無料ブログはココログ

« ササラ電車、雪だまりに足をとられて、やり直しました。二連の四句目 | トップページ | ササラ電車 二連の五句目 »

2011年12月13日 (火)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(120)           地域の医師確保

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 12 月 13 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(120)

社会保障審議会医療部会の「医療提供体制の改革に関する意見(案)」では「1.地域の実情に応じた医師等確保対策」について次のように言及しています。
~~~~~~~~~~~~
(1)医師等の人材確保
○ 医師の地域間、診療科間の偏在の是正は重要な課題である。このため、都道府県が担う役割を強化し、地域の実情に応じた医師確保体制を構築すべきである。
○ 看護職員の不足も深刻な問題であり、離職防止対策や養成所への補助等により看護職員の確保を図っていくべきである。
○ 病院勤務医の疲弊、女性の医療従事者の増加、看護職員の不足といった現状を踏まえ、負担の大きい医療従事者の労働環境の改善に向けた取組が必要である。
(2)医師等の養成、配置のあり方
○ 実効性のある地域枠の設定や医師の養成過程において診療科を一定程度誘導する等によって、医師の地域間や診療科間の偏在是正を図っていく必要がある。
○ 医療技術の高度化・専門化に伴い、医師の専門分化の傾向が見られるが、高齢化の中で第一線の現場で幅広く診ることのできる医師を確保し、地域の医療と介護をつなぐ役割を果たすため、総合的な診療を行う医師を養成し、専門医との役割分担を行う必要がある。
○ こうした課題への対応として、総合的な診療を行う医師や専門医の養成のあり方について、国において検討を行う必要がある。
(3)医師確保対策のあり方
○ 医師不足地域の医師確保の観点から、キャリア形成支援等を通じて都道府県が地域の医師確保に責任を持って取り組むため、法制化等により、都道府県の役割を明確化すべきである。
○ また、都道府県は、医療圏ごと、診療科ごとの医師の需給の状況を把握した上で、より必要性の高いところに医師を供給するなど、きめ細かい対応を行うことが必要である。
~~~~~~~~~~~~
医師等確保対策における都道府県の役割が強調されています。
「基本的な考え方」では、人口あたり医師数の少なさが言及されていましたが、都道府県では人口あたり医師数を増減することはできません。

人口あたり医師数、看護師数は都道府県差が大きく、全国平均より遥かに多い福岡県には医学部が4校、看護学部が11校(+1校新設予定)もあります。
都道府県内での偏在の解消は都道府県の役割かもしれませんが、全国的な遍在の解消の方向性が見えません。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇かささぎの独り言、連句的。

このブログを通じて学長ブログを訪問される方々が、週日だと日に600~700人にも上ります。びっくりします、あまりの数の多さに。
もうやめた。という言葉がでそうにきつい日も、アクセスをみてると、もう少し続けようと思い直しています。

それほど診療報酬と介護報酬の同時改定への関心が高いのですね。

不況が続けば続くほど、この業界はうるおう。
医療が事業であること。

1中村哲医師のことば。

「数字からは何も見えない。」

日本の戦国時代、徳川時代の方法で井戸をアフガンに掘りつづける土方医師。

http://www.magazine9.jp/interv/tetsu/tetsu.php

※かささぎ、この人のことを調べたことがなかった。
今朝ふとウィキペディアで調べたら。
なななんと火野葦平、玉井家一族のお方ではありませんか。
かささぎは小倉の短大で学んだのですが、文学の先生が火野葦平の弟である玉井政雄先生でした。いつも着物、袴、蓬髪の書生スタイルで講談師の語りめいた講義がたいへんに面白くて、一度も受講をさぼったことはありません。いまだに鮮明です。
映画などの影響なのかどうか、任侠の家かと思っていましたが、まったくそうではないとのことで、今更ながら、へえ~。独り歩きするイメージはすごいものです。
所属誌連句誌れぎおんで、以前、前田師にあそばせてもらった企画がありまして、昭和の生活史というテーマのもと、ガス、水道、厠の記憶について、誌友五十名ほどにかささぎの作ったアンケートをとらせてもらいました。それを集計して、それぞれの記憶をまとめた記念すべき号があります。面白いですよ。

