12月27日(火) 5921,005
2011年12月28日(水) 508856
2011年12月29日(木) 400717
2011年12月30日(金) 335614
2011年12月31日(土) 236522
2012年1月1日(日) 230548
2012年1月2日(月) 313653
2012年1月3日(火) 402757
2012年1月4日(水) 6981,137
2012年1月5日(木) 8821,316
2012年1月6日(金) 7761,152
2012年1月7日(土) 531855
2012年1月8日(日) 373701
2012年1月9日(月) 6161,005
2012年1月10日(火) 8881,318
2012年1月11日(水) 1,3371,849
2012年1月12日(木) 8021,193
2012年1月13日(金) 7591,115
2012年1月14日(土) 505799
2012年1月15日(日) 486805

∇累計アクセス数: 7760531日当たりの平均: 349.89

検索ワード/フレーズ(一週間) 割合
1 平成24年度診療報酬改定 中医協  G Y M 331 6.4%
2 平成24年介護保険改正  G Y M 95 1.8%
3 平成24年介護報酬改定  G Y M 93 1.8%
4 介護療養型医療施設 廃止  G Y M 76 1.5%
5 世界の終わり 深瀬  G Y M 75 1.5%
6 中医協 平成24年度診療報酬改定  G Y M 55 1.1%
7 平成24年度介護保険法改正  G Y M 49 1.0%
8 平成24年度診療報酬改定  G Y M 48 0.9%
9 幻の命  G Y M 44 0.9%
10 厚生労働省 平成24年度診療報酬改定  G Y M 35 0.7%
11 平成24年度診療報酬改定 精神科  G Y M 31 0.6%
12 平成24年度介護報酬改定  G Y M 28 0.5%
13 かささぎの旗  G Y M 27 0.5%
13 平成24年度介護報酬改定 通所介護  G Y M 27 0.5%
15 アンコールワット 洪水  G Y M 25 0.5%
15 平成24年介護報酬改定 通所介護  G Y M 25 0.5%
15 世界の終わり 幻の命  G Y M 25 0.5%
18 前期高齢者交付金  G Y M 24 0.5%
19 平成24年度診療報酬改定 リハビリ  G Y M 23 0.4%
20 だんだらがゆ  G Y M 20 0.4%
20 平成24年 介護報酬改定  G Y M 20 0.4%
20 深瀬慧  G Y M 20 0.4%
23 平成24年度 診療報酬改定 中医協  G Y M 19 0.4%
24 sekai no owari 幻の命  G Y M 18 0.3%
25 24年度診療報酬改定  G Y M 17 0.3%
25 厚生労働省 平成24年度介護報酬改定  G Y M 17 0.3%
27 平成24年度介護保険制度改正  G Y M 15 0.3%
27 平成24年度診療報酬改定説明会  G Y M 15 0.3%
29 平成24年 介護保険 改正  G Y M 13 0.3%
29 厚生労働省 平成24年介護報酬改定  G Y M 13 0.3%

アクセス地域

訪問者がアクセスしている都道府県がわかります。

集計対象アクセス数:2,668(一週間)
都道府県 割合
1 東京 554 20.8%
2 大阪 191 7.2%
3 福岡 165 6.2%
4 愛知 129 4.8%
5 神奈川 122 4.6%
6 北海道 112 4.2%
7 兵庫 104 3.9%
8 埼玉 86 3.2%
9 長野 71 2.7%
10 千葉 68 2.5%
11 京都 64 2.4%
12 静岡 58 2.2%
13 新潟 51 1.9%
14 茨城 50 1.9%
15 宮城 43 1.6%
16 熊本 42 1.6%
17 広島 39 1.5%
17 鹿児島 39 1.5%
19 福島 37 1.4%
20 大分 35 1.3%
21 三重 34 1.3%
22 岐阜 33 1.2%
23 奈良 32 1.2%
23 沖縄 32 1.2%
25 岡山 31 1.2%
25 青森 31 1.2%
27 長崎 30 1.1%
28 岩手 28 1.0%
29 石川 27 1.0%
30 愛媛 26

国・言語

訪問者が利用しているブラウザの言語設定がわかります。

集計対象訪問者数:5,164
言語 割合
1 [ja] Japanese 4,810 93.1%
2 [en] English 340 6.6%
3 [zh] Chinese 11 0.2%
4 [fi] Finnish 1 0.0%
4 [es] Spanish 1 0.0%
4 [ko] Korean 1 0.0%

滞在時間ランキング

訪問者がどのページを長く見ているかがわかります。

1人当たりの平均滞在時間
ページ 割合
1 かささぎの旗: みやま市清水山のさくら 1             短歌行『百済色』 3時間27分22秒 13.5%
2 かささぎの旗:  放射線・放射能と健康被害(2) 利点と悪影響を天秤にかけること 2時間35分43秒 10.2%
3 かささぎの旗:  平成24年診療報酬・介護報酬改定(124) 2時間00分17秒 7.8%
4 かささぎの旗: 病気がウツルというときの漢字は? 1時間52分59秒 7.4%
5 かささぎの旗: 洋画家杉山洋・ 繊細な蒼~甕のぞきの色の下にある被爆体験 1時間32分19秒 6.0%
6 かささぎの旗: 源稀典の書 46分30秒 3.0%
7 かささぎの旗: 八女福島の燈籠人形 36分56秒 2.4%
8 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(41)        介護老人保健施設、従来型と療養型 28分31秒 1.9%
9 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(17)がん医療推進    がん治療連携計画策定料7500円の新設など 26分26秒 1.7%
10 かささぎの旗: 無料医療セミナーのごあんない 22分19秒 1.5%
11 かささぎの旗: だんだら粥 17分53秒 1.2%
12 かささぎの旗: アメリカの社会保障制度(5)             居宅介護~ナーシングホーム 17分41秒 1.2%
13 かささぎの旗: 福岡県の後期高齢者保健制度をめぐる汚職事件におもうこと   乙四郎元厚生官僚語録 17分01秒 1.1%
14 かささぎの旗: 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(9)  貧困・格差対策の強化 16分41秒 1.1%
15 かささぎの旗: ササラ電車 三連の四・五句目 16分39秒 1.1%
16 かささぎの旗: 連句興行 14分34秒 0.9%
17 かささぎの旗: トップページ 13分31秒 0.9%
18 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(98)            連携する在支診と在支病 12分35秒 0.8%
19 かささぎの旗: 医療と統計学 医療従事者の動向(9) 医師 11分52秒 0.8%
20 かささぎの旗: 保健医療経営大学英語公開講座開講式あいさつ 11分38秒 0.8%
21 かささぎの旗: 消費税率の引き上げと医療(上)            非課税の医療費で発生する損税の問題 11分26秒 0.7%
22 かささぎの旗: ササラ電車 第二連3句目 恋 自由律でどうぞ 10分28秒 0.7%
23 かささぎの旗: 乙四郎先生に学ぶ診療報酬と介護報酬(32)        居宅介護ケアプラン作成料について 10分20秒 0.7%
24 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(5) 前期高齢者交付金と退職者医療制度の順次廃止 10分19秒 0.7%
25 かささぎの旗: 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 9分43秒 0.6%
26 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(93)              先日の中医協議題ー精神科医療 9分38秒 0.6%
27 かささぎの旗: バスガイドさん中島照美さんの思い出 8分57秒 0.6%
28 かささぎの旗: 在宅医療の充実のための新年度予算要求 8分54秒 0.6%
29 かささぎの旗: しぼり柱 8分19秒 0.5%
30 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(14)         退院調整加算見直し 8分15秒 0.5%
31 かささぎの旗: うめほのりと蜜梅 8分05秒 0.5%
31 かささぎの旗: ササラ電車第三連の三と長谷川櫂の短歌 8分05秒 0.5%

あやたかはなぜ

あやたかはなぜ

平成24年診療報酬・介護報酬改定(132)              中医協議論の要諦のその2

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 17 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(132)

中医協の議論の整理(案)のポイント

<在宅医療を担う医療機関の役割分担や連携の促進について>

(1)在宅療養支援診療所・在宅療養支援病院(以下「在支診・在支病」)に対する評価について、以下のような見直しを行う。

 機能を強化した在支診・在支病について、緊急時・夜間の往診料のさらなる評価を行う。

 機能を強化した在支診・在支病について、在宅時医学総合管理料・特定施設入居時等医学総合管理料のさらなる評価を行う。

 在宅医療を担う医療機関と連携する病院や診療所が在宅患者を受入れた場合のさらなる評価を行う。

(2)特定施設入居者に対する訪問診療料について、さらなる評価を行う。

(3)在宅における緩和ケア等の見直しを行う。

 在宅医療を担う医療機関の医師と、緩和ケア病棟等の専門の医師とが連携して診療を行う場合について、評価を行う。

 入院中以外の緩和ケアのニーズのあるがん患者等について、医療機関等の専門性の高い看護師と訪問看護ステーションの看護師が同一日に訪問すること等について評価を行う。

 末期の悪性腫瘍患者の診療に関し、さらなる評価を行う。

 在宅患者緊急入院診療加算のさらなる評価を行うとともに、小児入院医療管理料算定病床でも同加算を算定可能とするなど、小児在宅医療のさらなる評価を行う。

 在宅療養を行っている難治性皮膚疾患患者や経口摂取困難な小児患者等がより充実した在宅療養を行えるよう、評価体系を見直す。

 在宅医療で使用する医療機器について、診療報酬上の評価や対象患者の要件等を見直し、在宅での療養環境の充実を図る。また、患者の状態に応じた療養上の指導管理や医療機器の保守管理が適切に行われるよう診療の実態に即し、診療報酬上の評価体系を見直す。

 

<看取りに至るまでの医療の充実について>

在宅ターミナルケアに係る評価の見直しを行う。

 在宅ターミナルケア加算等について、機能を強化した在支診・在支病の評価と併せて、評価体系を見直す。

 末期の悪性腫瘍患者の診療に関し、さらなる評価を行う。

 介護老人福祉施設(「特養」)の配置医師と在支診・在支病といった外部の医師が連携して特養における看取りを行った場合について、評価を行う。

 

