無料ブログはココログ

« 山の細い水路 | トップページ | うどんサラダ(ってかさ、冷やしうどん冷しゃぶのっけ。) »

2011年8月10日 (水)

これは、山ぶどう、or、野ぶどう?

« 山の細い水路 | トップページ | うどんサラダ(ってかさ、冷やしうどん冷しゃぶのっけ。) »

コメント

ちょっと、これは山葡萄でも野葡萄でもないわよ。
食べれないし。
山葡萄はきっちり葡萄の葉っぱと同じものがついてるし、野葡萄もつる性。でも、たしか、野葡萄も食べれなかったと思う。
ほら、これは、あれよ、あれ。
ほら、あれ、あれ。
あああ、名前が出てこん。
葡萄じゃなくって、牛蒡みたいな名前がついてた。
ああ、気になる。
調べて出直すわ。

ほーら、やっぱし牛蒡の名前がついてた。
猛毒でっせ、ねえさん。笑

ひ~!!
もうすこしで取って食うとこやった。
まっこてかささぎはいやしい秋声。

やまごぼう?
なんかそういうなまえの、みどりいろのふきみたいな三才がなかったっけ。しょうひんにしてうられている。こりこりしてまずくはない。あれはなに?
(こんな雲をつかむような話で、分かる人いるのかいな。いよいよアリセプトか。)

みどりいろのふきみたいな三才がなかったっけ。しょうひんにしてうられている。こりこりしてまずくはない。あれはなに?


それは、たぶん、やまかんぴょうと呼ばれる干し物ですよ。
食感がかんぴょうみたいでよく煮物として提供されてる。
まるで、くもをつかむようなはなし・・・でもわかる田舎暮らしのばーさんでした。笑

うーん、山かんぴょうだったかなあ。
そういう名前ではなかった気が。
山くらげ?

ここでしらべる。

そう、やまくらげでした!!
これこれ。
これをお宮の掃除などに煮てもってきてくれる人がいらっしゃった。御てしおでいただいた、お茶と。この人のご主人はお茶道楽で、とってもお茶がおいしい。おさけはのめないひとでね。

でも、写真をみると、かんぴょうみたいだから、山くらげも山かんぴょうも、おんなじものかも。
これがレタスの茎とはね。おしゃかさまでもごぞんじあるまいて。

ああ、知ってるよ、これ。
そうそう、山くらげだ。
これです、星野の観月会でもいただいたことがある。

あらあら、遅かったか。
かささんのことばで解ったよ。やまくらげ。お土産やさんに売っているピリッとしたお漬物もおいしい。
乾物のは水で戻して煮物にしたような気がする。こりこりしておいしい。

ぼんちゃん、せいちゃん。
なんとなくお寺や出ごとのときのお茶うけに近所の方が作ってもってみえるので、てっきり日本の山菜だと思い込んでいましたが、これってさ。中国の輸入ものかもしれませんね。

おや
ここ、前から時に読まれていますが、今月、ベストテンに入りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは、山ぶどう、or、野ぶどう?:

« 山の細い水路 | トップページ | うどんサラダ(ってかさ、冷やしうどん冷しゃぶのっけ。) »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31