無料ブログはココログ

« | トップページ | 高千穂神社 »

2011年12月15日 (木)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(122)             病床区分と連動する人員配置

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 12 月 15 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(122)

社会保障審議会医療部会の「医療提供体制の改革に関する意見(案)」では「2.病院・病床の機能の明確化・強化」のうち「(1)病床区分のあり方」について次のように言及しています。
~~~~~~~~~~~~
(1)病床区分のあり方
○ 患者の疾患の状態に応じ良質かつ適切な医療が効率的に行われるよう、一般病床について機能分化を進め、急性期医療への人的資源の集中化を図るなど、病床の機能分化・強化を図り、もって医療機関が自ら担う機能を選択し、その機能を国民・患者に明らかにしていく必要がある。
○ これまでもこうした方向性は様々な機会で示されてきたものの、実現に至っていない状況を踏まえると、その実現に向け、法制上、こうした方向性を明らかにして取り組むことが重要である。
○ 急性期医療については、病院医療従事者の負担の軽減や専門医等の集約による医療の質の向上等を図るとともに、患者の早期の社会生活復帰を可能とする観点からも、医療資源を集中化させることにより機能強化を図るべきである。
一般病床の機能分化を進め、急性期医療への人的資源の集中化を図るための具体的方策については、別途検討の場を設け、早急に検討すべきである。その際は、人的資源の集中化が求められる医療等について十分な議論が必要である。
○ また、機能分化の推進に当たっては、病床の機能の見える化が重要であり、その機能に着目した評価を行うことが重要であるが、評価の具体的な方法については十分な議論が必要である。
○ 急性期医療から引き継ぐ亜急性期等の医療や在宅医療についても機能分化・強化を図っていく必要がある。

~~~~~~~~~~~~
病床区分と人員配置標準とは連動します。
また、人員配置標準は診療報酬とも連動するでしょう。
急性期病床には急性期医療にふさわしい人員標準と診療報酬を、そうでない病床には相応の人員標準と診療報酬が「見える化」されてゆきます。

保健医療経営大学学長ブログ転載

« | トップページ | 高千穂神社 »

コメント

病床区分、検索で六十万件ほどヒットするうちの六位くらいです。
ここが一位。わかりやすいです。↓

検索サイト Yahoo  検索ワード 診療報酬 病床区分

4位

検索サイト Yahoo  検索ワード 一般病床 診療報酬区分

6位

1位に、遠藤委員提出資料

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 高千穂神社 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31