<早期の在宅療養への移行や地域生活への復帰に向けた取組の促進について>

入院中から、在宅を担う医療機関や訪問看護等との連携を行うことにより、円滑に在宅へ移行することを推進する。

 急性期病棟における退院調整と慢性期病棟における退院調整の算定方法が異なること等、運用上煩雑な部分について整理を行う。

 身体機能等に関する総合的な機能評価の実施に対する評価を行う。

 訪問看護ステーションと医療機関との退院時共同指導等の連携について評価を行う。

 外泊日、退院当日の訪問看護についての評価を行う。

 医療依存度の高い状態の要介護被保険者である患者に対し、退院直後の2週間に限り、特別訪問看護指示に基づき訪問看護が提供できることを明確化する。

 

<在宅歯科、在宅薬剤管理の充実について>

(1)在宅歯科医療をより一層推進する観点から、以下の見直し等を行う。

 現在の歯科訪問診療の対象者について、「常時寝たきりの状態」の表現

を見直す。

 同一建物居住者以外に対する歯科訪問診療をより適切に評価するとともに、在宅療養支援歯科診療所に属する歯科衛生士が歯科訪問診療に際して診療の補助を行った場合に評価を行う。

 歯科訪問診療に必要な器具を携行した場合の評価について、一人の患者に対して「1回目」と「2回目以降」で異なる評価を、同一建物居住者の有無により適切に評価を行う。この際、同一建物居住者に対して、一度に多数の患者に歯科訪問診療を行う場合の評価を見直す。

(2)在宅薬剤管理指導業務をより一層推進する観点から、以下の見直しを行う。

 在宅業務に十分に対応している薬局に対して、一定以上の過去の実績も考慮した施設基準を設け、評価を新設する。

 在宅患者訪問薬剤管理指導料等について、小規模薬局間で連携して取り組む場合でも算定可能とする。

 無菌調剤をの施設基準の見直しを行う。

 緊急時の対応を求められた場合、在宅訪問が可能な距離について見直しを行う。

 

<訪問看護の充実について>

(1)要介護被保険者であっても、退院直後など一時的に医療ニーズが高くなった場合にはニーズに対応した訪問看護を提供するため、以下の見直しを行う。

 医療依存度の高い状態の要介護被保険者である患者に対し、退院直後の2週間に限り、特別訪問看護指示に基づき訪問看護が提供できることを明確化する。

 外泊日、退院当日の訪問看護についての評価を行う。

(2)訪問看護の医療保険と介護保険の報酬上の違いについて、必要な見直しを行う。

 標榜時間外の訪問看護について、介護保険と同様の早朝、夜間、深夜加算を医療保険においても新設する。

 医療保険の重症者管理加算と介護保険の特別管理加算を、円滑な運用に資するよう整理する。

 介護報酬改定により医師の指示書の交付範囲が拡大したことに伴う必要な整理を行う。

(3)訪問看護の増加する需要や多様なニーズに対応し、効率的かつ質の高い訪問看護の推進するために必要な見直しを行う。

 訪問看護の際の看護補助者との同行訪問について評価を行う。

 入院中以外の緩和ケアのニーズのあるがん患者等について、医療機関等の専門性の高い看護師と訪問看護ステーションの看護師が同一日に訪問すること等について評価を行う。

 長時間訪問看護の対象に、人工呼吸器を使用していない準・超重症児等の医療依存度の高い者を加え、訪問回数の見直しを行う。

 一般診療所との連携により生じた緊急時の訪問看護について評価を行う。

 精神疾患患者の訪問看護について、精神疾患以外の患者に対する訪問看護指示料、訪問看護療養費等と区別した実施者及び対象者の評価、時間の単位等訪問看護の報酬体系の見直しを行う。

 

<医療・介護の円滑な連携について>

(1)標準的算定日数を超えており、状態の改善が期待できると医学的に判断されない場合の脳血管疾患等リハビリテーション、運動器リハビリテーションについて、評価の見直しを行う。

(2)介護保険のリハビリテーションへ移行後に医療保険の疾患別リハビリテーションを算定できる期間を、現在の1 か月間から2か月間に延長する。

また、介護保険のリハビリテーションへ移行した後に医療保険の疾患別リハビリテーションを算定している期間中は、医療保険の疾患別リハビリテーションの算定可能単位数を逓減制とする。

(3)特定施設入居者に対する訪問診療料について、さらなる評価を行う。

(4)特養の配置医師と在支診・在支病といった外部の医師が連携して、特養における看取りを行った場合について、評価を行う。

(5)身体機能等に関する総合的な機能評価の実施に対する評価を行う。

(6)医療依存度の高い状態の要介護被保険者である患者に対し、退院直後の2週間に限り、特別訪問看護指示に基づき訪問看護が提供できることを明確化する。

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月16日 (月)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(131)           中医協これまでの議論の要諦

保健医療経営大学学長

  橋爪 章

2012 年 1 月 16 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(131)

13日の中医協総会に「平成24 年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(案)」が提出されています。

今後の中医協での議論で変更はありえますが、概ね、この整理の通りに改定が行われるものと思われます。

以下、この整理(案)のポイントを、私なりに要約して紹介します。

 

<救急・周産期医療の推進について>

(1)救命救急センターの機能強化や小児救急医療の充実を図るとともに、救急病院と後方病院との医療連携を推進する。

 救命救急入院料1及び3について、ハイケアユニット入院医療管理料と同等の看護配置に施設要件を変更するなど、救急医療の機能強化に資する評価を行う。

 救急搬送診療料に、長時間(30 分以上)診療を行っている場合の評価を新設する。

 救命救急入院料算定病床において、自殺企図等による重篤な患者であって精神疾患を有する者に対し、精神保健指定医以外の精神科医師や当該保険医療機関に所属しない精神保健指定医が診断治療を行った場合にも、当該保険医療機関の精神保健指定医が診断治療を行った場合と同様に、評価を行う。

 小児に特化した特定集中治療室に対する特定入院料を新設するなど、重篤な小児救急患者に対する救急医療の評価を行う。

 救急搬送患者地域連携紹介加算及び受入加算のさらなる評価を行い、対象となる患者を拡大する。同加算については、同一医療機関が紹介加算、受入加算のいずれも届出可能とする。さらに、受入加算を療養病棟入院基本料、精神病棟入院基本料算定病床においても算定可能となるよう要件を変更する。

 療養病棟において、急性期後の患者や在宅からの軽症患者の受入れを行った場合について、一定の条件のもと、さらなる評価を行う。

 一般病棟入院基本料(13 115 1 に限る。)においても、急性期後の患者や在宅療養中の患者を受け入れた場合の評価を新設する。

(2)NICUと後方病院との医療連携の推進など、周産期医療の機能強化を行う。また、

小児患者について在宅と入院の円滑な連携を推進する。

 新生児特定集中治療室退院調整加算のさらなる評価や算定回数の増加等の要件の変更を行う。

 ハイリスク妊産婦共同管理料の対象患者について、他のリスクの高い妊産婦に係る加算との整理を行う。

 障害者施設等入院基本料、特殊疾患入院医療管理料、特殊疾患病棟入院料について、NICU設置医療機関とあらかじめ連携しNICUに入院していた患者を受け入れた場合の加算のさらなる評価を行うとともに、これを一般病棟入院基本料(13 対1、15 1 に限

る。)、療養病棟入院基本料、有床診療所入院基本料、有床診療所療養病床入院基本料にも拡大する。

 在宅患者緊急入院診療加算のさらなる評価を行うとともに、小児入院医療管理料算定病床でも同加算を算定可能とするなど小児在宅医療のさらなる評価を行う。

 超重症児(者)、準超重症児(者)入院診療加算を療養病棟入院基本料、有床診療所療養病床入院基本料を算定している医療機関においても算定可能とする。また、初期加算を、救急医療機関からの転院の場合にも算定可能とする。

 長時間訪問看護の対象に、人工呼吸器を使用していない準・超重症児等の医療依存度の高い者を加え、訪問回数の見直しを行う。

 

<病院医療従事者の勤務体制の改善等の取組について>

(1)病院勤務医の負担を軽減する体制を要件とした診療報酬項目を拡大するともに、より勤務医の負担軽減につながる具体的な体制整備を要件とする。

(2)医師事務作業補助体制加算について、より補助者の人数配置や救急医療の実施状況に応じたきめ細かい評価とする。

(3)急性期看護補助体制加算等について看護補助者のより手厚い配置や夜間の配置について評価を行う。

 

<救急外来や外来診療の機能分化の推進について>

(1)二次救急医療機関の救急外来受診の評価や、重症者が優先的に受診できる仕組み(トリアージ)の一層の推進を行う。

 地域連携小児夜間・休日診療料のトリアージ加算に代えて、医学管理料を新設する。

 二次救急医療機関における深夜・土曜・休日の救急搬送患者に対する外来での初期診療に対する評価を行うため、新たに医学管理料を新設する。

(2)初・再診料及び関連する加算についての検討を行う。

 同一医療機関において同一日に複数の診療科を受診した場合は、同一日の2科目の再診の評価を検討する。

 精神病床、結核病床、有床診療所に入院中の者が、透析や共同利用をすすめている検査を行うために他医療機関を受診する場合の評価の見直しを行う。

 地域医療貢献加算については、更なる促進のために地域医療貢献加算の再編成について検討する。

 明細書の無料発行について、さらなる促進策を講じる。

(3)紹介率や逆紹介率の低い特定機能病院等を紹介なしに受診した患者に係る初診料等を適正な評価とし、一部保険外併用療養費の枠組みを利用するよう変更を行う。

 

