無料ブログはココログ

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(56)           4分の3以上の健保組合が赤字 | トップページ | 違う部分をマーキングせよ。 »

2011年9月19日 (月)

現代川柳『点鐘』第148号よりちょこっと御紹介

現代川柳誌『点鐘』148号

 平成23年9月発行
 

 発行人:墨 作二郎 (堺市南旅籠町)
 

2,3ページ作品より

ハッケヨイの気迫テロップまた地震   奈良 瀬尾照一
暑い日の何か食べたくなる不安     松山 無智絹子
フクシマがダブって見える八月忌    相模原 瀧 正治
映るテレビを貧乏人が捨てる羽目      〃
分配にもたつく被災地へ送る塩       〃
十二色使い原発黒く塗る           〃
まな板の上で暴れる首相かな        〃
平和賞出す国にいるテロリスト       〃
少し顔見せないと殺されている     川西 一階八斗醁
世界一ごっこより原発ない暮らし      〃
大臣はアナログでいい大震災     大阪  北川アキラ
故郷も神も仏も呑み込まれ       東京  杉戸金一
30度に涼感がある今年の夏       〃
手も足も宙を掻いでる無我夢中    札幌  中村迷々亭
流れ星支えあってるピエロたち     〃
半死半生譲り合えない針の芯      〃

津波ひき日本全国へびいちご     神奈川  渡辺隆夫
サングラス軍手グンソク優男      〃
夏台風テメエのらくらしくさって     〃
美しい幽霊が立つガレキ跡       〃
新茶一杯セシウムは呆けに効くか  〃
セシウム牛食うて爺さんまた吠える  〃

いっせいに棚引く一億人のタオル   京都  岩田多佳子
沈みゆくスポンジだったか戦争だったか  〃
湖にはっきり見えるしつけ糸        〃
泣くなよと言うて泣いてる火垂るの墓  与勇輝展 名古屋 平井玲子
※終戦の日の一ヶ月前に焼夷弾投下で家を焼かれ、翌年一月父は栄養失調死した。その経験から「火垂るの墓」の心が身に沁みる。そして幼い兄妹の人形を何度も見に戻った事も。(編集者すみさくさんの言葉)

あたえゆうきの人形展:
 http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2248

▽かささぎの独り言

勢いがあっておもしろいのは、やはり渡辺隆夫。
魚命魚辞は衒学的で高級すぎて口にあわなかったけど、これは文句なしにおかしい。
そうか、セシウムぎょうさんとりいれたから、杉山のおんじいは今なおかくしゃくと吠えていなさるんだな。とよ~くわかった。すげえもんだぜ。こいが川柳たい!

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(56)           4分の3以上の健保組合が赤字 | トップページ | 違う部分をマーキングせよ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代川柳『点鐘』第148号よりちょこっと御紹介:

« 平成24年診療報酬・介護報酬改定(56)           4分の3以上の健保組合が赤字 | トップページ | 違う部分をマーキングせよ。 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31