無料ブログはココログ

« 八女丘陵から夏の飛形山を見る | トップページ | 八女丘陵から東の奥八女(黒木)方面をみる »

2011年7月15日 (金)

八女丘陵から東の奥八女(星野)方面を見る

八女丘陵は、豊かな実りをもたらす八女平野部と星野川矢部川の大河二つをおなかに蔵し、真南に座す秀峰飛形山に礼をとるかたちで東西にはしる。

かささぎの家の裏の景色にはいつもこのみどりの丘陵がひろがっていた。

父の最晩年に、こちら側からの景色をみることができようとは。

千五百年前の磐井さん。
あなたも逃げず戦いましたね。
世の中はなんと理不尽なんじゃろう。
五百年ほど前の鑑述さん。
あなたも逃げず戦いましたね。
世の中はなんときっちりしとるんじゃろう。
わずか一縁のまちがいもないところです。
なのになぜあなたは干支をまちがえたのですか。

丘の上の建物から丘陵沿いに東方面を写す。
かささぎの頭の中の貧相な地図では、八女丘陵は
磐井一族の墓はじめ、いろんな墓を隠しつつ、東の徐福の墓のある山内で切れる。

いわいの時代には馬がいる。
ならばカササギもいただろう。

一説では豊臣秀吉が負け戦がくやしくて勝ちガラスをつれてきたという話になっているが、それはこじつけです。
それ以前、磐井の時代にかささぎはいたんじゃないかとかささぎはおもう。文献はなけれど。

« 八女丘陵から夏の飛形山を見る | トップページ | 八女丘陵から東の奥八女(黒木)方面をみる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八女丘陵から東の奥八女(星野)方面を見る:

« 八女丘陵から夏の飛形山を見る | トップページ | 八女丘陵から東の奥八女(黒木)方面をみる »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31