無料ブログはココログ

« きょうのアクセス解析、生ログ編。 | トップページ | 横山康夫 『天心を』 »

2011年9月 1日 (木)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(53)           ケアマネジメントとケアマネジャー

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 9 月 1 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(53)

介護給付費分科会におけるその他の論点です。
~~~~~~~~~~
区分支給限度基準額について
・区分支給限度基準額については、まず、ケアマネジメントの実態を踏まえた上で、議論をするべきではないか。
ケアマネジメントについて
・自立支援型のケアマネジメントへの転換を図るため、ケアマネジメントの実態を踏まえ、介護支援専門員の質の向上やあり方について検討すべきではないか。
介護サービスの質の評価
・すでに導入された加算の検証や、施設(特養・老健)における実態調査結果を踏まえた対応について検討すべきではないか。
・また、将来的には要介護認定データとレセプトデータを突合させたデータベースを構築し、事業所毎のアウトカムを検証できる仕組みを検討してはどうか。
福祉用具について
・「外れ値」への対応について
・比較的安価な福祉用具の取り扱いについて
・専門職の関与と適切なケアマネジメントの推進について
~~~~~~~~~~

「ケアマネジメント」という言葉がいくつも登場しますが、それは「実態を踏まえ」るべきものとされています。
ケアマネジメントとは、ケアマネジャー(介護支援専門員)が行う仕事の全体像です。
ケアマネジャーは「ケアプランを作成する」ことが仕事ですが、ケアプランを作成するためには対象者(要介護者)と面接し、対象者の生活課題を分析しなければなりません。
また、ケアプランを作成するだけでは駄目で、プラン通りにサービスが実施されるように対象者を導かなければなりません。

さらに、サービス実施後も進捗をモニタリングし、評価をし、フィードバックを行わなければケアプランの質は維持向上できません。
これらの一連の作業がケアマネジメントですが、ケアマネジャーの資質により実態は千差万別であるようです。
「区分支給限度基準額」は要介護度ごとの支給限度額ですが、ケアプランが限度額を超過すれば超過分は全額利用者の自己負担となります。
自己負担を強いることがないよう限度額を引き上げるべきとの要望が強いのですが、限度額超過はケアマネジメントの質(非効率性)に起因するとの見方もあります。
福祉用具については薬価のように全国統一価格ではありません。
同一製品でも非常に高額な請求がなされる場合(「外れ値」)があり、福祉用具貸与に価格差がある実態があります。
情報公開などを通じて価格の適正化が必要です。
比較的安価な福祉用具については「貸与」ではなく「販売」に、という議論があります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽政治局面でのコメント

コメント

やっと菅首相が退陣します。
首相公邸の主が変わります。
5・15事件や2・26事件など、首相の公邸はクーデターの襲撃目標にされるので、首相のプライベート居住空間であるとはいえ、セキュリティは万全でなくてはなりません。
ところが、こんなニュースを目にしました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
菅直人首相の伸子夫人は21日、首相公邸に友人を招き、残り少なくなった公邸生活を楽しんだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
伸子夫人の「お茶の友人ら」20人近くだそうです。
自宅に奥様の友人を招くな、とまでは言いにくいのですが、伸子夫人はパーティ好きで、しばしば公邸でパーティを開かれています。
これじゃセキュリティ体制が外部へ筒抜け、「友人ら」の中にスパイが混じっていたら盗聴器が仕掛けられるリスクもあります。
退陣間際にこんなこと(↓)をしでかすような首相なので、退陣間際のパーティ開催には明確な意図がある可能性があります。新首相には念入りな公邸のセキュリティチェックをお願いしたく思います。http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jcast-105737/1.htm

NHKの大河ドラマ予告HPです。(↓)http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/pre/03/index.html

皇族の表記がすべて「王家」「王」になっているのが話題になっています。

   ↑
ちなみに原作は「ちりとてちん」の藤本さんです。

ここ(↓http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/55763.html)に原作者コメントが掲載されていますが、藤本さんは「天皇家」と書いています。

ほほう。天皇と王の関係は天皇>王ですね。
とはいえどかささぎ、そげんこつはどげんでんよか。
西行役、ふじきくんだわ。きゃー!
主役の松本ケンイチもすきですが、よりとも役の岡田くん(はるふうえい主演)も藤木くんも好きです。
はっ。いかんいかん。
それにしても、日本のこの時代の天皇はどのおかたも魅力的ですね。うたのちからがかがやいていた時代。
じょゆうさんたちもまっこてきれいじゃ。なるみりこ!

« きょうのアクセス解析、生ログ編。 | トップページ | 横山康夫 『天心を』 »

コメント

週間朝日に福島第一原発の現場近況がありました。
「菅総理がやっと辞めますが、仲間とは祝杯で盛り上がりました。」
事故処理にいかに障害となっていたのかがよくわかるひとことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きょうのアクセス解析、生ログ編。 | トップページ | 横山康夫 『天心を』 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31