無料ブログはココログ

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(119)             我が国の保険制度を客観的にみたとき | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(120)           地域の医師確保 »

2011年12月12日 (月)

ササラ電車、雪だまりに足をとられて、やり直しました。二連の四句目

雪撥ねてササラ電車が街をゆく   杉浦兼坊

 降り積むものを擁(かいいだ)く冬  姫野恭子

卓上に葉書いちまい置かれゐて  山下整子

 セルロイド製筆箱の蓋       中山宙虫

サワと鳴る草木のなか月匂ふ    八山呆夢

 あしたの杯に古酒あふれさせ      青翠えめ

第二連

うらやましきは欠航しらずの石たたき  竹橋乙四郎

 Face bookで出会ひました      神崎さくら

乳首にはデビットボウイ耳たぶにはエリックカルメン  中山宙虫

 リネン庫といふ暗室           整子

昨夜は選句作業をほっぽって逃げてしまいました。
ごめん。
田中角栄はいくらなんでも強引なコラージュでしたね。
 

山下セイコのこの一句。
謎かけのようにおかれた場の句。
これを選び直しました。
リネン庫というのがすばらしい。

リネン庫は暗室ではない場合もあるのです。
でもそこが暗室であるという喩をそえれば、前句になにかしらの色を与えます。
そこをどうとらえ、どうつけるか。

リネン庫という居住空間に音楽がながれている。
シュフ(主婦、または主夫)がいて、そこで家事をしている。
洗濯ものを洗って整理する、収納する。
シュフはあらゆるものを洗う、乾かす、たたむ。
まいにちおなじことのくりかえし。

でも、それが、たいせつな、にちじょうのしごと。

家族全員が一日をのりきるための。

ということで、次も恋を続けてもいいですが、これを恋離れとしても可能。
なんでもいいです。
ともかく、つけてください。

長句。自由律。なにとぞよろしくおねがいします。
どなたでも。

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(119)             我が国の保険制度を客観的にみたとき | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(120)           地域の医師確保 »

コメント

二連四句目
ネガティブポジティブその日の気分
残したいものカメラに収め断捨離断捨離

二連四句目

皮をはいで水くぐらせて色を移さむ

タトゥーのリングは別れたくないおまじない

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(119)             我が国の保険制度を客観的にみたとき | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(120)           地域の医師確保 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31