無料ブログはココログ

« ヘバル川にてバッテリー切れ | トップページ | セイタカアワダチソウはなぜ泡立草なのか。談義。(かな?) »

2011年10月17日 (月)

背高泡立草

辺春(へばる)川にて

« ヘバル川にてバッテリー切れ | トップページ | セイタカアワダチソウはなぜ泡立草なのか。談義。(かな?) »

コメント

この川の近くに幼馴染が住んでいます。
ここでバッテリーがきれて、うろうろとしていたとき、川向こうの小さな山に、村を見守るような感じでたつ、鳥居がみえました。石段もはっきりみえます。
その写真を何枚もとったのですが、なぜか削除していました。
友にきいてみたら、それはコウラシャというお宮だそうです。こうら、高良神社の末社なのですね。
なんとなくよばれたきがしました。
みなもとの鑑述にです。

セイタカアワダチドウとススキのお話、ここ読んでくださいな。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1353.html

ススキがんばれ!

さくらさん
こないだの記事で泡立草が自滅を始めたというのをよみましたが、これでよく背景がわかりました。
興味深い読み物です。
すすき、がんばれ、そしてありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背高泡立草:

« ヘバル川にてバッテリー切れ | トップページ | セイタカアワダチソウはなぜ泡立草なのか。談義。(かな?) »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31