無料ブログはココログ

« 九州俳句誌164号より | トップページ | みち »

2011年12月 6日 (火)

豆筵

豆殻も礫(こいし)も混じり豆筵  恭子

 豆筵

« 九州俳句誌164号より | トップページ | みち »

コメント

あぜまめあぜまめ
煮えたかな?
煮えたかどうか食べてみよ

この写真見てたら、幼い頃の遊び歌を思い出した。

豆筵 すばらしすぎる この目線。

周りの砂や土やさやなどが混じってしまって
それを「とうみ」って言うのであおりながら風を利用して払いのける作業。
機械を使わず道具と頭で行っていた。
「とうみ」だっけ?かな。
三角形のような大きな入れ物、紙を貼ったような軽く作られていた。

せいちゃん、それちがうよ。

あわぶくたったにえたった
にえたかどうかたべてみよ
むしゃむしゃむしゃむしゃ
あ~まずい
まだにえてません(といってぐるぐる鬼のまわりをまわる)
そんな遊びだったとおもうけど。
歌詞は畔豆じゃないからね。笑

さくらさん、母は手製の紙の箱で風を利用してしゃがみこんでやっています。
毎年毎年、季節ごとの営農カレンダーが母のなかには出来上がっていて、それを忠実にこなしていってます。わたしはなにも教わっていませんが、それはそれは膨大な実体験に基づく貴重な知識です。


 帰りにはなくなつてゐる豆筵   黛まどか

このむしろも、帰って来たときには片付けられていました。
この句について書いている、俗の細道。↓

ああ、それそれ、それだった。
あわぶくたったにえたった。
なんか違うと思いよったん。

かごめかごめと同じようにして遊んでいたよね。

子供の頃、たてつながりで遊んでいた。
一年生から六年生まで。
お宮の境内で。
ひまわりという鬼ごっこ。
ぐにゃぐにゃに書いた線の上でのじゃんけん陣取り。

豆筵から連句的に思い浮かぶものの多さよ。

うん。

母がいなくなったら、もうだれも豆筵なんて思い出しもしないんだろうな。とってもさみしいよ。

こども時代、あそびほうけていた。いっぱい外あそびした。缶けりが最高で。つぎ、豚殺し。あ、これはじっさいに豚を殺すんではありませんからね。地面にひまわりみたいな絵をかいて、そこからはみでないようにする遊び。鬼が突き出す。
前田先生がみえたとき、おんじゃくで地面に絵をかいたというぼんの句に、おんじゃくって、ぬくめ石のことでっしゃろ。それとそちらのいう温石とは別ですがな。蝋石というものですよ。といわれたのは、びびっくりでしたね。
方言はテレビのおかげで自覚できますが、こういう細かな文化の差異は指摘がなければ気づかないままですものね。

豚殺し???
はじめて聞いた遊びの名前です。でも遊びの内容はわたしたちが「ひまわり」と呼んでいたものと同じね。
隣り合わせの市町村でも遊びの名前が違うってこと。
なんか、おもしろい。

ぶたごろしは、せいちゃんがいうひまわりという名前の上品な遊びとおんなじみたい。なんでこっちではそんな遊びの名前になったのかなあ、当時にタイムマシンでもどって、調べてみたくてしようがない。笑。
これだけはお宮の境内や家の庭でなく小学校の校庭でやっていた記憶があります。ということは参加人数がけっこう多い遊びだったんだね。ドッジボールほどの人数。
家やお宮での遊びは多い時でも五人くらいだった。
縦割りでしたね、たしかに。
あのころいっしょに遊んでいた子たち、先輩も後輩も、いま、どこでどうしてるだろうか。みなみな、しあわせであってほしいよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豆筵:

« 九州俳句誌164号より | トップページ | みち »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31