無料ブログはココログ

« 子、もう職場復帰。 | トップページ | ちさき煮凝り »

2011年11月18日 (金)

たかやな祭(大学祭) へのご案内              学長も一座する連句興行へ来たれ若者

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 11 月 18 日 たかやな祭(大学祭)

保健医療経営大学の大学祭は、開学年の第1回は聖マリア学院の「マリア祭」に相乗りして開催いたしましたが、第2回以降は、みやま市のイベントに相乗りし、本学を会場として開催しています。
今年は、みやま市の「第1回まるごとみやま秋穫祭」と合同開催です。
http://www.healthcare-m.ac.jp/campus/fest.html
大学祭は20日(日)ですが、秋穫祭は19日(土)と20日(日)の両日です。
2日間のメイン司会は山本華世さんです。

・山川みかんつかみどり大会(19日)
・福岡アイドルユニット『QunQun』ステージ(19日、20日)
・みやま環境エコキャラ発表(19日)
・60年代なつかしの米英ソングショー(19日、20日)
・全日本大会優勝チームも出場するダンスパフォーマンス(19日、20日)
・小学生あいさつチャンピオン大会(19日)
・みやまPR歌手「島春冬」歌謡ショー(19日)
・キャラクターショー『仮面ライダーフォーゼ』(20日)
・丸太切り競争(20日)

・法人会税金○×クイズ(20日)
・みやま市ご当地ソング発表(20日、特別ゲスト田中健さん)
・みやま市キャンペーンレディ審査会・発表(20日)
・新ご当地グルメ”みやま丼”グランプリ(19日)
・みやま欲張り体験ツアー(19日)
清水山コース(本坊庭園・紅葉見学)
みかん狩りコース(山川でみかん狩り)
高田海苔コース(海苔の佃煮体験)
農産物品評会(19日、20日)
・発動機とクラシックカーの大展示会(19日、20日)
・100テントの大テント村での出店ブース(19日、20日)
・ふわふわ遊具(小学生以下対象)(19日、20日)
・みそ手作りコーナー(19日、協力:マルエ醤油)
・ジャム手作りコーナー(20日、協力:タカ食品)
・揚げパン体験(19日)
・ヤマメのつかみどり(小学生以下対象)(20日)
・誠修高校生によるハンドエステ(20日)
・木工教室(20日)
包丁とぎ、まな板削り(ご自宅のものをご持参ください)(20日)
・絵手紙教室(19日、20日)
・ミニ汽車(19日、20日)
・全日本「大きじ車」ひっぱりぐっちょ選手権(20日)
・ライブ演奏(GURI GURI、JUNN)(20日)
・ライブペイント(Koji Hayakawa)(20日)
女装・男装コンテスト(20日)
・保健医療経営大学音楽サークルLIVE(20日)
・保健医療経営大学3年生ダンス(20日)
・保健医療経営大学iサイクル部支援活動(20日)
・保健医療経営大学サークルSHOP(20日)
・運動教室&身体測定(20日)
・聖マリアグループによる資料展示(20日)
・ミニオープンキャンパス(20日)
・連句興行(20日) 捌・前田圭衛子師(兵庫県神戸市在住)

∇かささぎのイチオシ

国がどんなにやばいことになっても、自分の運命がどんなにのっぴきならぬものになっても、そう、生きるか死ぬかというときになっても、すがるものはある。
それは誰が教えてくれるでもない、自分のなかにもともとある一枚の地図だ。
自分の血のなかにちゃんと地図がある。

言葉を旅する意識を旅する。

連句を巻くことは、その地図を読むということ。
さばきの言葉に従って、さばきが求める句を出す。
前の句に寄り添い、そこから飛ぶんだ。
いまの若者なら、自然にできることだ。

きたれ、わかもの。
連句という古典芸能は、あたらしい人に眠る、だれもまだ見たことのない、太古の血を待っている。
みんなで、そこに座したみんなで、その怪物の血を奮い起こそう。
その怪物の名は、れぎおん。

豚たちが水をほしがりて落ちてゆく
湖までの距離を愛せり  岡井 隆



« 子、もう職場復帰。 | トップページ | ちさき煮凝り »

コメント

田中 健さんって芸能人の、筑後市出身の、八女高卒業生のあの田中健さん?

