無料ブログはココログ

« 杉山洋先生の八女夜話から、戦国百首和歌についての記述をどうぞ。 | トップページ | 八女丘陵から夏の飛形山を見る »

2011年7月15日 (金)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(34)             外来医療費の地域差指数はどうなっている?

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 7 月 15 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(34)

入院医療費が全国平均より5割以上も割高な8医療圏の外来医療費の地域差指数はどうなっているでしょうか。

外来医療費の地域差指数の上位医療圏と下位医療圏は次の通りですが、入院医療費が高い8医療圏のうち外来医療費の地域差指数が1.1を超えるのは芦北医療圏のみでした。

南薩医療圏が1.07、有明医療圏が1.06と続きますが、有明医療圏の指数は他の福岡県内の医療圏の指数との相違はあまりありません。

芦北医療圏は外来医療費の地域差指数も突出していますので、何らかの理由によって医療圏内の受診者の絶対数が多いのかもしれませんが、他の医療圏については、外来医療費に比して入院医療費だけが突出していますので、入院医療の非効率性が窺われます。

(順位)(県名)(医療圏名)(地域差指数)

1   熊本県    芦北         1.246

2   広島県    広島         1.232

3   長崎県    長崎         1.204

4   高知県    安芸         1.153

5   佐賀県    東部         1.138

6   広島県                 1.128

・・・

26 鹿児島県    南薩         1.074

41  福岡県    有明         1.061

・・・

346 沖縄県    宮古         0.798

347鹿児島県    奄美         0.797

348鹿児島県    熊毛         0.744

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの連句的、あんまり関係ない独り言

ん。あしきた?
どっかできいた地名だわ。
あ!そうだった。澁谷ゆうさい師のお寺のあるところですね。
そして、大正時代の広重とよばれた鳥瞰画家の吉田初三郎が戦時中一時身を寄せていたところです。かささぎはいつだったかその伝記を買って読んだっけが。。。みてみたいのだ、彼が描いた広島被曝図。

« 杉山洋先生の八女夜話から、戦国百首和歌についての記述をどうぞ。 | トップページ | 八女丘陵から夏の飛形山を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杉山洋先生の八女夜話から、戦国百首和歌についての記述をどうぞ。 | トップページ | 八女丘陵から夏の飛形山を見る »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31