無料ブログはココログ

« 高校生の社会体験~保健医療経営大学オープンキャンパス | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(37)         特養は個室化する »

2011年8月 6日 (土)

原爆忌に満身の怒りをこめて国の原発事故対応を疑う


コメント編集

コメント
10シーベルトが屋外で計測とは・・・
燃料棒が外へ飛び出していることの証拠ですね。他にも飛び散っているのでは。
ふたつの深刻さがあります。
・原子炉が密閉状態になかったこと
・原子炉が密閉状態にないことを隠し続けてきたこと

あちゃ~ぢごん出とっとのばれたばい。

投稿: 茹で日本 | 2011年8月 3日 (水) 11時54分

口蹄疫騒動の頃からか、TV報道のおかしさを感じています。
電通や電力会社がバックにいる会社の不正は報道が規制されるなど、それが資本主義の仕組みだと言われればそれまでですが、最近の高岡蒼甫氏やふかわりょう氏が起こした騒動(当然のことながら、ほとんど報道されていません)で背筋が寒くなるほどテレビ局がおかしなことになってきていることがわかりました。
国際舞台で日本が勝利しても国旗掲揚や君が代斉唱を流さないテレビ局、韓流ドラマやK-POPの氾濫、カツオの部屋には韓流スターのポスター、人気番組の視聴者アンケートの「好きな鍋料理は?」で全世代1位が「キムチ鍋」・・・
テレビ局の、議決権を有する株式の外国人の保有率がネット上に見つかりました。
日本テレビ 19.99%
フジテレビ 19.99%
テレビ朝日 15.11%
放送法では、テレビ局が総務省の認可を受ける条件として、議決権を有する株式の外国人の保有率は20%以内と定められています。外国によるテレビ局支配を防ぐための規定です。
テレビ局は、20%を超えて外国人が株式を有する事態になったときは、一部の外国人にお願いして議決権を外す(名簿への未記載)ことで放送法に抵触せずに済ますことができます。
たとえばフジテレビは外国人株式の7%以上について議決権を外すことにより、かろうじて20%未満の保有率としています。
もし大口の外国人株主が名簿未記載を承認しなければ、ただちに認可取り消しです。
これは外国人株主へテレビ局の生死与奪権を与えることと同じです。
日本を代表するテレビ局が外国人に乗っ取られてしまっています。
NHKには及ばない論理ですが、NHKは政権政党に偏向しがちな放送局で、もとより中立ではありません。

投稿: 茹で日本 | 2011年8月 3日 (水) 16時08分

(19年度) (20年度) (21年度) (22年度)
480億円→495億円→603億円→1027億円(投機)
234億円→209億円→170億円(和牛出荷売上げ)
・                    88億円(賠償金)

投稿: 茹で日本 | 2011年8月 3日 (水) 16時40分

みのもんたがきらいです。びっくりしました。ずうっと長時間でっぱなしですね、まいあさ?
しかし見出しにあぐらってあり、ほかのテレビ局は一つも報じてないため、五時半から流してました。
七時半ころでしたが、ながれました。
なんだったとおもいますか。
そもそも放射能が悪い、放射能さえなければ、こんなことには・・・というではありませんか。
こらこら、そうじゃないでしょうが!
あれでは宣伝です。賠償金ほしさの。
ひさびさのありんくりんさんです。↓

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-ca06.html

投稿: かささぎ | 2011年8月 3日 (水) 21時10分

オーナーがつぎ込んだ元本分も負債とみなせば総負債額は4500億円だそうです。
豊田商事事件の数倍規模です。
しかし、大事件にしては報道が静かです。
詐欺不正の疑いありとして顧客調査が入れば、これまで牛の売買益を確定申告していなかった人たちには、脱税追徴が及ぶおそれがあります。
寸前に逃げ切ったオーナーたちも安心できません。
口蹄疫の時に暗躍していた闇の組織の人たちは、いまごろ真っ青かもしれません。

投稿: 茹で日本 | 2011年8月 4日 (木) 13時58分

この2カ月、訪日して首相と会談した外国首脳は3人だけだそうです。
インドネシアのユドヨノ大統領、トーゴのニャシンベ大統領、クック諸島のブナ首相。
また、今後、首相との会談日程が確定している元首もいないのだそうです。
本来なら広島、長崎の式典の前後には首脳会談が目白押しであるはずなのに・・・
日本をこれほどまで孤立化させてしまったことに張本人は気付いていないようです。
日に日に国益が損なわれてゆきます。