その田中健さんです。

ねえ、ともさんもおっしゃってたけど、イベント目白押しで、連句に集中できるのかなあ?心配だわ。
代わりばんこに(投句したひとから順番に)行きたいイベントに行かせてもらってもいい?

・・・と思ったけど、いかんいかん、前田宗匠がいらっしゃるんだった。
やべっ!こんなこと言い出したら、大目玉食らうわ。

やいおまいら。連句人は連句だけするったい。
たとえ外でなにがあろうと、そこを動いたらいかん。
たとえ世界がやけおちても。
観光地での興行があったとて、連句人はなにも見ずに連句だけして帰る。そんなもんだよ。連句以外は無頓着。じつにさっぱり。でも、。男装女装大会、かささぎちょっと気になるな。笑。あと、丼ものとかさ。

前田先生は博多駅前のリッチモンドホテルに夜到着、明日の朝早く瀬高へみえます。
かささぎは先生を駅までお迎えにあがり、大学までお連れします。
遠い駐車場では腰を痛められた先生が歩行困難ですので、学長の好意で関係者券を一枚わけてもらえるそうな。近くにとめれる。今日のうちにそれをもらいにいき、あすの昼ごはんのこともしらべてきます。前田師をもてなさねばなりません。はるばると神戸からみえるのですから。

ところで、らんちゃん。
頼んでいた日本一の梅干し、道の駅には一つもなかったって。さあっと売り切れてしまったらしい。すごいもんですね、日本一効果は。
もう来年にならなきゃ、立花町の梅干しはひとつもない。おおまいがっ!
どうすべな。あとでエーコープでものぞいてみるべな。
せいちゃんはこれるかな、今日四時ごろ。らんちゃんをのせていく。らんちゃんのだんなさん、今日はさかもとはんじろうせいかのイベントで早朝から出ているそうです。ヴァイオリンライブとかいってた。
えめさんが参加できないですので、ほんとうにさびしいです。
えめさん、たからさん(むすこさん受験)が来れません。そらんさんはどうか。きてくれるよう、昨夜コメントかいてきた。ともだちがいがないやつだ。って、かささぎはうらみそうになるよ。

ともさん。発句ありがとうございました。
さざんか、散り敷いてるのはほんとうに美しいですね。
先生が発句案はプリントしてきてとのこと。
まだありませんか。夕方まで待ちます。
推敲も受け付けています。
東京のさくらさんが来て下さるといいのですが。
さくらさん、たまには一句だしてくださいませんか。
芒でも、冬の桜の樹でもなんでもいいから、一句。
おまちもうしあげます。

うたまるさんも、だしてくれないかなあ。
息子さんの学園祭の手伝いをしなくちゃいけないと書いておられた。それっきりです。
こないだの合宿歌仙のとめがきを龍笛についてかいてくださいと依頼したいのですが、こちらの受信パソコンアドレスをあちらの携帯に送信しようとしますが、何度やっても受け付けてくれません。かささぎは異物か?どうしたらいいかな。
肉筆で依頼してみよう。
もし、これをひょっこりご覧になったあかつきには、発句をだしてください。なんというか、まつりの協賛金かわりに。景気づけに。笑。

おなまえを存じ上げない、かささぎの旗をご覧いただいているみなさま、どうか気がむけば、一句ひねってみませんか。今眼にはいる、きせつの風物を575のフレームにことばでおさめてみませんか。
どうかよろしくおねがいいたします。おまちします。

いまになってこのコメントを見ました。
ごめんなさい。
下調べに行ってくれたのですね。

日本一の梅干にはひけをとるかも知れませんが、ともさんが、自家製梅干を持参してくれるそうです。
どらごんさんを伴って明日は参加してくださるようですが、イベントのひとつに申し込みなさってるので、少し席を外されることがあるかも知れません。御容赦を。


発句案

 学生のこゑ充る日の収穫祭
 
 妬心など持たぬがごとく小春凪

 麦蒔きを終へてのどかやみやまの野

seikoさん 申し訳ありませんが 先ほど出してみましたが どうひいき目ににみても はるばる見える先生に差し上げる品ではありませんでした。
立派な梅干の補助に遠慮がちに出そうか ひっこめようか悩んでいたところです。
どう見ても差し出しにくいものですが、一応もって行きます。

