無料ブログはココログ

« | トップページ | サウジアラビア王国の社会保障制度(3)              宗教も政治も若者の無為徒食を救えない。 »

2011年7月19日 (火)

たまご料理

  幽霊の軸ある寺や千両咲く      恭子

    疑ひはにんげんにあり令法咲く    恭子

  採卵日貼られしたまご汗をかく    恭子

今朝、冷蔵庫掃除したらたまごが三パックも入っていた。
それぞれ買った場所が違う。
1つはよく食材を買うJAのスーパーのもの。あたらしい。
1つは母が姪と姉妹たちでいく温泉で買ったもの。
これも全部とはいわないけどまあだいたい新しい。
最後のたまご。これ、どこでかったのでしょうね?

一個一個に採卵日シールが張られています。
けれど、ほうとうかな。なんだかうそくさい。
たまごはわればわかります。
母に目玉焼がいい、それとも大根入りの味噌汁に割り込む?
ときけば、みそ汁という。割り落としたら、黄身がどろりとひろがった。

※二句目の俳句材料の仕入れ先;

「疑いは人間にあり」http://blog.goo.ne.jp/sinanodaimon/e/9798c7c298b8f680c69591e4c0fc1f98
「リョウブの花とツチスガリ」
http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/index.htm

( 両ブログ様、ありがとうございました。 )

« | トップページ | サウジアラビア王国の社会保障制度(3)              宗教も政治も若者の無為徒食を救えない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまご料理:

« | トップページ | サウジアラビア王国の社会保障制度(3)              宗教も政治も若者の無為徒食を救えない。 »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29