無料ブログはココログ

« 谷口慎也の連衆61号 | トップページ | 八女福島灯篭人形夜の公演 ’11 »

2011年9月23日 (金)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(60)          次期改定へむけて

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 9 月 23 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(60)

社会保障審議会医療保険部会に提出された「次期改定に向けた背景及び論点等」の資料には次のような記載があります。
~~~~~~~~~~
○ 誰もが安心して質の高い医療を受けることができるとともに、限られた医療資源や財源を重点的かつ効率的に投入するために、前回の4つの「視点」について引き続き今回も「視点」として位置付けてはどうか。その際、修正するべき点はあるか。また、それぞれの具体的な検討の「方向」については、どのようなものが考えられるか。
○ また、今般の診療報酬改定は、6年に1度の介護報酬との同時改定であり、医療・介護の機能分化の推進及び地域における連携体制の構築に向けた評価の在り方の検討について、どのように基本方針に位置付けていくべきか。
○ こうした検討において、社会保障・税一体改革成案(平成23 年6月30 日政府・与党社会保障検討本部決定)において掲げられている、今後の医療・介護のあるべき姿として、病院・病床機能の分化・強化と連携や、在宅医療の充実等についてどのように踏まえていくか。
○ さらに、東日本大震災による被災により明らかとなった、災害時における医療提供体制の問題点等を踏まえた災害に強い医療の在り方に関する評価や、被災地への診療報酬上の対応の在り方について基本方針に位置付ける必要があるのではないか。
~~~~~~~~~~
これから12月上旬までの期間では、ここに掲げられていない「視点」や「方向」が次々に追加されるような時間的余裕はないでしょうから、今後の作業は、ここに掲げられていることを具体化してゆくことになります。

保健医療経営大学学長ブログ転載

« 谷口慎也の連衆61号 | トップページ | 八女福島灯篭人形夜の公演 ’11 »

コメント

突然失礼いたします。

本気で社会正義・日本を思う方々は、

http://blog.yahoo.co.jp/ansund59の真相究明を!

長年、政府・言論・キチガイ公務員、あらゆる所で特恵・恩恵を受けてる人達が
一致団結をして、
独裁・犯罪国家にしてるようです。

表向きでは愛国・国家保安の名を借りて
裏では国と弱い人達を食い物にしてるって
(官民が共謀して、誰も気づかずに他人の財産を強奪、国の各種手当、補助金、支援金の組織的な不正などなど、、、)

権力者達が国民の名を借りて何をやってるかをしっかり監視しなければ、

大ウソ付き、泥棒、詐欺師、殺人者の政治家、弁護士、警官、医者、先生、SE達を増え続かせる事になり、、、

このような事は
殆どの人達が騙された事され気付かずに騙されてるので手に負えない、、、です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 谷口慎也の連衆61号 | トップページ | 八女福島灯篭人形夜の公演 ’11 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31