<病棟薬剤師や歯科等を含むチーム医療の促進について>

多職種が連携したより質の高い医療の提供や、病院医療従事者の負担軽減に寄与するような取組を評価する。

 一般病棟に入院する患者に対して精神科医師、専門性の高い看護師等が多職種で連携し、より質の高い精神科医療を提供した場合の評価を新設する。

 栄養サポートチーム加算について、一般病棟入院基本料(13 115 1)、療養病棟入院基本料算定病床でも算定可能とする。

 臓器移植後、造血幹細胞移植後の外来における医師、専門性の高い看護師等のチームによる医学管理に対する評価を新設する。

 外来における緩和ケア診療の評価を新設する。

 頭頸部領域のがん患者等の周術期における歯科医師の包括的な口腔機能の管理等を評価する。併せて、これらに関連した医療機関と連携した歯科医療機関における歯科治療総合医療管理料及び在宅患者歯科治療総合医療管理料の対象疾患に口腔内に合併症を引き起こす疾患を追加する。

 薬剤師が勤務医等の負担軽減等に資する業務を一定以上実施している場合に対する評価を行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

新良幸人の八重山節『小浜節』とalanの『涙そうそう』をどうぞ。

2012年1月15日 (日)

ササラ電車 三連の四・五句目

おそくなりました。

やっとササラ電車の動画をみつけだし、みています。
発句をいただいたスギサク先生の函館の市電の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=gomg56R3gsA

最初にみておけばよかったなあ。音が印象的。
竹が雪を払い金属のレールに触れて立てる擦過音。

寒い国の風物はなにも知らず、初めて知りました。

かささぎ、最近多忙をきわめすぎて、というより、より正確に書けば、オイルにくたいにココロが附いて行かずバランスを崩し、軽い鬱に陥り、どうにもこうにも乗れなかったんだよ。

それが新婚の娘夫婦が新風をもたらしてくれたのと、時々訪れるブログから励ましを貰ったのとで、ちょっと元気がでてきました。ありがとございます。

御同輩、もう若くありませぬ。
倒れないくらいのスピードで参りましょう。ご勘弁下され。

では、せいこさんの句についたぼんの短句、それを選句したのはスギサク先生です。
つけてもらいました。
つけるときの先生のルールは意外にも窪田式でありましたよ。ふうん。

そこのところにも注目してください。

コメントはりつけます。
かささぎ発言はカット。

雪の札幌校の写真、コピペしようとしましたが、×がでました。けち。


  

∇呆夢の四句目付案

made in chinaのキッチンツール

小船が運ぶ漁師4人

ドルもユーロも先が見えない

の3句の中では、「小船が運ぶ」は打越の「往還」に戻る。
「キッチンツール」も体言止めが続く。
となると「ドルもユーロも」しかありません。

ドルもユーロも先が見えない

に対する付句は・・・と、雑でいいのね。

貧乏は餓鬼の頃から慣れてるぜ

混浴の温泉湯気に囲まれて

度の合わぬ眼鏡替えたし金はなし

 こんなんでどうでしょう?(杉浦兼坊)

第三連



炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ  夏

  往還端に戻る静けさ      呆夢  雑

海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ  整子  雑

  ドルもユーロも先が見えない   ぼん  雑

貧乏は餓鬼の頃から慣れてるぜ  杉作 雑

  妖刀氷柱と鞍馬天狗と      恭子   冬

五句目、スギサク先生の句ですが、混浴温泉の湯気とどっちにしようかと迷って、こちらを。
先がみえないについてるのは、そびきものの湯気ですが、世界経済の低迷から破たんが波及するにちがいない覚悟の一句ともよめる、いや、それどころか、それを期待すらしているかのような、ガキの頃から貧乏で、の一句に加担します。同世代でありますから、心情がわかる気がするんで。
まっこて、昭和はなつかしか。

鞍馬天狗にスギサク少年がでるんだそうです。
少年はつららをぽきんと折って、刀にしたかも。

第四連。
立句、正月の句をお願いします。575。

ことしいただいた賀状で、印象的だった句の一つに、

分け合えば足りる地球よ○○よ。

というのがありました。戸畑の太田一明先生のです。
感動しました。ほんとだねえとおもって。
○○よ、のところに季語が入ってたのですが、それ忘れた。
何が入ってもよさげ。
それいただきましょうか?嫁が君とかの季語を入れて。(おいおい)

しかしそうだと、賀状を探さねばならない。
かささぎの部屋はごちゃごちゃを通り越してぐにゃぐにゃなんだ。
ついでにあたまんなかも、ぐにゃぐにゃです。
すみません。発掘作業は骨ですさかい。

どなたか、なにかだしていただけませんか。
おねがいもうしあげまする。



消費税率の引き上げと医療(下)          消費税率アップが医療にマイナスになる場合

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 15 日 消費税率の引き上げと医療(下)

社会保障・税一体改革素案(平成24年1月6日閣議報告)に、医療と消費税について下記の言及があります。

~~~~~~~~~~~~

第2部 税制抜本改革

第3章 各分野の基本的な方向性

1.消費課税

(2)消費税率の引上げを踏まえ検討すべき事項

今回の改正に当たっては、社会保険診療は、諸外国においても非課税であることや課税化した場合の患者の自己負担の問題等を踏まえ、非課税の取扱いとする。その際、医療機関等の行う高額の投資に係る消費税負担に関し、新たに一定の基準に該当するものに対し区分して手当てを行うことを検討する。これにより、医療機関等の仕入れに係る消費税については、診療報酬など医療保険制度において手当てすることとする。また、医療機関等の消費税負担について、厚生労働省において定期的に検証する場を設けることとする。なお、医療に係る消費税の課税のあり方については、引き続き検討をする。

~~~~~~~~~~~~

消費税は(内需が維持できれば)1%の増税で2兆円の税収が増えるといわれています。

2015年に5%の増税で消費税率10%となれば10兆円の増収という皮算用です。

増収分のうち3分の1は地方の取り分ですので7兆円弱が国の増収ということになります。

この7兆円がすべて社会保障目的に使われるとすれば、社会保障給付費のうち医療の占める割合は3割ですので、2兆円が医療のために宛がわれるということになります。

総医療費は年に1.4兆円ずつ増えていますので2015年には43兆円となります。

この43兆円の医業支出のうち半分弱の20兆円が消費税課税される支出であるとすれば、医療機関の消費税負担は、5%の消費税率の引き上げで1兆円の負担増ということになります。

この負担増分が消費税の増収で「手当て」されるとすれば、差し引き1兆円の消費税が医療に回され医療が充実する、すなわち消費税率アップは医療にはプラスにはたらくということになります。

しかし、1%の増税で2兆円の増収はあくまで皮算用で、識者の推計には増収効果は1%あたり1兆円に満たないだろうというものも多数あります。

1%あたり増収が1兆円を切るようだと、医療機関の消費税負担増分の「手当て」の財源すら確保できないということになり、消費税率アップは医療にはマイナスということになります。

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月14日 (土)


TPPと診療報酬  薬価の引き下げ分で診療報酬のアップ分を補う

保健医療経営大学学長

  橋爪 章

2012 年 1 月 14 日 TPPと診療報酬

昨日開催された中医協総会に提出された資料により、平成24年診療報酬改定の金額ベースでの増減がわかります。

~~~~~~~~~~~~

全体改定率+0.004%

 診療報酬(本体)改定率+1.379%(約5,500億円)

(内訳)

医科+1.55%(約4,700億円)

歯科+1.70%(約500億円)

調剤+0.46%(約300億円)

 薬価改定率-1.375%(約5,500億円)

(内訳)

薬価改定-1.26%(薬価ベース-6.00%)(約5,000億円)

材料価格改定-0.12%(約500億円)

~~~~~~~~~~~~

診療報酬本体の引き上げ財源は、ほぼそっくり薬価の引き下げによって確保されていることがわかります。

今後、TPP交渉が進展すると、外資系医薬品の薬価引き下げへの抵抗が予想されますので、将来の診療報酬改定では財源を薬価に求めることができなくなるかもしれません。

米韓FTAで問題とされているような薬価の高騰が現実のこととなれば、薬価を確保するための財源として診療報酬本体から財源を供出しなければなりません。

TPP交渉は外交交渉なので交渉の経緯は非公開が原則です。

交渉担当官には守秘義務が課せられます。

TPP交渉は水面下で既に着手されているところですが、診療報酬に深刻な影響が及ぶことがないよう、医療の仕組みに明るい人に交渉を担当していただきたいものです。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

学長が交渉役をなさったら適任であるように思います。
どなたがなさるのかしりませんが、国運がかかってる。

ここ。ほれそこのきみぃ。
こればみらんね。動画おもしろいよ。

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65772646.html

2012年1月13日 (金)

消費税率の引き上げと医療(上)            非課税の医療費で発生する損税の問題

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 13 日 消費税率の引き上げと医療

消費税率が引き上げられると、消費者の懐を直撃します。

2014年4月に8%、2015年10月に10%へと引き上げることが政府の税制改革の柱で、その方向へと国政は向かっています。

物品やサービスを消費者へ販売する事業者は、消費税を消費者から徴収し、消費者が納めた税金を代行して納税しているだけですので、自らへの設備投資等を除いては消費税率引き上げの直接的影響は及びません。

しかし、消費税率の引き上げによる買い控えが起きたりしたら、それは打撃となります。

医療の場合、受診控えが起きたりしたら生命にかかわりますので、医療費(社会保険診療報酬)は消費税非課税となっています。

しかし、医療機関が購入する医療機器や医薬品や給食材料や外注委托業者への支払いには消費税がかかります。

もちろん、建て替えや改修などの設備投資にも消費税がかかります。

消費税率が上がっても診療報酬には変化がなく、従って医療機関の収入に変化がないとすれば、支払いにかかる消費税率アップの分だけ医療機関の経営の打撃となります。

大雑把に、医療機関の収入の半分が消費税が課税される支払いに充てられているとすれば、診療報酬に消費税率の半分相当が上乗せされない限り、医療機関にとって消費税は「損税」ということになります。

