無料ブログはココログ

« 『セントエルモの火』  バンプオブチキン | トップページ | 木のようにでかい蓼 »

2011年9月 8日 (木)

福岡県南部の医療供給体制(5)            病床数に医師数は比例しない

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 9 月 8 日 福岡県南部の医療供給体制(5)

福岡県は病床数が多いため、医療従事者数も多くなっています。
日本では人口10万人あたり医療施設従事医師数は213人ですが、福岡県では全国平均より2割以上多く人口10万人あたり268人です。
とりわけ病院医師数は全国平均より3割多くなっています。

人口10万対 病院医師数 診療所医師数    計
全   国    136.5     76.5    212.9
福 岡 県    179.1     89.2    268.2
(医療圏)
[福岡・糸島    228.1   103.2   331.3]
久 留 米     312.4    92.8   405.3
八女・筑後     108.6    82.4   191.0
有   明      131.5   100.2   231.7

福岡県で人口あたり医師数が最も多いのは久留米医療圏で、福岡県で2番目の福岡・糸島医療圏よりはるかに多く、突出した医師数です。
久留米医療圏の病院医師数は全国平均の倍をはるかに上回っています。
しかし、同じ福岡県南部の医療圏でも、久留米医療圏に隣接した八女・筑後医療圏では全国平均より1割少なくなっています

八女・筑後医療圏の病院では医師不足感があります。
有明医療圏では診療所医師数が福岡県で2番目に多いのですが、病院医師数は全国平均と同じくらいです。
有明医療圏の病床数は全国平均の倍ですので、病院の病床あたり医師数は全国平均の半分しかいないことになります。
薄い医師密度で病院診療が行われていることになります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの独り言

全体から地域を見る。
いろんな分野で細かく見る。
こうしてみると、福岡県は医療産業のさかんな県といえますね。
久留米になぜ医師が集中しているんでしょう。
医大があるから?
世襲の医師が多いから?
次々とわいてくる興味と疑問。
学長ブログの最後に書かれた、

有明医療圏の病床数は全国平均の倍ですので、病院の病床あたり医師数は全国平均の半分しかいないことになります。
薄い医師密度で病院診療が行われていることになります。

具体的にはどういう困難があるのでしょうね。
よそからの応援の医師が必要ということかな。
慣れればそれが日常ということかな。
だれも比較しながら生きてはいないということでもあるが。

こういう比較統計、面白いですね。

きのうのコメントまとめ

コメント

人格攻撃がはしたないということはわかってはいますが、書かずにおれません。
テレビや各紙での前総理インタビュー。
私はやることはやった、悪いのは部下だった、東電だった・・・と平気で宣う前最高責任者には反吐が出ます。
指揮系統に問題あり?
あんたの責任でしょ。
SPEEDI情報を知らなかった?
あんたが指揮した防災訓練の手順にありましたよね。

これからの日本の外交はこの方々に委ねます。
田中真紀子:衆院外務委員長(外務省は伏魔殿。)
外務大臣:玄葉光一郎(戦後最年少外務大臣。外務初経験)
副大臣:山口壯(衆院本会議にて「美しい国は憎いし苦痛」と質問に回文。)
副大臣:山根隆治(参院総務委員会でUFOに関する質問。UFOについて内閣に質問主意書を提出。)
大臣政務官:加藤敏幸(元日本労働組合総連合会組織局長)
大臣政務官:中野譲(東南アジアで5年間のNGO活動)
大臣政務官:浜田和幸(TPPアメリカ陰謀説論者。大震災の地震兵器説論者。)

今回の名簿は非常に心配、崖っぷちです。
くるところまで来たって感じです。

デモが起きないほうがおかしいです。
最後は国民の意識のみ、いざとなったら良識が働く国民だと言われていますが。

「市民の党」の代表斉藤まさし(酒井剛)氏は、毛沢東思想で革命を起こすと雑誌インタビューで公言するほどの過激な革命思想家で菅とは30年来の仲。ポルポトとの関係は前に書きました。斉藤氏の目的は、日本の体制を根本から破壊して極東アジア連合国家を作ること。ただの夢想家ではなく、中国共産党との資金パイプを持ち、フィリピンのマルコス政権を転覆させる地下工作を成功させた実績もあるとか。
選挙協力と献金で弱みを握られた民主党議員が斉藤氏に操縦されて、米国・日の丸・君が代・皇室との距離感を演出させられている、と考えれば、民主党の想像を絶する出鱈目ぶりにも頷けるフシがある。斉藤氏には小沢より菅のほうが操縦しやすく、代表戦では菅側にべったり梃入れして恩を売った。菅へ献金した外国人は、「北への送金王」と称されていた大物だとか。前原、野田献金とはレベルも意図も異なります。捜査の進展を望みます。

口蹄疫のときお世話になったありんくりんさん。
原発被害者になって、がんばっておられます。
ここ、たいへん素敵なブログです。ますますいいかんじですね。
↓と、感心している場合じゃないのか。
しょせん、第三者の思考しかできん。なにを書いてもむなしくひびく。

批判されてるたかじんのそこまでいって・・、いつのまにか見なくなってる。

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/

投稿: かさ | 2011年9月 7日 (水) 22時09分

« 『セントエルモの火』  バンプオブチキン | トップページ | 木のようにでかい蓼 »

コメント

久留米大学前の篠山城祉のところに久留米大学発祥の元で医学を広めた人のことを書いた碑があります。
お医者さんが多いのは、それがそうなのかなぁ・・・と思いました。

山口つよし副大臣
47件中4位
1位はこれ↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『セントエルモの火』  バンプオブチキン | トップページ | 木のようにでかい蓼 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31