無料ブログはココログ

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(90)               TPPと医療 その2 | トップページ | ご隠居、あんなところに! »

2011年11月 5日 (土)

金縛り、一枚!

きのう、みたかった映画をみてきた。

車をとばして二時五十分からのにぎりぎりで間に合う。

「かなしばり、一枚!」

チケットを買うのに、わたしのまえには母娘組が一組いるだけ、(彼女たちもおなじ映画を買っていた。)中はガラガラにすいていた。平日だったからでしょうね。

最初のシーンからとりこまれて、ずうっと笑っていた。
ひさびさに大笑いして、すかっとしました。

英語表記、いつのまにか姓を先に、名をあとに式になっています。
それだけ日本人も自己主張ができるようになってきたのですね。

はなしがはなしだけに、かささぎの旗は、なぜ天文年間の和歌と出会ってしまったのか、ということを思っていました。
映画の中では笑いの種なんですが、上司の弁護士あべちゃんはしんじゃうのですよね。
ぽっくりと。
あれ、ショックでしたよ。
ほれ、よく発掘にからむ死亡というのがあるでしょう。
タタリじゃというてかたづける。
それに近いものをかんじた。おそらくそうなんでしょう。

ところで、成仏できない武将の霊が身にまとう陣羽織、背中に鳥の羽がちらりとみえるのです。それがなんという鳥か、かささぎは気になってしようがないわけ。
岩明均の漫画、七夕の国のかささぎの絵しか連想できないくらい。

ので、映画感想のコメントを検索した。
すると、ヤタガラスだとでているのがあった。

そうなんだ。
武将は陣羽織を自慢するのですが、その割りに羽織が貧相にみえたのは、重量感がないように見えたからかもしれません。きっと高級な軽い絹でできていた?ねだんではなく、みかけっていうのはだいじなんだな。とおもった一こま。

武将の子孫である郷土史家がみせてくれる武将の肖像画、迫力ありましたよねえ。
法廷の中での肖像画はたいがいたいくつですが、ヒロインのかいた絵は最高だった。

さいごにヒロインはゆうれいの姿がみえなくなります。
幸せになった、ってことでいいのだろうか。

陰陽師役の人おもしろかった。イメージどおりです、あんな感じの人が陰陽師だと思うから。中井貴一もね。はまっていましたね。
郷土史家を演じた人(点の記の主役はった人)の帽子と服がハマッていた。
連句的で、いろんなとこからの引用がおもしろい映画でした。
うれない役者役の佐藤浩市、今回も笑わせてもらいました。

監督はずっと同じテーマを追っています。
誇りをなくしたら、にんげん、おしまいよ。
自分を信じて、まっすぐに行けよ。

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(90)               TPPと医療 その2 | トップページ | ご隠居、あんなところに! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金縛り、一枚!:

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(90)               TPPと医療 その2 | トップページ | ご隠居、あんなところに! »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31