無料ブログはココログ

« 玄海原発再稼働を衝く、小出助教の真っ当さ | トップページ | のうぜんかずらとくちなしの花咲く家 »

2011年7月 6日 (水)

韓国の社会保障制度(2)              保険料は所得と財産に応じてきまります

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 7 月 6 日 韓国の社会保障制度(2)

韓国の健康保険も国民皆保険が達成されています。
2000年7月に地域医療保険と職場医療保険が統合管理・運営され、翌年には財政も統合されて国民健康保険公団が運営しています。
保険料が徴収できない低所得者には国民基礎生活保障制度(公的扶助制度)があり、医療給付が行われています。
この医療扶助と健康保険を併せて全国民の医療がカバーされています。
健康保険の保険料率は、職場保険の場合は所得の5.08%(労使折半)です。
地域保険の場合は、所得と財産に応じて保険料が決まります。
保険給付には、療養給付、健康検診、障害者補助具給付等があります。
診療費の本人負担率は、入院は20%、外来は30~50%(総合専門療養機関では50%、病院では40%、医院では30%)です。
薬剤については、調剤薬局では30%(処方箋がない場合は40%)が本人負担です。
なお、職場保険の加入対象事業所で雇用される外国人にも、健康保険の加入義務があります。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの独り言

韓国では日本の健康保険証も使えるってきいたのですが、本当でしょうか。
っていうことは医療費を日本へ請求する事務手続きを取って下さるってことでしょうか。ほかにも同じようなサービスが可能な外国があるのでしょうか。
それにしても、日本とおんなじとつい思いましたが、学長ブログをよくよめば、
保険料は所得と「財産」によって決まる、ってのが、ユニークです。
所得がゼロでもたくさん財産がある人っていらっしゃいますから。

さて。
きょう、かささぎの父は一日の外出許可をもらって、リハビリ病院から泌尿器科へ手術にまいります。ステルス、じゃなかった、毎度毎度まちがえる、ステントをいれてもらう予定です。

« 玄海原発再稼働を衝く、小出助教の真っ当さ | トップページ | のうぜんかずらとくちなしの花咲く家 »

コメント

In awe of that asnewr! Really cool!

i don't know "awe"
and i look out it↓
レベル5英検2級以上 awfull!

泌尿器科の医師とリハビリ医師とで意見がわれた、前者いわく、そんなに水分摂取量がすくないのでは、またまた尿が濁り、ひとつきもせぬうちにキンタマがはれます。わたしはだからおとうさん、まえのままがいいっておもったんだ。(まえのままというのは、尿道からおしっこ袋をさげたままのかたち)。
リハビリ医、いわく。おしっこ袋をぶらさげていると、動きにくいので、とってもらったほうがリハビリしやすい。ぜひそうしてくれ。
患者の家族は、どっちも正論とおもった、で、いずれにしろ、現在おせわになっているところの医師の意見に従うべきと思い、そうした。
きのう、ステルスじゃなかった(しつこいてば)ステントをいれる手術をして一週間後の様子を診せにいきました。検尿結果をみた医師、即いわく、「ほうら!またにごりょる!おとうさん、のみよらんでしょう!!だからわたしは言ったんだ」
父はすずしい顔。そげんいうたっちゃ、のめんですもん。
「一日に2千ccくらいのまやんち、いうたでしょうが」
200ccのむのもやっとです。

でも、うごきが以前よりずいぶんよくなりました。
車椅子から車へ動かすときも前回の半分の時間ですんだ。とりあえず、その心配はあとですることにして、いちおう、ほっとした。やれやれ。
どっちの先生も、また、どっちのスタッフさんも、ほんとうにありがとうございます。
ことにきのうは、こがひにょうきかのかんごふさん、ちちのうんちまで、かきだしてくださったとのこと、ありがたし。こんどから、でないときは、ここにくるから。とは父の弁。おいおい・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玄海原発再稼働を衝く、小出助教の真っ当さ | トップページ | のうぜんかずらとくちなしの花咲く家 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31