消費税率が10%ともなると、医療経営上は大打撃です。

民主党(税制調査会と社会保障と税の一体改革調査会)は、医療機関の高額な投資にかかる消費税負担に関し、新たな一定の基準に該当するものを区分して手当を行うことを検討する方針や診療報酬で手当する方針を示していますが、そのような「手当」に必要となる額は、医療費総額(36兆円)の大きさを考えると「兆円」のオーダーとなり、社会保障目的税化して消費税の増収分を医療に宛がったとしても足りないくらいの額となってしまいます。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇用語解説

損税とは・・・(おおお、もう6年も前の記事)

http://www.izai.net/week2no13.html

↑長すぎ。ひまないんだという人に、乱暴に説明すれば。
理不尽に損をする税金のこと。

∇かささぎ厨房日誌

よかった~。やっと今日、一人補充要員が入ってみえました。
二人もやめて、その分の過重労働にいつまで耐えられるかと案じていました。
みんながきついのでぴりぴりしていて、その分、未熟な私へきつい叱責がとぶという構図。
お昼ごはんをたべる十分くらいしか休めず、建前は九十分休みがとれるのに、そんなに休んだことは一度もありません。
パートタイマーでも仕事量は社員並み、サービス残業あたりまえ。
毎日七時半までなのに九時までも仕事がおわらない日が続けば、しかも、残業分は無給とくれば、やめたくなるのは当然です。

くそう。
やめるときは、チーフのほっぺたに張り手を二発このかわいらしいもみじのようなおててでおみまいしてやめようと思っていますが、いまのところは、まだもっています。

厳しくチーフに叱り飛ばされていることが、あれれ。
私生活では役にたってきつつあるんで。
これまで流し場に洗い物があっても、きつければそのままにして朝にもちこしたことがあったのですが、今やどんなにきつくてもその場で洗って片づけてから寝ないと気持ちが悪くなってきた。これはチーフの社員教育のおかげです。まるできついいじわる姑みたいなんだけど、それはありがたい小言だったのかもしれませんね。
それと。

最近こんな発見をしました。
私はまだソース類とデザートくらいしか作らせてもらえません。
ゼリーにかける日替わりソースを作っていたら、重さで量りなさい。と言われました。容積で量っていました、ccの計量カップで。
おなじではないかと思っていたのですが、まったく違いました。
みなさん、ご存知でしたか。
理科で比重は習っていたのですが、すっかり忘れていた。

無料医療セミナーのごあんない

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

医療セミナー2ndシリーズ

10月~12月に開催した「医療セミナー」が好評でしたので、本年度第2シリーズの「医療セミナー」(無料)を下の要領で開催します。

医療関係者に役立つ演題ですが、それぞれの演題と「医療」との距離は様々ですので、医療関係者に限らず、どなたでも歓迎いたします

開催時間は、いずれの回も1620 1750の90分間です。

開催場所は、保健医療経営大学です。

 

1月30日(月) 第1回 診療報酬・介護報酬改定の動向③

中央社会保険医療協議会、介護給付費分科会等における1月までの情報を統括して解説します。

講師:橋爪章 保健医療経営大学 学長

(専門分野:社会保障/保健医療行政/国際協力)

 

2月 9日(木) 第2回 変革する自治体会計の仕組み

新地方公会計モデルに基づく地方公共団体の会計構造を解説します。

講師:山崎敦俊 保健医療経営大学准教授

(専門分野:公会計論/会計学) 

 

2月16日(木) 第3回 マーケティングを睨んだ病院経営分析

診療報酬・介護報酬改定を睨んだ病院経営分析および分析指標に基づいたマーケティングを解説します。

講師:堺孝明 保健医療経営大学教授

(専門分野:循環器内科/保健医療経営/医療経済) 

 

2月23日(木) 第4回 バランス・スコアカード

企業戦略や企業目標を具体的に実現するための新しい業績評価システムを解説します。

講師:木下勝一 保健医療経営大学教授

(専門分野:簿記・会計/財務会計/管理会計/税務会計) 

 

3月 1日(木) 第5回 モチベーションを高める

スポーツ選手に用いられているモチベーション向上の方法について紹介します。

講師:藤原大樹 保健医療経営大学講師

(専門分野:運動科学/健康科学) 

 

3月 8日(木) 第6回 公益法人への招待

百年に一度の公益法人(公益財団法人・公益社団法人)制度改革について案内します。

講師:大隈義和 保健医療経営大学教授・福岡県公益認定等審議会会長

(専門分野:法学/憲法/地方自治) 

 

3月15日(木) 第7回 地域経済に学ぶ

なぜ『本格焼酎』が清酒を抜いて急成長してきたのでしょうか。その秘密を探ります。

講師:柿本信夫 保健医療経営大学教授

(専門分野:地域経済/公共政策/社会調査) 

 

3月22日(木) 第8回 自殺問題を考える

近年の我が国における自殺の特徴、社会的背景、対策課題等について解説します。

講師:清田勝彦 保健医療経営大学教授

(専門分野:社会学/社会調査) 

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月11日 (水)

斧田のやさしさに泣く。

文藝春秋社刊、『癌だましい』 山内令南・著。

あちこちよんだ。
わたしの励ましもオノダ流に処理して書かれていて、あっと思った。
おのだ。。。ありがとう。
わかれのあいさつ、ちゃんとわたしにもしてくれてたんだね。

数日前、ルネ・マグリットのオランピアが戻ってきたニュースを見ながら、あんたを思っていた。あんたは私にこの人の画集もくれてた。だから。

http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-d0ea.html

斧田千晴。

彼女の『喪失』という詩に感じる余韻。

たとえば、この部分。

あっけない歳月だった
赤ん坊がオムツを外し
サラリーマンが自営業になり
古いオモチャが押入れに転がる

斧田。連句的だよ。
あっけない歳月だった(起)
赤ん坊がオムツを外し(承)

サラリーマンが自営業になり(転)
古いオモチャが押入れに転がる(結)

さりげなくさらさらと書いて行っているようで、その実微妙にねじりながら展開させていってる。その技法は、連句的だ。

あなたとなんどか連句作品を巻きましたよね。

たのしかったよ。

欣求浄土についたコメントをここにはりつけます。
あなたのこの本を読んだころでした、パリ十二区僕たちのクラス、という仏映画を博多のソラリアで一人でみた。そのとき、出演者の一人の少女が担任教師にむけて吐く、強烈な言葉がありました。
プラトンの国家のなかのことばだったのよ。
担任はその少女たちを態度が下品だという理由だけでどこか軽くあしらっている。
ところが、少女には現実的な夢が胸に鬱勃たる火をつけている。
それを担任は少女の書いた一文によって知る。みかけだけで人を判断することの愚かしさ。

コメント

おのだ。
いたみはないのか。
癌で何がこわいかといえば、痛みだろう。
死ぬのはこわくないとしても、しぬほど痛いというその痛みに、たえられるのだろうか。
なんもせんでじっとしとるのは、おさんの陣痛をまつのとはぜんぜんちがう次元のはなしで。
あたしゃわからん。
小説なんかではここでヤクがでてくるけど、それは処方してもらわないと入手できまい?
とにかく、しぬまでは生きている。
まだ死なんどき。
星野療法、教えてくれてありがとう。

ひめどん。
この「欣求浄土」という書籍、貸してもらえまいか。
もちろん、必ず返すから。

このブログにときおり、オトコなのかオンナなのかわからない中性的なコメントを残すおのだ某氏に、以前からいたく興味をそそられていました。(この記事を読んで、「興味をそそられる」という表現がいかに不適切かを痛感しつつ、あえて正直に書かせていただいた)
そして、この端書にふたたび、おのだ某氏がどんなじんぶつなのかを知りたいという強い欲求にかられています。

せいちゃん、ありがとう。連句会で必ず。
今度の本のあとがきをよんで、はじめて知ったことがあります。このひとはひどく内向的な文学少女だったんだな。ってことです。お寺の娘、独身、それから数年前僧侶だった父と兄をつづけて失った、最近の職業は介護職だったということしか知らなかった。
ここにとりあげた詩から、主婦かと思うかもしれませんが、そうではないのです。これは仮託して書いたもの、フィクションです。とわかって読み直すと、またあらたなものがみえると思いませんか。

オノダのことば。(あとがきから)

十四歳の時からプラトニストを自認する私には、死を恐れるということ自体、想像がつかない。「肉体という牢獄からの、魂の解放」である死は、喜びでこそあれ、恐れなど、どこをどう探しても見つからない。プラトンの『国家』第十巻にある「エルの物語」は、最も親しんだ話である。レーテーの野に辿り着いたあかつきには、決してアメレースの水を飲まないようにしよう・・・。
中略ー
四歳の時、初めてひらがなが読めるようになった。
次々と絵本を読んでいった。
『小公子』と『若草物語』は生涯忘れえぬ本である。
ここからプラトンまでは遠いように見えて、案外近い。
古典文献学の面白さは、ハイデッカーから学んだ。『アナクシマンドロスの言葉』はワクワクして読み、『真理の考察について』は言葉への考察を深める重要さを教えてくれた。廣重渉に衿を正され、中村雄二郎の優しさに触れ、丸山圭三郎に驚嘆した八十年代は、コンラート・ローレンツにハマった年代でもあった。ドストエフスキーに沈潜したのちのことである。ライアル・ワトソンに身を任せたあとは、アイザック・ディネーセンに浸った。
件のライアル・ワトソンが亡くなったことも知らないでいたが『エレファントム』は彼の真骨頂に再会したようだった。いつのまにか亡くなっていたといえば、E・M・シオランもそうだ。八十歳を越えての逝去、思いの外、ご長寿だった。
最近になって、ようやく知った須賀敦子。これまで接点のなかったことが不思議である。のめり込むように読んでいる。遅くはなかった。そう、間に合ったのだ。

