無料ブログはココログ

« 『ササラ電車』をオン座六句で巻くぞの第三、募集中。 | トップページ | 230円ノリ弁当 »

2011年11月24日 (木)

政策仕分け(2)                  仕分け人が医療の専門家でないことの問題

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 11 月 24 日 政策仕分け(2)

短時日で「医療」の仕組みの全貌を理解することは困難です。
そのため、社会保障審議会や中医協では、仕組みへの理解が深い当事者たちが、長い年月をかけて綿密な議論を重ねています。
しかし、「提言型政策仕分け」では、医療の当事者でない「仕分け人」たちが、限られた時間で結論を導こうとしています。
今回、彼らが導いた結論は、診療報酬の本体部分の「据え置き」が6人、「抑制」が3人でした。
本体部分というのは、人件費に反映する部分です。
医療費の半分近くは人件費として医療従事者の給与として支払われています。
わが国の医療は、医療ニーズの増大に対応すべく、毎年、医療従事者の絶対数が3%前後の伸びで増加し続けています。
医師数の伸び率は2.2%、看護師数の伸び率は3.4%、PT数、OT数、言語聴覚士数の伸び率はそれぞれ11%です。
医療従事者の需要増に応じ、医療従事者を養成する高等教育機関も増加の一途です。
医療従事者数の増加は、これらの養成機関を相当数閉鎖しない限りは止められません。
診療報酬の本体部分の据え置きや抑制を主張する「仕分け人」は、それが医療従事者の絶対数を増やすな、あるいは減らせと言っているのと同義であることに気付いているのでしょうか。
あるいは、医療従事者の給与を毎年3%ずつ削れと言っているのと同義であることに気付いているのでしょうか。
「仕分け人」たちはまた、医師不足改善のため、開業医と勤務医の報酬配分を大胆に見直すことを要求しました。
開業医の診療報酬配分を薄くせよ、という主張です。
低コスト体質の診療所に患者が集中するのと、高コスト体質の病院に患者が集中するのと、どちらが日本の総医療費の抑制に役立つのかの大局的見地に立てば、また、どちらが病院勤務医の真の負担軽減となるかを考えれば、開業医への患者の政策誘導を真剣に考えるべきところです。
また在宅医療の担い手としても開業医を有効活用しなければなりません。

診療報酬を手厚くしても医師の絶対数が増えるわけではなく、医師不足対策とはなりません。
診療報酬が手厚くなったところへ医師が偏在するだけです。
勤務医の付加価値を高めれば高めるほど大病院による囲い込みが進み、医師不足に拍車がかかります。
これは、看護師の付加価値を高めた過去の診療報酬改定の際に経験的に学んだことです。
医師不足の本質が医師の偏在にあるということを「仕分け人」たちは理解しているのでしょうか。

保健医療経営大学学長ブログ転載

∇ミーハーかささぎの独り言

まあだけど、別の言い方をすれば、専門家だからいじれないところへ
土足で踏み込んで行って、ぐちゅぐちゅにひっかきまわすことができるのがプロではない人たちの仕事。ともいえるわけです。
経済も医療もよくわからないはたからみれば、それなりに筋が通っていそうでもある。
っていうか、あったりまえすぎることをいまさらいうなよ。って気がしたのが、きのうの提言。

で、今日の学長ブログの視点はさすがに、よくわかっている人の提言だと感じさせられた。そうか、そうだったのか。という気付き。さすがです。

そりゃそうと。

ドクターズ最強の医師たち、ってドラマがあるの、今日だわ。
あれはおもしろいですね。現代の縮図、で、姿三四郎。笑。
主演のおいしゃさんが、とってもかっこいいです。

では今日もげんきに仕事にいってきます。
きのうは八部目までできましたが、まだ残りました。
調理師で栄養士であるお方がかささぎをたすけてくれた。

« 『ササラ電車』をオン座六句で巻くぞの第三、募集中。 | トップページ | 230円ノリ弁当 »

コメント

ドクターズ、今日は「ナース達の反乱」でしたね。
ナースを副院長に登用するという近年のトレンドを取り入れるとは、医療経営のツボを知る脚本家です。
事務の強化のために某大学の卒業生を採用してくれたりしたら最高ですが、脚本家はその大学の存在を知らないかもしれません。

おもしろかったですね。
昨日の婦長役の役者さん、超かっこよかった。
それとセクハラみたいな言葉で、ナースは医者に口答えなどしてはいかん、スカートをはいてサービスせないかん、との暴言をはいためがねのお医者さん。あの人がナースの反乱をうけて、というより、野際陽子演じる理事長に、医師のあなたよりナースをとります、って脅されて、回心し、これまでまるで無視していたナースの言葉を聞き入れ、手術担当患者さんの家族背景に目をむけ、そのおかげで自分の出てった妻のことに思いを致す。。。という場面、あたしゃないたよ。笑。おもわず身につまされた。いやほんと。母と一緒に見てたけど、おもしろかったねえ。といってた。さいごにほっとできる展開がいいですね。

うまいです。すべてがうまく機能しているドラマ。
これまでにないかんじ。伊藤蘭さんや高島さんもぴたっとはまってる。高島医師が悔しい時にやる、んんん・・・っている歯ぎしりみたいなうめき声、うけます。

保健医療経営学科の学生必見ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ササラ電車』をオン座六句で巻くぞの第三、募集中。 | トップページ | 230円ノリ弁当 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31