発句案

水滴の落つるも寒に入るひびき

遥かなる初冬の銀河煌めけり

短日の時空のなかの駅舎かな

せいたん。さんくす。どの句もきよらでとっても立ち姿がうつくしいです。こういうのを、格高き句といいます。そして何より、明日の祭りへのオマージュがささげられている。その挨拶のこころやよし。これがでていませんでしたのでね。よかった。なんとかなりそうだわ。

あす、ともさんみえるのですね、ありがとうございます。ところで、業務報告、手短に。
学長からいただいた特別許可証、学内駐車フリーパス、たった一枚なんで、私が先生を迎えにいくのにもっていようと思ってたけど、らんちゃんが音彦さんに前田師のお迎えを頼んだら、引き受けてもらえました。それで券は音彦さんの手にわたりました。あす、前田師は、博多発八時十二分の快速で、瀬高駅に九時ちょうどに着かれるご予定です。これも、学長に新幹線の時間を調べてもらったのですが、新幹線ではなく快速のチケットをもうお求めでした。
ホテルがじつにわかりにくいところにあった、とのことで、しまった、やはり博多駅で出迎えるべきだったと悔いました。
とここで、たかひろがかえってきました。
またあとで書き足します。業務連絡とちゅうですが。

ともさんも発句やり直してくださってありがとうございます。ずっと格高くなりました。この、発句の丈高く、という金科玉条は、なかなか難しいのですが、せいこさんもともさんも、さすがに和歌をやっておられるだけあって、なんともいえず、すばらしいです。
あすは、九時少し前につきたいものです。
先生は九時半までには着かれます。
それ以前に到着して、少しでも近い駐車スペースをゲットしたい。三つの町が合同で開くという大きな収穫祭、関係者だけでもすごい数の車がひしめきます。会場をみてきたのですが、まるで、博覧会の会場みたいだった。カーニバルみたいな。こどものふわふわの遊具までがあった。
雨が午前中ふっていたので、地面がぐちゃぐちゃ。
砂をいれたそうで、あすは大丈夫でしょうね。

寒くなって雨はふらないらしいので、よかったですね。早くつけば、なんとかいうイベントの列に並ぶと、無料でなにかがもらえるという話でした。ああ、ちゃんと聞いたんだけど、上の空できいてたんで、肝腎のところがすっぽりぬけてます。ごめん。案内状を入りくちでもらえますので、それをみてね。
たべもの、とてもバリエーションが豊富だった。ついたとき四時半近かった、出店では四時半すぎると半額セールをやっていた。夕食のおかずを買って帰れます。かささぎの買ったリブステーキ、安くてとてもおいしかった。
前田先生のお昼は心配いらないようです。
では、よろしくおねがいいたします。

なにか、わすれていることはないかな。

ああそうだ。らんちゃん、きものでくるそうです。
かささぎも気がむいたら、きものできますかね。

 着物着る十一月のさびしさに

げげ、着物?
そうか、たぶん、先生も着物をお召しになるかも。
いつぞやも、お着物でいらしたことがありましたね。
とてもお似合いだった。

このふつつかものは、30代のときに着物と縁を切りました。着たくても着物がな~い。

 さびしさはここに極まれり着物とふ埒外なもの持たぬ国民

先生は着物ではみえないそうです。雨でしたからねえ。

ふとらんちゃんのことばに同調したくなったのは、なぜでしょう。箪笥の抽斗にけっこうな数の着物がある。それはまだ一度もきたことのないものだったり、一回しか着たことがなかったりする。
らんちゃんは着付け教師をしていたので、結婚と同時にそれをやめたから、忘れそうで、時々は着たいとのことです。それでいえば、私は結婚前に習ったのですが、着る機会など二度しかなかった。完全に忘れた。でも普段着の着物なら、ぶざまに着ても笑われないだろうと。だって帯の上から羽織をきればいいんだものね。でも問題がひとつのこる。
草履。まだどっかにあったかなあ。ないかも。そしたら、下は運動靴かもね。へいきかよ。うん。へいき。笑。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子、もう職場復帰。 | トップページ | ちさき煮凝り »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31