無料ブログはココログ

« ノリノリご隠居 | トップページ | 蹴りを入れても一人 »

2011年10月16日 (日)

病院報告(2)                     病院外来患者数が減ってきている理由は?

保健医療経営大学学長

 

 橋爪 章

2011 年 10 月 16 日 病院報告(2)

平成22年の病院の一日平均外来患者数は141万2245人でした。
昨年より4600人(0.3%)減っています。
人口構造の高齢化により病気を抱える人の数は年々増加しているはずであるのに、外来患者数が減少しているというのは不可解な現象です。
この減少傾向は10年前の平成12年から続いています。
平成12年までは増加基調であったのが、この年から減少基調に転じています。
平成12年の1日平均外来患者数は181万990人でしたので、10年間で40万人(22%)も減少しています。
病院病床も減少を続けていますので、外来の40万人が入院に転じたというようなことはありません。
病院と診療所の役割分担が広がり、病院外来の40万人が診療所外来へとシフトしたのでしょうか。
平成12年は介護保険制度が始まった年です。
訪問看護、訪問介護、訪問リハビリの普及・定着にともない外来へ通う頻度が少なくなってきたのでしょうか。
処方薬の14日処方から30日処方へのシフトが進んで再診頻度が減ったのでしょうか。

健康増進活動や予防活動が功を奏して患者の絶対数が40万人も減ったのであれば喜ばしいことですが、糖尿病や高血圧症や高脂血症の患者数がそれほどまでに激減しているとは聞いたことがありません。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

その1はhttp://tokowotome.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-58c5.html

« ノリノリご隠居 | トップページ | 蹴りを入れても一人 »

コメント

▽かささぎ厨房日誌

勤務先の病院には外来透析があります。
その方々のお弁当も提供しています。
日に十数人の弁当箱を洗い、準備します。

かささぎの目下の苦労。
おかゆゼリーが難しくて、なかなか思うような硬さに、というか軟らかさに固まってくれません。
ボスが作って見せてくださったものは、絶妙。
ポイントはおかゆの水分量と温度(あつくないとだめ)ミキサーのかけ具合。何度も失敗してつかむしかない。

検索サイト Yahoo  検索ワード 患者数 減少理由

3位

9位の、読んで

患者数減少傾向 病院 要因

4番目くらいに出るようです
読まれています。

ここもよまれていました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノリノリご隠居 | トップページ | 蹴りを入れても一人 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31