投稿: 元外交官僚 | 2011年8月 4日 (木) 16時44分

(訂正)
クック諸島のブナ首相との会談は外務大臣へ任せたようですので2か月に2人ぽっちでした。

投稿: 元外交官僚 | 2011年8月 4日 (木) 17時08分

かんさんにあいたいひとはいないでしょうし、日本に足を踏み入れたいひともいないでしょう。

たちばなあきら、。↓

投稿: かささぎ | 2011年8月 4日 (木) 18時12分

たちばなあきら

かささぎマークをクリックしましたが、真っ白で、何も出ませんでした。

投稿: ぼん | 2011年8月 4日 (木) 22時46分

そうですか、ではこれは。
橘玲、大震災の夜。↓

http://www.tachibana-akira.com/2011/08/2967

投稿: かささぎ | 2011年8月 5日 (金) 08時07分

ごめんごめん、横にスライドすれば良いだけだった。

budさんも何か感じるところがあると書いてはあったけど、何も更新されていない。おっちゃんは何を考えているんだか。

投稿: ぼん | 2011年8月 5日 (金) 21時24分

あ○○。なかなかしたたかな会社です。
「調査」をして1か月後を目処に調査結果を示す、という変な発表を週明けにして、窓口が担当弁護士に一任されています。「倒産」発表との違いは、解約の意思表示が受け付け可能、ということで、ここに重要なポイントがあります。「倒産」してしまったら、解約手続きは受け付けられません。
解約の意思表示ができるのにかかわらず解約手続きをしなかった、という事実は、会社にとってオーナー訴訟に有利になります。案の定、ネット上では、自己責任なのでいまさら解約しても無駄、という工作情報が溢れています。
1か月後というフェイントがかけられているため、もう少し調べてから解約、という心理的な余裕を与えていますが、実際の法的倒産は10日が照準の模様です。この日以降は解約の意思表示の機会が失われます。意思表示をしなかったら、この会社の商法に合意した上での取引と見なされかねません。
脱税追徴をほのめかして解約手続きで表に出ることを思い留めさせようとするネット工作もありますが、脱税疑惑がある以上、遅かれ早かれ国税庁は全リストを入手します。脱税追徴を恐れて動かない人は会社の思う壺です。表に出ようが出まいが、国税庁は、情け容赦なく過去7年に遡って取引リストと納税実績とを照らして追徴課税します。
投機は自己責任とはいえ、どれだけ多くの人が「騙された」かを示すバロメーターが、解約者の割合です。解約者が少なければ、投機者も合意の上での取引という主張が通り易くなりますので「詐欺商法」だとは認定されにくくなります。

投稿: 茹で日本 | 2011年8月 6日 (土) 12時11分

おお、なんというたくらみにみちたあくどさ。


まだ倒産はしてないのか。胡坐、すんどめ。

「弁護士一任」、弁護士の智慧の結晶なのか。
こういうのは弁護士のしごとなのですか。↓


http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1212428_1588.html

投稿: かささぎ | 2011年8月 6日 (土) 15時20分

« 高校生の社会体験~保健医療経営大学オープンキャンパス | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(37)         特養は個室化する »

コメント

「預託農家」への支払いが滞っているようです。
数百頭を預かっている農家もあります。
農家には所有権がありませんので勝手に処分できません。
牛は生きているので、支払いがなくても餌代が嵩みます。
投機者の損害ばかりがクローズアップされていますが、こちらも大問題です。

契約者(オーナー)の意思で解約できる期間を与えた上で解約をさせない、というのが会社の戦略です。倒産後には解約手続きができませんので、契約者に残された時間は、もう明日と明後日くらいしかありません。
契約書に、契約者への元本保証は書いてありません。巧妙です。
ところが、解約のくだりに会社の脇の甘さがあり、解約した途端、4か月後に元本の9割を返済するということが明記されています。解約すると1割損するよ、という心理的圧力を狙ったのでしょうが、これが、逆に元本保証の権利を契約者(解約者)に与えることになっています。
解約すれば、元本の9割の権利が解約者に生まれますので、倒産しても、元社長や役員相手に「金返せ!」と訴え続けることができます。金が返ってくるかどうかは別問題ですが。

広島で首相は脱原発に言及しました。大方の予想とおりです。
昨年の夏も、首相は、今後の政策に関わる重要な発言をしています。
非核三原則の法制化について「検討した中で判断したい」と。
ところが、いつまでたっても「判断」の気配はなく、この一年、検討された気配もありません。言いっぱなし発言だったようです。
発言が羽毛よりも軽いと言われる所以です。

その商法がすれすれであるということは、おーなーのひとたちも始めからごぞんじでしょう。だから少しも同情はわきませんが、委託農家のかたがたはとってもお気の毒ですね。

かんさんの脱原発、どこまで本気?と見出しにもかかれてありましたね。その場をしのぐためであるような印象があります。

国内のすべての牛は『個体識別番号』で管理されているので、放射性セシウムで汚染された稲わらが与えられた可能性のある牛の移動先はすべて追跡できます。
この追跡情報と、牛肉を検査して基準超えの放射性セシウムが検出された牛の情報とを照合すると一致しますので、わが国の牛の流通管理システムが健全に動いていることを確認することができます。
ところが、5日、栃木県那須町の「ある」繁殖農家から出荷された肉用牛から、国の基準の4倍を超える放射性セシウムが検出されました。汚染地の稲わらルートから追跡できた牛ではありません。
農家が保管していた稲わらからも放射性セシウムは検出されませんでした。
真夏のミステリーです。
口蹄疫の時にも不自然な牛の移動が噂されましたが、すべての牛は『個体識別番号』で管理されているということから、噂は噂止まりでした。
    ↓

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/41108569

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆忌に満身の怒りをこめて国の原発事故対応を疑う:

« 高校生の社会体験~保健医療経営大学オープンキャンパス | トップページ | 平成24年診療報酬・介護報酬改定(37)         特養は個室化する »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31