無料ブログはココログ

« 包丁まめ | トップページ | 新茶歌仙 ナオ6、まだ。 »

2011年7月11日 (月)

平成24年診療報酬・介護報酬改定(31)          医療と統計学  生命表

保健医療経営大学学長

 橋爪 章

2011 年 7 月 11 日 平成24年診療報酬・介護報酬改定(31)

「医療費マップ」の地域差指数と同じく、年齢構成を補正して算出される代表的な統計指標に「生命表」があります。

生命表とは、ある人口集団の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が平均してあと何年生きられるかという期待値などを平均余命などの指標で一覧表にしたものです。

生命表は男女別に各年齢の死亡数と人口を基に算出され、人口集団の年齢構成には左右されません。

従って、人口集団間で社会保障や医療の総合的な達成度を比較するのに生命表は有用です。

生命表のうち、0歳の平均余命については「平均寿命」と称されて広く活用されています。

都道府県別生命表は、人口動態調査と国勢調査のデータを用いて、5年ごとに作成されています。

最新の都道府県別生命表は平成17年のもので、平成16~18年の死亡状況から算出されています。

前回の「医療費マップ」の順位と平均寿命の順位とを比較すると、次のようになります。

医療費をかけているからといって平均寿命が長いというわけではありません。

投入に見合った成果が達成できていないということは、効率性が劣るということです。

医療費をかけずに長い平均寿命が達成できている長野県は効率性がいい県です。

医療費地域差指数  平均寿命(男)  平均寿命(女)

第1位  福岡県  78.35 第30位  85.84 第23位

第2位  北海道  78.30 第33位  85.78 第25位

第3位  高知県  77.93 第44位  85.87 第21位

第4位  長崎県  78.13 第37位  85.85 第22位

第5位  広島県  79.06 第13位  86.27 第 8位

第6位  佐賀県  78.31 第32位  86.04 第17位

第7位  鹿児島県 77.97 第41位  85.70 第28位

第8位  大分県  78.99 第17位  86.06 第15位

第9位  山口県  78.11 第38位  85.63 第32位

第10位 徳島県  78.09 第39位  85.67 第30位

第11位 大阪府  78.21 第36位  85.20 第44位

第12位 熊本県  79.22 第10位  86.54 第 3位

・・・

第45位 長野県  79.84 第 1位  86.48 第 5位

第46位 静岡県  79.35 第 6位  86.06 第15位

第47位 千葉県  78.95 第18位  85.49 第36位

     全 国  78.79(歳)   85.75(歳)

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎ独白

では福岡県は?医療費は高い、保険料も高い。
なのに平均寿命は高くない。

いやまてよ、なのに、じゃなくて、「だから」か。

これらの数値は反比例するんだ。

« 包丁まめ | トップページ | 新茶歌仙 ナオ6、まだ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 包丁まめ | トップページ | 新茶歌仙 ナオ6、まだ。 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31