無料ブログはココログ

« 『雲ひとつなき』新茶歌仙 初裏7 冬の月 | トップページ | バルサン焚く »

2011年6月 6日 (月)

桃仙人のうた

桃仙人  

   西野いりひ

桃の木の根の虚(うろ)に棲む仙人は白き眉毛の垂れてをるなり
口ゆるび眠りこけたる仙人の喉の真洞に桃の実れる
桃の実のまだ稚なくてうすみどり割れ目もいまだ刻まれぬまま
白桃のふとる夜の音ぴちぴちと魚が跳ねる娘が跳ねる
桃の木に夕日がもえる金焦土この世いつまで裏返る亀

うたのうまれた場所・・・山下整子ブログ『31文字倉庫』
http://tanka-souko.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-b1f4.html

« 『雲ひとつなき』新茶歌仙 初裏7 冬の月 | トップページ | バルサン焚く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃仙人のうた:

« 『雲ひとつなき』新茶歌仙 初裏7 冬の月 | トップページ | バルサン焚く »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31