無料ブログはココログ

« 新茶歌仙『雲ひとつなき』 ナオ4 | トップページ | 医療の国際化(3)外国人患者の誘致と出稼ぎ移住のお医師・看護師の問題 »

2011年6月30日 (木)

息もできない

かささぎは杉山洋おんじい(と自然にこんな呼び名がついてしまった)のブログ「善知鳥吉左の八女夜話」を愛読していまして、御年86歳のおんじいから、知らないことをたくさん教えてもらいます。

そのおんじいが最近書いておられた記事で韓国映画の『息もできない』をご推奨。

で、予約して借りてみた。

感想をかきます。

暴力が暴力を生む。かぎりない連鎖。
叩かれて育ったこどもは自分も暴力から逃れられない。

借金の取り立て屋のしごとは、どんなにひどくてみにくくても、必要悪なんだな。

・・・見たいと思った人だけひとりで深夜にみてください。

感想はかかない。ただひりひりとなぐられたようにいたい。

最近似た思いをしたっけな。

新婚のむすめから、おかあさん、『白夜行』とっても面白いから見て。
とメールが届いた。

これもレンタルやさんに尋ねて、テレビドラマのほうの長いのを三本かりて
見ようとしました。でも一本目で挫折。

おやを殺す少年と少女のものがたり。
まっとうな理由があるのです。

いたくてつらいものがたり。
東野圭吾の小説。

« 新茶歌仙『雲ひとつなき』 ナオ4 | トップページ | 医療の国際化(3)外国人患者の誘致と出稼ぎ移住のお医師・看護師の問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息もできない:

« 新茶歌仙『雲ひとつなき』 ナオ4 | トップページ | 医療の国際化(3)外国人患者の誘致と出稼ぎ移住のお医師・看護師の問題 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31