なぜ急に今思い出したかというとね。
厠の生活史をやったとき、(これが最後だったんですが)かささぎが前文を書いて、それに火野葦平の小説から一部引用したのを思い出した。汲み取り人の話です、糞尿譚という題の。

かささぎはそういうことをして遊んできた。
前田圭衛子編集長も若かった、あまり連句とは関係ないのに、ノッてくださった。
笑。しかしあれは貴重な声です。いつか資料として役にたつことがあるやも?

中村哲医師、学長ブログでのはじめての接点は、ここです。
http://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-54c5.html
このとき、連句的にその日の朝刊から丸写ししたのですが、
文章を打ち込んでいたら、その独特の香気がなんとも文学的なことに気づかされた。
この人はもともと文章を書く人なんだな。と思いました。

2橘玲ブログ、ユヌスのことば。http://www.tachibana-akira.com/2011/12/3569

アガサクリスティーも作品のなかで繰り返しいっていた。
無償の援助は人をだめにする。

甘えられると思ったら、とことん甘える。例、かささぎにおける母への依存。

∇付録
過去四か月のかささぎの旗アクセス、頁別、ベスト30

ページ別アクセス数

アクセス数: 99,208
訪問者数: 77,078
解析ページ 訪問者 アクセス
1 かささぎの旗: 世界の終わりの歌う『幻の命』談義(精神科医とその患者かささぎ) 7,9179,430 10.3% 9.5%
2 かささぎの旗: トップページ 2,7218,565 3.5% 8.6%
3 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(25)            介護保険法の一部改正法案 7,1068,020 9.2% 8.1%
4 かささぎの旗: カンボジアの洪水被害  アンコールワットにも浸水が 2,7713,229 3.6% 3.3%
5 かささぎの旗: 診療報酬のおおもとにある人員配置基準数を求める数式 1,7532,078 2.3% 2.1%
6 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(24)             介護療養型医療施設廃止に6年の猶予 1,2631,427 1.6% 1.4%
7 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(26) 1,2331,393 1.6% 1.4%
8 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(14)         退院調整加算見直し 1,1081,296 1.4% 1.3%
9 かささぎの旗: 合宿での歌仙の発句になるかもしれない句の選考もかねた句会のための課題句の兼題(なが) 165899 0.2% 0.9%
10 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(47)         デイケアとデイサービス 795881 1.0% 0.9%
11 かささぎの旗: 放射線・放射能と健康被害(3) 許容被曝線量ってあるの? 679789 0.9% 0.8%
12 かささぎの旗: 保健医療経営大学での連句の座へどうぞ。 160685 0.2% 0.7%
13 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(20) 厚労省の発表から 614683 0.8% 0.7%
14 かささぎの旗: 国民健康保険の財源(5) 前期高齢者交付金と退職者医療制度の順次廃止 543627 0.7% 0.6%
15 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(93)              先日の中医協議題ー精神科医療 479608 0.6% 0.6%
16 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(97)           中医協(総会)の開催頻度が週2回になる 504597 0.7% 0.6%
17 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(42)               小規模多機能型居宅介護+訪問看護 463536 0.6% 0.5%
18 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(77)                ダブル改定の最新動向セミナーを開催します 341434 0.4% 0.4%
19 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(16)             24年度改定の力点を予想するために 334416 0.4% 0.4%
20 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(70)           地域一般病床の新設案 365404 0.5% 0.4%
21 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(36) 透析医療 328390 0.4% 0.4%
22 かささぎの旗: 「花も紅葉も」  定家の否定の花 321379 0.4% 0.4%
23 かささぎの旗: 平成24年度診療報酬・介護報酬改定(13)            中医協の新旧会長挨拶から 325361 0.4% 0.4%
24 かささぎの旗: 平成22年度診療報酬改定(13)        医師事務作業補助体制加算 252342 0.3% 0.3%
25 かささぎの旗: イギリスの社会保障制度(1)               ゆりかごから墓場まで 307340 0.4% 0.3%
25 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(80)             中医協と介護分科会の合同会資料から 300340 0.4% 0.3%
27 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(102)          DPCの機能評価係数Ⅱの具体化 278338 0.4% 0.3%
28 かささぎの旗: 映画『悪人』と聖書 163330 0.2% 0.3%
29 かささぎの旗: 百首和歌冒頭に付された言葉の意味を考える。 140329 0.2% 0.3%
30 かささぎの旗: 平成24年診療報酬・介護報酬改定(53)           ケアマネジメントとケアマネジャー

