無料ブログはココログ

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(112)             介護給付費分科会の審議報告書では | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(113)               介護給付費分科会・介護保険施設について »

2011年12月 5日 (月)

ササラ電車、ようやく第二連。

オン座六句の本家本元、浅沼璞ブログをたずねた。

ここです。http://renkupower.blog88.fc2.com/blog-entry-52.html#cm

(ご紹介するならと一筆仁義をきってきました。)

雑句が多く、おもても裏もないような感じなのです。

なんだかなあ。。。。

こまったな。途方にくれた。

わたしは歌仙の整然とした形式が好きです。
だから、オン座六句も正座してのみたい。
ウイスキーでなく、梅酒のソーダ割りでいい。
ほろ酔いでいい。

前田先生が学園祭でなさったのも、歌仙に準じたものでした。
わたしもそれに倣おうと思います。

ですから、第二連、秋で始めます。

ちょうど、竹橋乙四郎が北海道から帰って来たばかりで、句を出してくれました。

それいただきます。

行くときは中洲で酩酊した運転手じゃなかったパイロット、船頭の句でしたが、季語がなかったんで。

雪撥ねてササラ電車が街をゆく   杉浦兼坊

 降り積むものを擁(かいいだ)く冬  姫野恭子

卓上に葉書いちまい置かれゐて  山下整子

 セルロイド製筆箱の蓋       中山宙虫

サワと鳴る草木のなか月匂ふ    八山呆夢

 あしたの杯に古酒あふれさせ      青翠えめ

第二連

うらやましきは欠航しらずの石たたき  竹橋乙四郎

石叩きは、乙四郎大学の校庭にわたってくる鳥ですね。

あれはアジサシでしたか。

ゆめタウンの駐車場とか、あちこちの駐車場で見かけることが多い鳥です。
白と黒の小さな体でちょこまか小走りします。つつつ~って。

次は雑でおねがいします。

ああそうだ。中島倶さんの短歌、朝刊でよみましたよ。

菊人形の歌。
視点が新鮮でした。ともさんってすごいです。
なにか、ここへも、おねがいいたしますね。
77です。恋前でもいいし時事でもいいし、なんでもいいです。

(時間をみつけて、竹橋乙四郎の二つの留書を歌仙にアップします。)

うたまるさんとそらんさんにまだれぎおん送っていませんでした。

今からおくります。では仕事いってきます。

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(112)             介護給付費分科会の審議報告書では | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(113)               介護給付費分科会・介護保険施設について »

コメント

(Wikiより)
セキレイの異名:ニワクナギ(鶺鴒)、ニワクナブリ(鶺鴒)、イシタタキ(石叩き・石敲き)、ニワタタキ(庭叩き)、イワタタキ(岩叩き)、イシクナギ(石婚ぎ)、カワラスズメ(川原雀)、オシエドリ(教鳥)、コイオシエドリ(恋教鳥)、トツギオシエドリ(嫁教鳥)、ツツナワセドリ
主に水辺に住み、長い尾を上下に振る習性がある(ただしイワミセキレイは左右に振る)。イシタタキなどの和名はその様子に由来する。
セキレイおよびその別名は秋の季語である。
日本書紀には、日本神話の国産みの伝承の一つとして、イザナギとイザナミが性交の仕方が分からなかったところにセキレイが現れ、セキレイが尾を上下に振る動作を見て性交の仕方を知ったという内容の異伝に関する記述がある。

へえ、それはお初です。
だからとつぎおしえ鳥っていうのか。
昔も今もなにも知らない人、いるんでしょうね。

どっちもなにもしらないまま結婚して、はじめての夜、どうしても合体のやり方がわからず、はいらなかった。といってぐちった友達の話をよくよくきけば、両方いれるのかとおもっていたらしい。。。という豪傑級のおくての話を星野石雀先生の「摩天楼」誌で以前よみました。
あれはおかしかった。世の中にはいろんな人がいるものですね。そんなこと考えもしなかった。両方ってのは、わかりますか?
つい図解したくなります。
でも、よい子もみてるから、自粛します。

夜中、次男と二人でお笑い番組をみていたら、oppとttpの傾向と対策についての話があってました。なんのことはない、おっ○いとち○この話なんです。そういう話をまじめな顔で討議してた。
わらいました。あほらしくて。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ササラ電車、ようやく第二連。:

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(112)             介護給付費分科会の審議報告書では | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(113)               介護給付費分科会・介護保険施設について »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29