無料ブログはココログ

« インドの社会保障制度(2)                  貧困層には無料の医療を | トップページ | インドの社会保障制度(3)                貧富の差の激しい医療現場 »

2011年7月 4日 (月)

そんなにまでして原発が必要なのか 小出助教のお話から

日の出とともに起き、日の入りとともに就寝する生活をおくっておられるとか。
反原発の原子力学者・小出助教の現状の問題解説。
ずうっとこの状態が続いている、どうなっているかわからない福島原発について。

かささぎがこの人にひかれるのは、そのたたずまいにです。
生活がゆるぎない信念の上になりたっていて、決して揺れない地にたっておられるかのよう。

« インドの社会保障制度(2)                  貧困層には無料の医療を | トップページ | インドの社会保障制度(3)                貧富の差の激しい医療現場 »

コメント

年に1800万人も乗降客があるのに日本最大の赤字空港は福岡空港。
原因は、空港敷地を地主から借りていて、その借地料の支払いが毎年80億円とか。
ある土建屋さんが空港周辺の不動産を買い占め、その後、空港が大きく拡張されたのだとか。
その土建屋さんというのが松本組。
今や福岡空港の大地主です。
復興計画情報を誰よりも早く得て土地あさりなんかされてはたまりません。
震災復興のことを24時間忘れることがないという首相が任命した松本大臣が早くも辞任します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/40672773

この記事へのトラックバック一覧です: そんなにまでして原発が必要なのか 小出助教のお話から:

« インドの社会保障制度(2)                  貧困層には無料の医療を | トップページ | インドの社会保障制度(3)                貧富の差の激しい医療現場 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31