無料ブログはココログ

« ともさん金柑の輪切り | トップページ | 『ササラ電車』をオン座六句で巻くぞの第三、募集中。 »

2011年11月23日 (水)

政策仕分け

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 11 月 23 日 政策仕分け

昨日(22日)は「政策仕分け」の3日目で、医療、介護、年金などの社会保障がテーマでした。

イラストや図表を用いて日本の社会保障の厳しい現実が説明され、仕分け人からは、社会保障の分野で効率化できることについて、聖域なく、最後まできちんと効率化すべきとの強い意見が出されています。

社会保障制度については「継続」させること以外の選択肢はありません。

すなわち、現実が厳しいのであれば給付(額、サービス)の削減や保険料や税金の負担増を行うしかありませんが、効率化によって節約できる余地があるのであれば、そちらが先決です。

医療の効率化は、制度上の効率化だけではなく、現場レベルでの効率化の積み上げが必要です。

制度上の効率化は、病床区分の機能分化など、改善の余地がありますが、現場レベルで制度改正によって余剰となった資源(人材など)が有効活用されずに放置されれば、総体として非効率です。

現場レベルでの非効率(無駄)が積み重なれば、全国的には大きな無駄となります。

現場レベルでの効率化とは、結局は医療経営をしっかりと行うことに尽きます。

医療経営の効率化には、医療経営の素養が必要ですが、本学は、その素養を身に付けた人材を輩出するために設立されています。

(学長ブログ転載)

« ともさん金柑の輪切り | トップページ | 『ササラ電車』をオン座六句で巻くぞの第三、募集中。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政策仕分け:

« ともさん金柑の輪切り | トップページ | 『ササラ電車』をオン座六句で巻くぞの第三、募集中。 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31