« ササラ電車、雪だまりに足をとられて、やり直しました。二連の四句目 | トップページ | ササラ電車 二連の五句目 »

コメント

次期主力戦闘機の選定について、F35(ロッキード・マーチン社など米英豪など9か国共同開発)とFA18(米ボーイング社)とユーロファイター(英BAEシステムズ社など欧州4カ国が共同開発)の三つ巴の争いでしたが、F35に決着とのニュースが流れました。下馬評通り。
F35は開発中の機体に多数の亀裂が生じ、共同開発国の債務危機の影響もあり、開発調達計画が2年遅れる見通しとのこと。しかも度重なる計画変更で開発費用が膨張しており、他の候補機種より高い価格(50億円)が、日本が調達(40機)する頃にはさらに3倍の価格になっているだろうとのこと。
空自パイロットたちが運動性能を高く評価しているユーロファイターが選定されないところに、そこはかとなき怪しさがあふれています。

ふうん。
じっさいのとこ、ロッキード事件てな、なんだったんだろう。

日本はいまだに旧戦勝国の「しりぬぐい花子」なんですかね。

いまから職場にいかねばならんのやけど、どうにも行く気がしません。でもボスに報告書を書いてもっていきます、いうてもうた。
休みなのに業務報告書を提出に。
こんどはなにやらかしたかといえば、。ただ一度、廊下を走っただけどす。遅刻しそうだったから。曲がり角のところで看護師さんにぶつかった。それがやはりまずかったかな。
廊下は走らない。。。ってあたしゃ小学生かい!というはなしなんです。もう。。。でも、病院ですからね。
もう一枚は。此れは書かない。ああ、かささぎはしょっちゅうおわびの報告書ばかり書かされる。。。。

これが、「しりぬぐい花子」↓

何とも虚しいですね。
日本のシステム何一つ真実が通っていない。
男達の倫理って言うたらいいすぎだろうか。
この先どうなるか、子供目線で何事も判断すれば間違いない、とどこかにかいてありました。
その場限りの判断でしか前に進んでいないような気がします。
茹で日本さんへ

さくらさんへ
今日ニュースで杉並区の小学校の校庭をおおうシートに放射能がたくさんだったというのをみました。杉並区にしてもどこにしてもくまなくガイガーしたらが~んというような数字がでるんでしょうか。心配しだしたらきりがなく、それを薄めて割ってもゼロにはならない。土地ごと移動できるのはドラえもんじゃなきゃ無理だし。
今自衛隊がやっている福島の除染活動(はてしのない)は、東京都心が二次災害に遭わないための作業である・・・みたいな論法をされているのを読むと、なんかやなかんじ。そりゃそうじゃろけど、,,。

かささぎさん
れぎおんとやめちゃどうもありがとう!
いつもいつもすみませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ササラ電車、雪だまりに足をとられて、やり直しました。二連の四句目 | トップページ | ササラ電車 二連の五句目 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31