オノダチハル的読書歴、抜書きしました。
つくづく立派だ。
あのね。わたしは、あなたが、どっさり本をおくってくれたのを、いささかげんなりして、うっぷってなっとったんよね。それで、なにも返事もしないでいたんだ。
(おそろしかろ?あたしはそういう横着で薄情なとこがあるんだよね。)ところが、つい、らんちゃんにこのことを言ったら、らんちゃんが、今は読みたくなくても、いつかきっと恭子ちゃんは読みたくなるよ。って言ってくれた。そうか、そういうものかもなあ。いや、きっとそうに違いない。と思い直して、そしたら、おのだに本のお礼がすうっと言えた。

心配してくれてた。ごめんね。どっちが病人かわからんね。じぶん、ものすごくわがままだし、人を許せないところがある。ということは自分を許せないってことで。
らんちゃんはおなじ病を克服したから、人のきもちがよくわかるんだろうね。

おのだ。やめにこんね。みんな、かんげいします。

爪を切る
  斧田千晴

私はあなたの爪を切る
指を支え
爪切りの刃を当て
パチン、パチンと音を立て
あなたの爪を切っていく

この仕事に就いていなければ
決して会うことのなかったあなた
九十余年を生き抜き
老い、病を抱え、要介護認定を受け
今、私の前に座る
デイサービスセンターの利用者として
皺と染みに埋もれた手から
あなたの人生を紡いできた指が伸びる
その先にある小さな爪を
私は順番に切っていく

父の爪も
母の爪も
切ることなく送った私に
課せられたような老人の爪切り
私の手に触れる
あなたの手が温かい
千載一遇の文字が
私の脳裏に明滅する
爪を切る音と呼応するように
パチン、パチン、パチン・・・

すごい!、誰の名前も、題名も知らない。おのださんがそばにいたら、果たして友達になっていたか。遠くで見つめていただけかもしれません。

らんちゃんの言葉いいですね。らんちゃんには「たおやか」という言葉が似合うと思わん?

うん。おもう。
らんちゃんが東妙寺らんというなまえを名乗ったのは、必然だったんだろうな。古賀の音彦サンがはじめてあったときに、かささぎの記憶では堺やでです、その名前をきいて、ほんとに家の近くにその名の寺がなかったかと聞かれた、その意味も、先だって借りた佐賀の本で、ぱっと開いた頁に、地図つきの東妙寺の記載があったので、なるほど。とおもった。何の寺かは、まだ調べていませんが。笑
オノダは種田ちさとという、やさしいきれいな名前があるのに、なぜおっかない斧田にしたのだろうかなあ。
ってことで、今から買い物にいってきます。冷蔵庫に食糧がなにもなかった。次男を荷物運びにつれてく。

ただいま。
トライアル、でんきやさんの前の、は、夜中もあいていた。はじめて夜中にいったら、結構多かった。
安いです。たとえば、納豆が68円。丸美屋の。
塩さば一尾258円。白菜四分の一カット128円。キューイ五個で398円。つがるりんご一個98円。おでんだね各種一個29円。(←ぎょうざまきとか牛すじとかごぼうまきとか三角揚げ豆腐とかイカ天とか)
八女で最も品質がいい商品をおいてあるスーパーは、エーコープ八女(納楚)だけど値段はそれなりします。が、品質うんぬんを気にしなければ、ここはとても安い。若い人が多いはずだわ。
いまにしてわかる、ベスト電器があっちへいったわけ。

おのだ~~~!!おのだ、なんでしんだんだよう。
おれがいくまでいきてろっていったろうがよう。

母が泣いた。
ごみばこからひろいだした死亡通知をみて、わたしがこれはいつかどっさり段ボール箱に本をおくってくれた友達の死をしらせたものだっていうと。かささぎはそういう通知がきていたこともきづかず暮らしていた。

私、その中の本を1冊お借りしているままでした。
ご冥福をお祈り致します。

御紹介ありがとうございます。

斧田千晴の『癌だましい』を書店に注文して、受け取りに行ったのが暮れも押し詰まった大晦日。
ところが、筑後のその書店はもう閉まっていた。
まだ入手できていません。「俳句」一月号もです。
今日、検索してみたら、たくさん出ます。
賞をとるというのは、それほどまでにすごいことなんですね。
東京新聞での書評です。↓



乙四郎先生に学ぶ国際協力論~ケニア共和国輸血の安全性確保プロジェクト

保健医療経営大学学長

 

 橋爪 章

2012 年 1 月 11 日 ケニア共和国輸血の安全性確保プロジェクト

明日、長崎大学で国際協力の「評価」に関する講義をいたします。

次の終了時評価報告を講義題材として整理しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ケニア共和国輸血の安全性確保プロジェクト

2006/10/202009/10/19

協力金額:2億7千万円

先方関係機関:医療サービス省、国家輸血サービス(NBTS)、ナクル地域血液センター(RBTC)、リフトバレー州総合病院、ナイバシャ県病院、コイバテック県病院

協力の背景と協力内容

ケニア共和国の血液事業は、輸血が必要になった際に患者の親族や友人から供血者を募り、採血を行うシステムに長年拠っていましたが、HIVをはじめ血液由来の感染症の危険が指摘されるとともに、供給体制の不備や血液製剤を使用する病院側の管理面が問題視されました。ケニア国政府は2001年に国の血液事業に関するガイドラインを策定し、自発的・無報酬の献血を促進し、血液センターで採血・検査・血液製剤化し、品質の確保された血液製剤を各病院に供給するシステムへの移行を進めています。ケニア国政府は我が国に血液製剤の安全で無駄のない適正使用の技術協力の要請を行いました。

(1)上位目標

プロジェクトで実証された、血液製剤の安全で無駄のない適切な使用に対するアプローチが、ケニア国内の他の輸血サービス機関に適用される。

(2)プロジェクト目標

血液製剤の安全で無駄のない適切な使用に対するアプローチが開発・実証され、国の基準として適用される。

(3)成果

1)血液事業に関係する機関・施設間の連携や情報共有が強化される。

2)小児用小容量濃厚赤血球製剤がRBTCナクルで安全に調製される。

3)RBTCナクル、モデル病院及びナクル地域の非モデル病院で、血液及び血液製剤のロジスティクス管理が改善され、そのシステムがケニアの他地域に導入される。

4)モデル病院で血液製剤が安全かつ適正に使用される。

(4)投入

日本側:長期専門家派遣 2名  短期専門家派遣 7名

研修員受入れ 19名

機材供与 2864万円  ローカルコスト負担 3070万円

相手国側:カウンターパート(C/P)配置 24名

土地・施設提供  ローカルコスト負担 2億4056万ケニア・シリング

<終了時評価調査結果>

200712月の国内治安情勢の急激な悪化により日本人専門家のモデルサイトへの立ち入りが禁止となり、暴動によりモデル病院の活動も休止状態となりましたが、ナイロビからの遠隔運営によりプロジェクト目標は達成される見込みとなり、プロジェクトの有効性は高いと判断されました。C/Pの能力が大きく向上し、記録や文書化がなされ、課題発見と分析による解決のための行動をとることができるようになりました。

米国大統領エイズ救済緊急計画資金の拠出の遅れやJICA専門家(チーフアドバイザー)の派遣遅延はプロジェクト前半期の活動の円滑な実施に影響を及ぼしましたが、ローカルコンサルタント(前NBTS所長)の雇用によって目覚しい活動の進捗があり、効率性は高いと判断されました。特に本邦研修を受けたC/Pが研修成果を生かしてプロジェクト活動実施に大きく貢献しました。

予期せぬ小児用小容量濃厚赤血球製剤の色調変化の問題発生が活動の進捗に影響を及ぼしましたが、この問題の発見・解決の過程を通してC/Pのキャパシティ・ディベロップメントにつながったこと、モデル病院の医師が異動先の他病院でも活動を展開したことなどのインパクトもありました。

政策面・技術面での自立発展性は非常に高いと判断されましたが、財政面についてはケニア政府がBTSの維持に必要な財源確保についての明確な考え方と計画を策定する必要があります。この点については、コスト・リカバリー・システムと国家予算配分について検討すること、必要な予算規模についてはコスト分析を明らかにすることなどを提言しています。

このプロジェクトから得られた教訓は次の通りです。

(1)開発パートナーと協力分野を区分して実施したために、支援対象に集中して効果的な活動が実施可能であった。しかし、一方でその前提条件である各パートナーによる活動が計画通り実施されない場合には、プロジェクトは深刻な困難に直面する。

(2)現場での日本人専門家からC/Pへの直接の技術移転によるキャパシティ・ディベロップメントは、JICAが比較優位を有する効果的なものであることが確認された。このような技術移転の手法は、移転した知識と技術を更に拡大するその後の活動においても、C/Pのオーナーシップを醸成し自発性を促進するのに、非常に有効である。

(3)リスクマネージメント領域の協力はJICAにとって新しい協力分野である。リスクマネージメントは安全性という究極の目標を追求するものであり、JICA協力後も途上国自身が自立的、持続的にリスクマネージメントの制度改善や技術向上を進めていくことを支援すべく、それらの基盤となる制度や仕組みの構築支援に注力することに意義がある。今後も様々な角度からの議論が必要な領域であるが、特に途上国においてはこれら制度・仕組みの構築のプロセスとして、やはりキャパシティ・ディベロップメントが重要かつ有効であることが示唆される。 

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

久々の国際協力論です。
去年はこのような国々へのこのような協力を学びました。

中国;http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-f19a.html

   http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-987b.html

ホンジュラス;http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-3a87.html

ほかにもいろいろ。マダガスカルが記憶に新しいです。

2012年1月10日 (火)

八女福島の燈籠人形

八女福島の燈籠人形

2009・9・23の日付入り愛蔵写真集。
プロの写真集はメリハリがあって美しい。

三階では

かささぎの従兄は手前から二人目、おうたい中。
去年の秋は八女福島燈籠人形も招待されて京都巡演したとのこと。
老後の生きがいになっているようです。

厚生労働省平成24年度予算案のポイント(11)障害者施策

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 10 日 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(11)

