無料ブログはココログ

« ロシアの社会保障制度(1)                法の建前と現実のはざまで | トップページ | ロシアの社会保障制度(2)                低い医療費支出のなかで »

2011年6月12日 (日)

選ぶこと選ばるること爆忌来る

その日その時そこにいたのは運命だった。

ではじまる物語。たくさんたくさんあるだろう。

あさ、ナガサキ原爆忌の総元締まえかわひろあきせんせいに電話。

まだうけつけてもらえますか?

たしか去年もおなじことをやっていたなあ。

「ナガサキはいま土砂降りです。ポストまで流されないように行ってください。」

とのお声。ほぼ一年ぶりのお声に安堵。笑。

雑の付け、ぼんのAKB選挙句にしますか。

しようもな。とおもっていたが、なかなかどうして。

いまから仕事。また帰ってまとめます。

« ロシアの社会保障制度(1)                法の建前と現実のはざまで | トップページ | ロシアの社会保障制度(2)                低い医療費支出のなかで »

コメント

さくらさんブログです。

付けく、つけてくださるみたいなので、もうすこしまちましょうね。

そらんさんブログも。↓
三人で買い物にいき、いきものだったので、先方にとどけてかえりました。帰り際夫妻からそらんさんへ伝言を頼まれたので、コメント欄に。私的ともいえることをね、かいてもはじないところがかささぎの旗たるゆえんです。

「樹」お休みする事にした。
俳句がちっともできないんだもの。瀧先生と太田先生にお手紙書きました。あと、御本を頂いた方数名に手紙を書かなければなりませんが、あまり読んでないのよね。でもちゃんと書かなければ。
明日から連休。でも又子守りが待っています。

ふうん。ぼん、あんたはえらい。えらいってのは、このばあい、豪い。ってほうの字だよ。律儀だ。
わたしはさほど俳句よむのが好きでなく、いまもそうですが、締切にしぶしぶ数をそろえていましたねえ毎月。笑。しぼりだすちゅーぶ式ね。
きょうは早めの帰宅だったので、数日分の買い物夕食の準備あーんど後片付けのあと、九州俳句誌を読んでいました。おもしろいよ、みなさまの俳句は。いろんな結社の俳人がおられるので、作品がバラエティにとんでいます。震災の句がちらほらみえます。
たちきでもそうでしたが、九州俳句でも私の句はてんでほめられません。ところが、今号はじめて、ひとりがとってくれてた。うううれしい。

 少年と交はすY談冬の雨  

これはです、せいこついんでの句ですじゃ。
以下短編風。
りょうしんがりこん。その少年はははおやといもうととともにちいさな街にすんでいた。せいこついんでは父親と祖母にあえるのでよくきていた。クラブ活動でいためたからだをなおしに。
ある雨のふる冬の寒い日。大学生の男子とならんでローラーをセットしてあげると、急に少年は饒舌になり、たのしげにこんなはなしをしてくれた。

それがっすね、あいつらジョシのブラがすけるのがみたいためだけに、朝練に出てるんすよ。もうあほらしくておれ、わらってしまったっす。

・・・はあ~そう。といいつつ笑うしかないのでした。横で聞いていた大学生もにたにた。
源氏物語に雨の夜の品定めってのがありますが、そんな話をするときの少年はとても生き生きとしてる。えものをねらうどうぶつみたいに目がきらきら。
ちなみに、その子の名誉のために付け加えますと、とても動物がすきな子だった。ことにさかなにめったやたらと詳しかった。かささぎは、その子がとってもすきだったっすよ。
 
だまってやめたので、どうしているかなあとときにきになります。そういう患者さんが数人いらっしゃいます。
どうかそのままそのまま。げんきでいてください。
陰ながらエールをおくります。

妻とゐて妻恋ふるこころ小暗しや。

と、ここまではおぼえていた。
下の句はなんだったか、。
わすれがたい刻印を残す、伊藤一彦の歌です。
梅雨どきに必ず一度はおもいだします。

せいこついん>>seikoツインと読んでいました。せいこさんの家に行った時の事かと。気がついて一人で爆笑しました。

18日の古賀家訪問は何時集合でしょうか。

きょうらんさんから電話がありました。
十時でおねがいしました。
短い連句を一つまきましょう。
お祝いの発句をくだされ。
ざんねんなことに、乙四郎先生は用事がはいりましたそうです。澄たからさんもね、保護者会が入ったって。
なんかさ。そんな気がしていた。忙しい人たちですから。
そらんさんがきてくれるといいなあ。
こうなったら音彦さんをみんなでいじめてしまおうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選ぶこと選ばるること爆忌来る:

« ロシアの社会保障制度(1)                法の建前と現実のはざまで | トップページ | ロシアの社会保障制度(2)                低い医療費支出のなかで »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31