無料ブログはココログ

« 本荘星川から真木和泉守へ、連句的。談義 | トップページ | うめほのりと蜜梅 »

2011年12月 2日 (金)

通勤路

きんかんが生っています。

これは何の実かな。

川の横に駐車場、そこから7分ほど。

川を覗けば、あいがもみたいな鳥が数羽と真っ白のあひるみたいな鳥が1羽、たのしげに語らっていたので、急いでいたにもかかわらず、つい写しました。

« 本荘星川から真木和泉守へ、連句的。談義 | トップページ | うめほのりと蜜梅 »

コメント

水がきれいなことが伝わってきました。
いい風景ですね。

赤い実は花水木だと思います。

ええっ!はなみずき。そうでしたか。
きれいな紅葉です。

晩春になればはっきりしますね。
おしえてくださって、ありがとうございます。

春にはピンクの花満載、秋には真っ赤な葉と実。

それが花水木です。

あちゃ、さくらさんに先を越されました。笑

そうです。ハナミズキです。
白かな?赤かな?
樹木の育ち方が、花の色でまったく違います。
花が白いハナミズキは年々大きくなりますが、
赤のほうは時間がかかる。
花のさく頃が又楽しみだね。

赤の方が色をだすため苦労しよんなさるとじゃろうね。

ところでがばいそがしい、そのいそがしさゆえの。
きのう母が農協さんに五十リットルもの灯油をいれてもらってました、去年の灯油の上に!
うちの灯油のドラム缶は吹きさらしのとこにあった。
雨が土砂降りの日も、あれをつきさしたまま放っていた。なんと横着で堕落さ奈わが家だったか。
水がはいっていることはわかっていた。
それを棄てようとおもっていたのに、私がまだできずにいた。
で。
やはりつかない。水が入っていて。
電話した。いそがしい、一人日に三十件まわっているような時期に、二人も派遣しなきゃいけない、だけど参ります、朝一番でなんとかします。
さすが農協スタンドさん。
すぐきてくださった。で、二人の男しが、二台のトラックからああしてこうして、みごとなんとかしてくださった。時間にして三十分。
ありがたやありがたや。
そしてごめんなさい。

ひとりのおかたは、仁田原さんと名札。きけば笠原出身といわれた。母と同郷!!
ありがとうございました!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤路:

« 本荘星川から真木和泉守へ、連句的。談義 | トップページ | うめほのりと蜜梅 »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31