<障害者施策>については、良質な障害福祉サービスの確保のために7434億円が計上され、障害者等が地域や住み慣れた場所で暮らすために必要な障害福祉サービスが計画的に確保されるとともに、平成24年4月に+2.0%の障害福祉サービス費用(報酬)の改定が行われ、福祉・介護職員の処遇改善、通所サービス等の送迎を含む障害者の地域生活の支援、障害福祉サービスの質の向上等が推進されます。

地域生活支援事業の着実な実施には450億円が計上され、移動支援やコミュニケーション支援など障害児・者の地域生活を支援する事業について、市町村等での事業の着実な実施や定着が図られます。

また、障害児・者が地域生活へ移行するための支援や、安心して地域で暮らすことができるための支援体制を整備するため、地域での相談支援の中核的な役割を担う基幹相談支援センターの機能強化や成年後見制度の利用が促進されるとともに、児童発達支援センターの地域支援機能の強化など障害児支援の充実が図られます。

障害児・者への福祉サービス提供体制の基盤整備には117億円が計上され、障害児・者の地域移行・地域定着支援や就労支援の充実を図るため、生活介護や就労継続支援等の「日中活動の場」の基盤整備が推進されるとともに、グループホーム等の「住まいの場」の整備が推進されます。

また、基幹相談支援センターの設置が促進されるとともに、児童発達支援センターの地域支援機能の強化や障害児入所施設の小規模グループによる療育など障害児支援の充実を図るための整備が推進されます。

さらに、災害時に、障害福祉サービス事業所や障害児施設等に障害児・者の緊急の受入が可能となる設備等を備えた防災拠点等の整備が推進されます。

なお、これまで社会福祉施設等施設整備費補助金の整備対象としてきた大規模修繕等及び保護施設等の整備については、平成24年度からは地域自主戦略交付金(一括交付金)による対応となります。

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月 9日 (月)

厚生労働省平成24年度予算案のポイント(10)医療イノベーション

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 9 日 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(10)

<医療イノベーション>については、ライフ・イノベーションの一体的な推進に127億円が計上されています。

(1) 個別重点分野の研究開発・実用化支援に71億円。

(内訳)

①がん診断・治療研究の推進 16億円

・難治性がん、小児がん等の希少がんを中心に、革新的診断法・治療薬の実用化のための質の高い臨床試験が推進されます。

B 型肝炎の創薬実用化研究等の推進 28億円

B 型肝炎の画期的な新規治療薬の開発等を目指し、基盤技術の開発を含む創薬研究や、治療薬としての実用化に向けた臨床研究等が総合的に推進されます。

③気分障害の診断・治療研究の推進 50百万円

・うつ病などの気分障害の客観的な診断法や病態メカニズムに応じた効果的な治療法の研究・開発が推進されます。

④希少疾病用医薬品・医療機器の開発支援 2億円

・極めて患者数の少ない希少疾病に効果のある医薬品・医療機器の開発に取り組む企業への助成率の引上げ等、開発支援の充実が図られます。

⑤再生医療、iPS 細胞研究等の推進 12億円

iPS 細胞等ヒト幹細胞を用いた再生医療技術の基盤を構築するとともに、臨床応用に向けた免疫拒絶対策等の研究、iPS 細胞から分化・誘導した細胞による創薬・医薬品の安全性評価への応用が推進されます。

⑥個別化医療の推進 13億円

・個人のゲノム情報に基づく個別化医療の推進に必要な基盤を整備するため、国立高度専門医療研究センターが連携してバイオバンクを整備し、収集した生体試料を活用した研究が推進されます。

(2) 臨床研究中核病院等の整備及び機能強化に34億円。

(内訳)

①臨床研究中核病院の整備 26億円

・日本の豊富な基礎研究の成果から革新的な医薬品・医療機器を創出するには、質の高い臨床研究のデータをもとに薬事承認につなげる必要があることから、国際水準(ICH-GCP準拠)の臨床研究の実施や医師主導治験の中心的役割を担うとともに、最適な治療法を見いだすための臨床研究を実施する基盤として、臨床研究中核病院が5 箇所整備されます。

うち1箇所は、被災地域での革新的な医薬品・医療機器創出拠点の形成を通じ、質の高い臨床研究を実施するとともに産業集積、新産業創出により復興を図ることを目的として、復旧・復興対策経費により整備されます。

②国際水準で実施する臨床研究等の支援 8億円

・臨床研究中核病院での国際水準の臨床研究を支援するとともに、国立高度専門医療研究センターの体制整備を行い、臨床研究等が支援されます。

(3) 技術の進歩に対応する薬事承認審査・安全対策の向上に21億円。

(内訳)

①安全性・有効性の評価法の確立、人材の育成 12億円

・革新的な医薬品・医療機器・再生医療製品の、臨床上の評価に関するガイドライン(審査の方針、実用化研究において考慮すべき安全性と有効性確保のための考え方)を国が作成するため、最先端の技術を研究している大学等におけるレギュラトリーサイエンス(※)を基盤とした安全性と有効性の評価法の確立が支援されます。

※レギュラトリーサイエンス:科学技術の成果を人と社会に役立てることを目的に、根拠に基づく的確な予測、評価、判断を行い、科学技術の成果を人と社会との調和の上で最も望ましい姿に調整するための科学。

・開発途上の最先端の技術の安全性と有効性を評価できる人材を育成するため、その大学等、国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)等の間で人材交流を行います。

②薬事承認審査の迅速化に必要なガイドラインの作成に向けた研究の推進等 3.7億円

・革新的な医薬品・医療機器・再生医療製品について、安全性と有効性を確保しつつ審査を迅速化するため、NIHSPMDA において審査に必要なガイドライン作成の基盤となるレギュラトリーサイエンス研究が推進されます。

・革新的な医療機器の承認後における安全かつ適正な使用を確保するため、関連学会と連携して、医療機器を使用する際の人的・施設的要件に関するガイドラインを作成します。

③安全対策の強化 3.5億円

・新技術の未知のリスクに対応し、医薬品・医療機器・再生医療製品の安全対策の強化・充実を図るため、PMDA において大規模医療情報データベースを安全対策に活用するための分析手法を開発します。

・特に安全性情報が限られる小児への医薬品の使用情報を収集するため、独立行政法人国立成育医療研究センターに「小児と薬情報センター」が設置されます。

④生産・流通のグローバル化への対応 1.8億円

・医薬品・医療機器・再生医療製品開発のグローバル化に対応した審査体制を整備するため、海外主要国における医薬品・医療機器・再生医療製品の承認情報についてこれまでの承認情報を整理するとともに、新規の承認情報をタイムリーに把握し、データベースが構築されます。

・個人輸入される偽造医薬品等の監視・取締りや啓発に活用するため、健康被害や医薬品等の不正な輸入に関する情報を収集するホットラインを設置するとともに、消費者に偽造医薬品等に関する注意啓発が行われます。

(4)費用対効果を勘案した医療技術等の評価に関する研究・調査に7千5百万円。

・医療技術等の保険償還価格の設定に関し、さらなるイノベーションの評価や、開発のインセンティブを確保しつつ費用対効果を勘案した技術等の評価を行うため、海外報告事例の調査や適応の可能性についての検討等が行われます。

保健医療経営大学学長ブログ転載

霜とかしに汚れてしまった月

霜とかしに汚れてしまった月

帰宅が最近九時過ぎることが多い。
厨房で居残り作業をして帰るから。
駐車場にはかささぎのボコボコフィットしかない。
一台、ぽつんととまっているのを開けて、暖機運転。
窓が凍り付く。
霜とかしスプレーを外からシャーっとかけて。
窓越しの月を一度ぐじゃぐじゃにしたのち、拭いて、きれいに調える。

2012年1月 8日 (日)

ササラ電車第三連の三と長谷川櫂の短歌

第三連

 

炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ  夏

  往還端に戻る静けさ      呆夢  雑

海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ  整子  雑

付句案

1、海底をいまだ漂ふ魂(たま)いくつ
2、不足分は掻払ひ(かっぱらい)して補へと
3、贖罪の山羊「チキショウ」と鳴き給ふ

せいこさんがつけてくれた三句。

荒神輿の句は神祇の句です。
それにつけたぼんの句は、なんということもない景気の句ですが、おうかんばた、ということばは、なぜか生死を暗喩する。
それをまっすぐうけた、海底を、の無常句を、いただきます。

わたしは九州俳句誌に長らく随想を書かせていただいている。
それがここへきて、どうにも書けなくて苦しい。
俳句もかけない。文章もかけない。
にっちもさっちもいかない。

というところへおいこまれて、はっと思いだし、『俳句』誌を求めてきた。
月野ぽぽなさんの句が載っている一月号。

そこで私はつぎのような歌をみた。

かりそめに死者二万人などといふなかれ
親あり子ありはらからあるを    長谷川櫂

小川軽舟(鷹主宰)さんが書かれている一文によって知りえたのですが、長谷川櫂氏は元新聞記者だったそうで、その血がさわぎ、俳句ではこの歴史的大惨事は表現できぬと、震災後わずか二週間にも満たない期限に読み上げた歌をあつめて、震災歌集として出版されたとか。
そのなかの一首だそうです。

つぎをつけてください。雑。77.

