無料ブログはココログ

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(73) 中医協総会 | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(74)            医療機関の領収書発行 »

2011年10月13日 (木)

山中智恵子と河野裕子

今ごろになって、ふっと気づく。

河野裕子は京都女子大の国文科を出ている。
山中智恵子と同じ大学で学んだのですね。
山中の時代は名前が違っていますが、おなじ大学です。
土井たか子元社会党のボスもそこ。

山中智恵子に対しては、俳人森山光章に教えてもらってからというもの、その神秘的な歌風に強い憧れがあって、たとえば次の歌など、意味がつかめないままに心奪われる。

秋の日の高額(たかぬか)、染野(そめの)、くれぐれと道ほそりたりみずかなりなむ

     山中智恵子

   『 みずかありなむ 』 抄より

みずかありなむ、ということば(この歌の中ではみずかなりなむだけど)。
ふしぎな呪文のようで、わすれがたい。

わたしはこの夏、自分でも勝手に引用した句をつくった。

みなづきのみづかありなむほととぎす    恭子

この句ではみづかは水塚としてよめそうだけど。

日本のうたへの深い教養があってはじめてよめる山中智恵子の歌。

http://okwave.jp/qa/q2352254.html

河野裕子はその魔力の影響をうけなかったのだろうか。
わたしはまだ、なにもしらない。

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(73) 中医協総会 | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(74)            医療機関の領収書発行 »

コメント

歌人・志垣澄幸のプロフィール
検索8位
このカテゴリーの「歌集」、せいこさんの受賞作品も収録されています。

滞在時間 15分56秒 閲覧ページ数 2ページ 参照元 歌集 河野裕子

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山中智恵子と河野裕子:

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(73) 中医協総会 | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(74)            医療機関の領収書発行 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29