無料ブログはココログ

« もう年末調整の書類だってさ。 | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(80)             中医協と介護分科会の合同会資料から »

2011年10月25日 (火)

八幡巻とおさいせん。

かささぎは今献立を説明する掛をおおせつかっている。
これから配膳する料理について四枚~八枚の病気別献立表を見ながら、説明をします。
調理師も洗浄掛りの方も栄養士も聞いておられます。
(いちばん聞くべきは、説明するかささぎ本人なんです、したっぱだから。)
で、きのう。
常食メニューのメイン料理に二種類ありました。
一つは魚の味噌漬け焼き。もう一つは牛肉の八幡巻。
「牛肉のはちまんまきは・・」と言ったとたん、ぷっと笑われてしまいました。
調理師で栄養士でもある鈴木くんが、それはやわたまき。はちまんまきじゃないからね。

はあそうなんですか。

(いましらべる。)

京都の八幡市がごぼうの名産地で、そこから来た名前だと書いてあります。
北九州のやはたと同じ字を書きますが、音はヤワタです。

へ~え。しらなかった。ごぼう巻としか言っていなかった。
正式名称は、やわたまき、なのか~。

仕事になじんできました。
高血圧や心臓病、透析、腎臓、糖尿の別で肉が野菜に変わったり、芋類がブロッコリーになったり、味付けが半分の調味料になったりしていく、そのような「さしかえ」のパターンがさまざまに、かささぎの愚鈍なあたまにもそのまんま降り積もってきました。
ちくわみみでしんじられないほどあんぽんたんのかささぎでも、じっと耐えて忍べば何とか使い物になるようです。(あ、たえてしのぶのはあっちです。かささぎではありまへんので、すみませ~ん。)

早番をおえて帰る鈴木君と昼休みロッカー室でいっしょになった。
「かささぎさん、ほら、これ」

はい?

みると、百円玉。

えーわたしはおじぞうさんなの。

そ。おさいせん。後光がさしよったから・・・ちゃうちゃう。
がんばってくれてるから。ぼく、いつも厳しいこといって、ごめんね。
ほんとは缶ジュースおごりたいけど、これでごめんね。

ふうん。そういうこと、するんだ。
内心おかしかったが、きもちがありがたく、おしいただく。

(これで名実ともにかさこじぞうになったよ。)

辻調理師専門学校の八幡巻の作り方、ただし、うなぎ。:http://www.tsuji.ac.jp/hp/jpn/edo/recipe/unajyuu/unajyuu.htm

« もう年末調整の書類だってさ。 | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(80)             中医協と介護分科会の合同会資料から »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八幡巻とおさいせん。:

« もう年末調整の書類だってさ。 | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(80)             中医協と介護分科会の合同会資料から »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31