厚生労働省平成24年度予算案のポイント(9) 貧困・格差対策の強化

保健医療経営大学学長

 

 橋爪 章

2012 年 1 月 8 日 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(9)

<貧困・格差対策の強化>には、求職者支援制度による職業訓練や給付金の支給等を通じた就職支援に1479億円が計上されています。

また、セーフティネット支援対策等事業費補助金(237億円)の使途として、次の事業が行われます。

 生活保護受給者の就労・自立支援対策(トランポリン機能)の強化

生活保護受給者や生活保護に至るおそれのある者のうち、通常の就労支援では直ちに就職には結びつきにくい方を対象に、生活のリズムづくりなど基本的な日常生活習慣の改善支援、就職に結びつきやすい清掃・警備・介護などの基礎技能の習得支援、能力に合わせたきめ細かい個別求人開拓等の取組が総合的に実施されます。

②子どもの貧困対策支援の充実(「貧困の連鎖」の防止)

生活保護世帯などの子どもやその親への養育相談・学習支援等を実施し、生活保護世帯の子どもが大人になって再び生活保護を受給するといった「貧困の連鎖」の防止が図られます。

 地域生活定着促進事業の実施

高齢又は障害により自立が困難な矯正施設退所者の社会復帰や地域生活への定着をより促進するため、各都道府県の「地域生活定着支援センター」と保護観察所が協働して、入所中から退所後まで一貫した相談支援が行われます。

このほか、貧困・格差に関する指標の開発に3百万円が計上され、貧困・格差の実態を総合的・継続的に把握し、施策に反映できるよう、各国の指標を参考としながら、客観的な貧困・格差の指標を開発するための検討会が開催されます。

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月 7日 (土)

厚生労働省平成24年度予算案のポイント(7)(8) 労働条件の向上とたしかな保障網構築のために

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 6 日 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(7)

<ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現>については、まず、有期労働契約に関する新たなルールの整備に5千3百万円が計上され、有期労働契約によって働く労働者について、雇用の安定や公正な処遇の実現に向けた法制度の整備について検討されます。

パートタイム労働者の均等・均衡待遇の確保と正社員転換の推進には5億円が計上され、パートタイム労働法に基づく指導、専門家による相談・援助や職務分析・職務評価の導入支援が行われるほか、パートタイム労働者の公正な待遇の確保に向けた法制度の整備についての検討されます。

過重労働の解消等のための働き方・休み方の見直しには11億円が計上され、都道府県労働局に働き方・休み方の改善のためのコンサルタントが配置され、恒常的な長時間労働などの実態がみられる業種や職種を重点に過重労働の解消に取り組むとともに、計画年休制度の導入促進などにより、年次有給休暇の取得が促進されます。

職場でのメンタルヘルス対策の推進には36億円が計上され、ストレス症状を有する人への面接指導制度の創設や、産業医が他の医師等と連携してメンタルヘルス対策を実施する体制の整備に向けた法令等の整備が行われます。

また、事業場でのメンタルヘルス対策を含めた産業保健活動の支援の充実が図られます。

職場での受動喫煙防止対策の推進には7.4億円が計上され、職場の全面禁煙または空間分煙等による受動喫煙防止対策の事業者への義務付けなどの法令等の整備が行われます。

また、受動喫煙防止対策に係る相談対応等の技術的支援や、喫煙室設置に係る財政的支援が推進されます。

最低賃金引上げにより最も影響を受ける中小企業への支援と最低賃金の遵守の徹底には41億円が計上されています。

2012 年 1 月 7 日 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(8)

重層的なセーフティネットの構築のため、雇用調整助成金を活用した企業の雇用維持努力への支援の実施に2101億円が計上され、雇用調整助成金や中小企業緊急雇用安定助成金を活用し、引き続き労働者の雇用の維持に取り組む事業主が支援されます。

 

雇用保険制度によるセーフティネットの確保には 1714億円が計上され、リーマン・ショック以降の雇用失業情勢の悪化に対応するための給付日数の延長(個別延長給付)等の暫定措置(平成23年度末までの措置)について、依然として厳しい雇用失業情勢にあることなどから、2年間の延長の措置が講じられます。

 

失業等給付に係る雇用保険料率は平成24年4月1日から1.2%を1.0%に引き下げられる予定です。

 

なお、失業等給付費は1兆7790億円が計上されています。

 

求職者支援制度による職業訓練や給付金の支給等を通じた就職支援には1479億円が計上され、東日本大震災の影響による全国的な雇用の悪化への対応を含め、「求職者支援制度」により、雇用保険を受給できない求職者に対し、求職者が新たな職業能力や技術を身につけるための職業訓練が実施されるとともに、訓練期間中の生活を支援するための給付金が支給されること等により、求職者の早期の就職支援が行われます。

 

「福祉から就労」支援事業の拡充には40億円が計上され、自治体とハローワークの協定等による連携を基盤とし、生活保護等の福祉給付受給者を対象に、申請段階等からの早期アプローチ、求人開拓、能力開発を通じたマッチングや定着に向けたフォローアップ等就労支援の強化が図られます。

保健医療経営大学学長ブログ転載

用語・セーフティネットとは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88

がんばるそらまめ

がんばるそらまめ

2012年1月 5日 (木)

厚生労働省平成24年度予算案のポイント(6)  就労促進

保健医療経営大学学長

  橋爪 章

2012 年 1 月 5 日 厚生労働省平成24年度予算案のポイント(6)

就労促進>については、全員参加型社会の実現として、「大学生現役就職促進プロジェクト」の推進等による新規学卒者等の就職支援の強化に112億円が計上されています。

大学の未就職卒業者等の減少を図り、将来の日本を担う人材として育成するため、「新卒応援ハローワーク」を拠点としてジョブサポーターを配置し、主に現役大学生を対象に、ジョブサポーターの大学への恒常的な出張相談や、大学等の協力を得て未内定者の全員登録・集中支援などを行う「大学生現役就職促進プロジェクト」を実施するなど、新規学卒者等への就職支援の強化が図られます。

また、東日本大震災の被災地の新卒者・既卒者等への就職支援も強化されます。

「若者ステップアッププログラム」によるフリーター等の就職支援の強化には65億円が計上され、個別支援など専門的支援を中核として、トライアル雇用の活用や職業訓練の活用等が推進されます。

大都市部には、支援拠点が設置されます。

ジョブ・カード制度の推進には105億円が計上され非正規労働者等のキャリア・アップが支援されます。

「ジョブ・カード」の対象となる訓練が公的な訓練全般(公共職業訓練や求職者支援制度による訓練)に拡大されます。

また、求職者と求人企業とのマッチングでの活用の促進や、「ジョブ・カード普及サポーター企業」の開拓等により「ジョブ・カード」の取得促進が図られ、キャリア形成支援の観点から、「ジョブ・カード」の対象者が中小企業等の在職労働者や大学生等に拡大されます。

女性の就業の拡大(就業率のM字カーブの解消)には120億円が計上され、男女雇用機会均等対策の推進、育児休業、介護休業等を利用しやすい職場環境の整備が図えあれます。

子育て中の女性等がその能力を発揮できる職場を確保できるよう、マザーズハローワーク事業の設置拠点が拡充(168箇所→173箇所)されます。

希望者全員の65歳までの雇用確保には44億円が計上され、公的年金支給開始年齢(報酬比例部分)の65歳への引上げが平成25年度から開始されることに伴い、65歳まで希望者全員の雇用が確保されるよう雇用と年金を確実に接続させるための法整備について検討されるとともに、定年を控えた高年齢者でその知識や経験を活かすことができる他の企業での雇用を希望する者を職業紹介事業者の紹介により雇い入れる事業主への助成など、企業の取組への必要な支援が行われます。

雇用率達成指導の強化、地域の就労支援力の更なる強化には82億円が計上され、中小企業に重点を置いた雇用率達成指導や就職面接会が実施されるとともに、雇用と福祉の連携のための「障害者就業・生活支援センター」の拡充(322箇所→327箇所)・機能強化が図られます。

障害特性・就労形態に応じたきめ細かな支援策の充実・強化には29億円が計上され、ハローワークでの精神障害者や発達障害者への支援体制や在宅就業障害者への支援の充実が図られます。

成長分野の人材育成の推進には2053億円が計上され、介護・福祉、医療、子育て、情報通信等の成長分野について、民間教育訓練機関等を活用した実践的な公共職業訓練及び求職者支援訓練が推進されるとともに、訓練修了者への就職支援が強化されます。

また、環境・エネルギー分野など、今後成長が期待される分野で、事業主等への委託による職場での実施を主体とした実践的な職業能力を付与する職業訓練の実施(成長分野人材育成プログラム)が推進されるとともに、事業主団体、大学等と連携し、カリキュラムの開発等が行われます。

新事業展開地域人材育成支援事業の推進には1億円が計上され、地場産業が集積する地域の業界団体等(事業協同組合等)が教育訓練機関と連携し、新たな事業展開を図る企業に対し、教育訓練カリキュラムの開発・教育訓練の実施等の支援を行うことにより、地域の活性化・雇用の確保を図る観点で地場産業を支える企業の人材育成支援が行われます。

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月 4日 (水)

東日本大震災復興特別会計(仮称)の主な施策(3) 今後の災害への備え

保健医療経営大学学長

  橋爪 章

2012 年 1 月 4 日 東日本大震災復興特別会計(仮称)の主な施策(3)

今後の災害への備えのための予算は次の通りです。

○医療情報連携・保全基盤の整備 9.5億円

・医療機関の主要な診療データを、平時から標準的な形式で外部保存しバックアップすることにより、災害時にも過去の診療情報を参照できる手段を確保し、継続した医療の提供を可能とするとともに、平常時には連携医療機関相互でデータの閲覧を可能とし、質の高い地域医療連携に活用できる医療情報連携・保全基盤を整備する。

○災害時の安心につながる在宅医療連携体制の推進 10億円

・災害が発生した場合にも在宅医療を必要とする人が安心して医療サービスを受けることができるよう、地域での多職種協働による包括的かつ継続的な在宅医療の提供に向け、医療機関等による連携を推進するとともに、災害時の在宅医療に必要な備品の整備を併せて行う。

○災害時の障害児・者への福祉サービス提供体制の基盤整備 45億円

・災害時に、障害福祉サービス事業所や障害児施設等に障害児・者の緊急の受入が可能となる設備等を備えた防災拠点等の整備を推進する。

○水道施設の防災対策 176億円

・東日本大震災を教訓として、東海地震や東南海・南海地震など、大地震の切迫性が高いと想定される地域での水道施設の耐震化を推進する。

なお、基幹管路の耐震化率は平成22年度は31%でした。

○発達障害者への災害時支援 4千5百万円

・発達障害者支援センター等の関係機関の連携による災害時の対応や避難場所の確保など、災害時の支援に効果的な方法等のマニュアルを作成する。

○国立高度専門医療研究センターによる東日本大震災からの医療の復興に資する研究 5億円

・被災地の医療復興を実現するため、国立高度専門医療研究センターの専門性を活かして、個別の疾患等の特性に応じた在宅医療や心のケアに関する研究を実施する。

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月 3日 (火)

