無料ブログはココログ

« TPPと混合診療解禁                 勝間和代氏の視点に欠けているもの | トップページ | 博多出張みやげ »

2011年11月 9日 (水)

厨房ボスのキザトロ

食出しの時間は夕食だと五時五十分には配膳車をあげます。
それまでには、すべてのトレイにすべての食事がのっかっていなければなりません。

今日ですと、ごはん、温小鉢(にもの)、冷小鉢(あえもの)、主菜(鶏から揚げのなんとかソースかけ。ほら、あれを何といいましたっけ。たまねぎみじん切りとゆでたまごみじんをマヨネーズであえたソースのことを。ああ思い出した、樽たるソースだ!それです。付け合せは青梗菜とにんじんのソテー)にフルーツのキウイ、を配膳しました。

これは書けば一分もかかりませんが、じっさいに配膳するとなると、時間がとてもかかります。
調理師が調理したものをそれぞれの病気ごとにふりわけまして、何何禁止というタブーを重々みながら、とうぜん調理も素材も異なりますので、まちがえないように入れるのですが、それはそれは神経使います。

生のくだもの禁止のかたには、かんづめの煮たくだもの。
肉がだめの人にはしいたけとかしめじとかの代替食。
栄養素がかたよらないよう、計算しつくされていますので、うっかりしたことはできない。

かささぎは何をしているかといえば、配膳のときにペアを組む相方によって、することが異なります。正直なはなし、あまりまだ通じていませんので、相手のなすがままです。受けるのみ。
自分がもりつけるので、あなたは配膳してください。という人と組んだら、そうします。時間がかかります。
自分がカタチの盛り付けはしますので、あなたは一口以下、きざみ食やムースをぜんぶ作ってください。という人や、自分がひとくちサイズ以下はきざみますので、カタチのぶんをあなたがやってください。という人と組めば、楽ではありませんが、このほうが総合的な時間は短時間ですむようです。
これはこの二週間ほどで実際にためした結果です。

小鉢から始めて、主菜を終えて、最後に、ごはんをもります。
ごはん、わたしは軟飯とおかゆ専門になってしまいました。
こないだは、はじめて「おもゆ(重湯)」の椀をつくりました。
おもゆ、おかゆの上澄み液です。ごはん粒が入っていてはだめです。
七分がゆも三分がゆもつくりました。それだけはじょうずです。

さて、自分では必死でやっているのですが、はたからは、なにゆうがにやっている、はよしなさい、とせかされることが多いです。

ボスの口癖、一生懸命やっているとあなたはいうけど、評価するのはだれ。

「まわりです、患者さんです」

その通りなのです。なかなかつらいところです。

時間がおしてくれば、ボスも手伝ってくれます。
そのひとの作ったかゆぜりーも、また、キザトロという名の、キザミとトロミ食半々の食事、つまり細かくきざんだものと、ミキサーにかけてとろみをつけてふわっとしたムース状の形状の食事と、どっちも食べたい患者さん用の食事、これをみせてもらって、その美しさにおどろきました。

すばらしい!写真をとって残したいほど芸術的な一皿。

手際よく、すばやく、うつくしい仕上がりの職人技の一皿。

ボスはやっぱりボスだわ、と尊敬する一こまであります。

« TPPと混合診療解禁                 勝間和代氏の視点に欠けているもの | トップページ | 博多出張みやげ »

コメント

読めば読むほどに、あなたの仕事場の熾烈さが伝わります。
ようそんな細やかな神経をつかう職場で働いていけるわね。
ほんと、感心するわ。
頭が下がります。
というか、あなたさまをある意味、見直しました。
わたしめのごとき、ざっとした人間には、ようつとまりますまい、と思うばかりです。

現在、生涯一度もやったことのなかった仕事をおおせつかっております。
忘年会の幹事。

不得意な分野だからこそやったろか!って、かっこよすぎ?

同じ人間がやっていることだから自分にできないはずない、ぐらいに思ってがんばりなはれや。

せいこさん。もうここまできたら、なんというんでしょうかね、できないままでやめたくない、という意地のみです。笑
それと、とってもだいじなことをおしえてもらっているというきもちが、つねにどこかにあります。それがあるから、時給700円で毎日7.5時間分のお給料しかもらわないっていうのに、しかも拘束時間は十時間(十二時間になったこともある、説教のおかげで。ほら、あのお通夜の日です。あちらさまも仕事の手を休めて私一人のために割いてくださったのですから、ありがたいことと思わねばならなかったのでした)近いというのに、やめずにがんばっているのは。
娘に、なぜ日曜休日手当がないんだろう、そっちも?と聞いたら、おかあさん、いまさら何をいってるの。その年でしごとがあるだけでもありがたいっておもわんといかんのよ、今の時代は。そんな、休日手当とかあるわきゃないやん。甘い!
と一喝されてしまいました。
さすがだわ。

さくらさん、
いろいろとご活躍のご様子、おいそがしそうなのに、なんでそんなにパワフルなんですか。忍辱卵黄たべている?
忘年会の幹事!不得意?まっさか!
どうぞたのしい会になりますように。
こちら、えめさんがやってくださいますんで、ありがたし。家にごろごろしているだけのにんげんはなんの役にも立たないであります。(私です。笑。
適材適所、笑めさんに感謝。

>できないままでやめたくない、という意地のみです。

これ大事。
長い間いろいろな仕事してきた思うことは、結局、根気や継続が一番大事だって事。
基本はこれだってことがわかりました。
あと、素直であることの大事さも。

無理してやることはない・・と言う考えが主流だから
その反対を行って見る。
いかがでっしょか。

ここ、


久しぶりに開いて下さいました。
なみだでそうだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厨房ボスのキザトロ:

« TPPと混合診療解禁                 勝間和代氏の視点に欠けているもの | トップページ | 博多出張みやげ »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31