東日本大震災復興特別会計(仮称)の主な施策(2) 原子力災害からの復興

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 3 日 東日本大震災復興特別会計(仮称)の主な施策(2)

原子力災害からの復興のための予算は次の通りです。

○放射性物質による食品等の汚染に対する取組みへのWHO 等による支援 9千5百万円

WHOや国際がん研究機関(IARC)が食品等に関する検査等に対して助言や諸外国から信頼される情報発信等の支援を行うに当たり必要な費用を拠出する。

○食品中の放射性物質対策の推進 2億円

・食品中の放射性物質の安全対策を推進するため、新たに設定する基準値について、食品の汚染状況や摂取状況を調査し、継続的に検証するとともに、国において流通段階での買上調査を実施するなどの対策を推進する。

○自治体における食品中の放射性物質の検査体制の整備支援等 5.1億円

・食品中の放射性物質の安全対策を推進するため、新たに設定する基準値の下で円滑にモニタリング検査が行えるよう、自治体の検査機器の整備に対して補助を行うとともに、食品中の放射性物質に関する調査研究を行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

2012年1月 2日 (月)

ササラ電車 第三連の三句目つけてください。

第一連

雪撥ねてササラ電車が街をゆく   杉浦兼坊

 降り積むものを擁(かいいだ)く冬  姫野恭子

卓上に葉書いちまい置かれゐて  山下整子

 セルロイド製筆箱の蓋       中山宙虫

サワと鳴る草木のなか月匂ふ    八山呆夢

 あしたの杯に古酒あふれさせ      青翠えめ

第二連

うらやましきは欠航しらずの石たたき 竹橋乙四郎

 Face bookで出会ひました      神崎さくら

乳首にはデビットボウイ耳たぶにはエリックカルメン  中山宙虫

 リネン庫といふ暗室           整子

「切らなければ助からない」と医師言ひし    恭子

 ふたりのくらしにみづすましが棲む    宙虫

第三連

 

炭酸の泡も弾けて荒神輿     えめ

  往還端に戻る静けさ      呆夢

∇つぎ、雑でおねがいします。

季語はいらない575.

時事句とかいいかも。

ひさびさに、ばどさんがコメントされていました。

連句的にこれを思い出しました。

蝉が鳴くチキショウと  長渕剛の書と句http://tokowotome.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/07/15/sn3d0684.jpg

さがほのか。

暮れに、いちごの「さがほのか」が娘の舅から送られてきました。

初めて食したさがほのかはとっても爽やかで甘くておいしかった。
八女の私は、とよのかとあまおうしかたべたことがなかったなあ。

なぜ宮崎でさがほのかなんだろう。と思いました。
(しかも、よくみれば生産者は鹿児島です。)

ちょうど次男の級友(おうちはあまおう生産者)が久々に泊まっていたので、珍しいからと食べさせたら、彼もまた、おいしい!と激賞。

みんなして、すっかりさがほのかのファンになってしまいました。

調べますと、親にはとよのか。なるほど!http://www.geocities.jp/higasyan/sagahonokapage1.html

それにしても。むすめ、結婚したのに、あまり変化がありません。
おやにもへんかなし。
あまりにじぶんたちのけっこんがごちゃごちゃしていたので、けっこんは、こりたというかなんというか。そんなおもいがあって、ひいている。というのがどっちのおやにも共通のおもい。

なにもいわなくても、そのぶぶんでつうじあっている、ぜんいんが。笑。

こういうのも、また、時代なのかもしれません。
なんだか、とってもありがたいです。

東日本大震災復興特別会計(仮称)の主な施策(1)

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2012 年 1 月 2 日 東日本大震災復興特別会計(仮称)の主な施策(1)

東日本大震災の被災者が暮らしを再生するための予算は次の通りです。

○水道施設の復旧・復興 200億円

・東日本大震災の津波等で甚大な被害を受けた地域で、都市計画の見直しを伴うなど、通常の原形復旧では対応できない水道施設の復旧・復興を図る。

(災害救助の実施)

○災害救助法による災害救助 494億円

・東日本大震災による被災者の方々の住居の安定を図るなど、応急救助に必要な経費を負担する。

(雇用の確保)

○求職者支援制度による職業訓練や給付金の支給等を通じた就職支援(東日本大震災復興特別会計(仮称)から労働保険特別会計雇用勘定への繰り入れ) 76億円

・東日本大震災の影響による全国的な雇用の悪化への対応を含め、「求職者支援制度」により、雇用保険を受給できない求職者に対し、求職者が新たな職業能力や技術を身につけるための職業訓練を実施するとともに、訓練期間中の生活を支援するための給付金を支給すること等により、求職者の早期の就職支援を行う。

○新規学卒者等の就職支援の強化 4.4億円

・来春以降の新規学卒者等については、東日本大震災の影響により特に被災地域の就職環境が厳しい状況であることが見込まれるため、被災地域を中心に重点的にジョブサポーターを配置し、学校との連携を強化し新卒者等の支援を行う。

・就職面接機会の継続的な提供を行える体制を整備し、各種就職面接会を実施し、多くの就職機会の提供を図る。

○自治体等と連携した被災求職者等への生活・就労総合支援事業の実施 13億円

・自治体や震災復旧・復興支援等を行う機関とハローワークが連携し、住居・生活に関する総合的な相談・援助を行うほか、被災求職者等を対象に、担当者制による職業相談・職業紹介、求人開拓、能力開発を通じたマッチングや定着に向けたフォローアップ等のきめ細かい就労支援を実施する。

○被災地域の復興に向けた臨床研究中核病院の整備 5.1億円

・被災地域での革新的な医薬品・医療機器創出拠点の形成を通じ、質の高い臨床研究を実施するとともに産業集積、新産業創出により復興を図ることを目的として、国際水準の臨床研究の実施や医師主導治験の中心的役割を担う基盤となる、臨床研究中核病院を1箇所整備する。

○被災地域の復興に向けた国際水準で実施する臨床研究等の支援 1億円

・被災地域での革新的な医薬品・医療機器創出拠点の形成を通じ、質の高い臨床研究を実施するとともに産業集積、新産業創出により復興を図ることを目的として、臨床研究中核病院での国際水準の臨床研究を支援する。

○被災地域の復興に向けた医薬品・医療機器の実用化支援 10億円

・革新的な医薬品・医療機器を創出するとともに、産業のさらなる発展や雇用の創出を通じた震災からの復興に貢献することを目指して、被災地域での大学、研究機関発のシーズ開発を後押しし、臨床研究及び医師主導治験を支援する。

○東日本大震災の影響を受けた母子家庭等への経済的支援 8億円

・東日本大震災の影響を受けた母子家庭等に対し、母子寡婦福祉貸付金による経済的支援を行う。

○被災した生活衛生関係営業者への支援 1.4億円

・東日本大震災により被災した営業者自らが復興の担い手となるよう、被災した営業者の営業再開を支援する。

○災害時の福祉支援ネットワークの構築 5.2億円

・災害時において災害弱者(高齢者・障害者等支援が必要な方々)に対し緊急的に対応を行えるよう、民間事業者、団体等の広域的な福祉支援ネットワークを構築し、災害対策の強化を図る。

○東日本大震災復旧・復興工事に係る安全衛生確保支援対策 1千万円

・復旧・復興工事現場におけるアスベスト濃度の簡易測定方法の開発、復旧・復興工事に伴う労働災害の分析及び予防対策に関する調査研究を行う。

○医療保険制度の一部負担金減免等の特別措置 98億円

・東京電力福島第一原発の事故により設定された警戒区域等の住民の方について、医療保険の一部負担金や保険料の減免等の措置を延長する場合に、保険者の負担を軽減するための財政支援を行う。

○介護保険制度の利用者負担減免等の特別措置 44億円

・東京電力福島第一原発の事故により設定された警戒区域等の住民の方について、介護保険の利用者負担や保険料の減免の措置を延長する場合に、保険者等の負担を軽減するための財政支援を行う。

○障害福祉サービス等の利用者負担免除の特別措置 1千6百万円

・東京電力福島第一原発の事故により設定された警戒区域等の住民の方について、その利用者負担の免除の措置を延長する場合に、市町村等の負担を軽減するための財政支援を行う。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言

紅白歌合戦も見ず、初日の出も拝まず。

なにをしてたかといえば、福島原発では当時何が起きていたのかという報道のまとめや小出助教のお話やらを見ていました。

1ことし(去年)のキーパーソン二人の話・・http://www.dailymotion.com/video/xnbwuy_20111229-yyyyyyyyy2yyyyyyyyyyyyy_news?start=1122#from=embediframe

2メルトダウン五日間の真実(1)
http://www.dailymotion.com/video/xnbsx3_20111228-yyyyyy5yyyyy-y_news#rel-page-1
3 同(2)
http://www.dailymotion.com/video/xnbsxh_20111228-yyyyyy5yyyyy-y_news#rel-page-1

4農と島のありんくりん

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/

かれは、低線量被曝手帳を交付すべし。と主張しています。

2012年1月 1日 (日)

春壽、あいら観音

あけましておめでとうございます。

旧年中はたいへんお世話になりました。
ことしもどうかよろしくおつきあいください。

賀状を買いに出た足で母とあいら観音さまに初もうで。
はじめて元旦に出かけたら、ご覧のとおりの人出でした。
駐車場まで一キロ近い渋滞。

先月行った宮崎の高千穂神社では初もうで客はおよそ三万人。
と宮司さんはおっしゃっていました。こちらもそれくらいあるかも。
年配の客に交じって若い人たちが結構多いです。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31