無料ブログはココログ

« 完了形の被爆と進行形の被曝と | トップページ | ロシアの社会保障制度(4)死亡率をおしあげるもの        »

2011年6月15日 (水)

「今はとてつもない戦争状態」 小出助教

« 完了形の被爆と進行形の被曝と | トップページ | ロシアの社会保障制度(4)死亡率をおしあげるもの        »

コメント

戦争状態の中、最高司令官は何をやっているのでしょうか。
この一週間の首相動静をまとめてみました。
記載がない時間帯は独りぼっち。
岡田さんも、仙谷さんも、玄葉さんも、野田さんも、滅多に近づかない。
この緊急時にこれだけ何もやってない人です。
たとえば厚生労働省関係者は、この一週間、近づきもしていない。
被災者対策が遅々として進まないのは当然。

6月9日(木)
【午前】
8時1分~9時48分、官房副長官
9時54分~、衆院東日本大震災復興特別委員会
【午後】
1時2分~、衆院本会議
1時17分~、「成田市退職女教師の会」と会談
1時24~39分、拉致問題担当相等
5時20~49分、トーゴの大統領と会談
5時53分~6時19分、農水副大臣等
7時37分、公邸。

10日(金)
【午前】
5時58分~7時30分、官房副長官
7時56分~、拉致問題対策本部
8時19分~、閣議。
9時~、参院予算委員会
【午後】
1時1~52分、衆院本会議
2時~、参院予算委
5時10分、官邸
5時47分~、政府・連合トップ会談
6時35分~7時38分、食と農林漁業の再生実現会議。
7時41分~、総務相等
8時7分、公邸

11日(土)
【午前】
10時21分~、移動(羽田空港~花巻空港)
【午後】
1時32分~、岩手県釜石市の被災地視察
7時28分~、移動(花巻空港~羽田空港)
9時50分、公邸

12日(日)
【午前】
公邸で過ごす。
【午後】
0時7分~、岡田幹事長
2時~3時57分、自然エネルギーに関する懇談会
4時47分、公邸。

13日 (月)
【午前】
10時24~41分、内閣情報官
【午後】
0時1分~、国民新党の亀井代表と党首会談
0時59分~1時27分、仙谷官房副長官、玄葉国家戦略相、与謝野経済財政相、藤井首相補佐官
3時~4時25分、参院本会議
4時54分~、鈴木文科副大臣
5時31分~、国と地方の協議の場
5時49分~、馬淵首相補佐官
6時8分~、松本環境相
6時51分~7時44分、政府・与党社会保障改革検討本部成案決定会合
8時7分、公邸。

14日(火)
【午前】
5時58分~7時1分、福山官房副長官
8時16分、閣議
9時~、参院東日本大震災復興特別委員会
【午後】
0時11分~、岡田幹事長
1時~5時8分、参院東日本大震災復興特別委
5時17分~6時9分、岡田幹事長、輿石参院議員会長、枝野官房長官
6時26分、「新しい公共」推進会議・震災支援制度等ワーキンググループ合同会議に出席し、あいさつ。
6時41分~、エネルギーシフト勉強会の有志議員
6時49分~、野田財務相、財務省の勝事務次官、真砂主計局長
7時28分~、小谷歯科医院で治療
8時15分、公邸

15日(水)
【午前】
9時16分、経済情勢に関する検討会合
10時、民主党の寺田学衆院議員
10時38分~11時33分、田坂広志内閣官房参与
【午後】
0時52分~1時7分、滝野官房副長官
2時~2時59分、松本外相、北沢防衛相等
3時~3時14分、福島県の古川道郎・川俣町長、菅野典雄・飯舘村長ら
4時29分~5時1分、細野首相補佐官
5時33分~、海江田経産相
6時10分~、政府・与党社会保障改革検討本部成案決定会合
6時50分、福山副長官
7時3分、辻元首相補佐官
7時5分、エネルギー政策を議論する超党派の議員勉強会であいさつ。
7時45分、阿久津内閣府政務官
7時56分~9時9分、国民新党の亀井代表

16日(木)
【午前】
11時4~17分、会津方部商工観光団体協議会の宮森泰弘会長ら
11時19~55分、防衛省の下平幸二情報本部長、黒江哲郎防衛政策局次長、植松信一内閣情報官
【午後】
0時4~14分、東京電力に関する経営・財務調査委員会
1時18~30分、福島瑞穂社民党党首
1時48分~2時23分、岡田幹事長

>15日午後7時5分、エネルギー政策を議論する超党派の議員勉強会
>15日午後7時56分~9時9分、国民新党の亀井代表
>16日午後1時18~30分、福島瑞穂社民党党首

「反原発、自然エネルギー推進」を争点にした総選挙を画策している模様です。

首相官邸に「先を見すえて/菅直人直筆のページ」(↓)というブログもどきがあります。

最新の5件
2011年06月16日 《次の時代》(4):再生可能エネルギー促進法
2011年06月13日 《次の時代》(3):自然エネルギーへのうねり
2011年06月13日 菅内閣の一週間(6月6日~6月12日)
2011年06月08日 《次の時代》(2):エネルギー政策の転換
2011年06月06日 《次の時代》(1):私と風力発電

もう被災地のことは忘れ去ってしまったがごとく、新エネルギーの話題一色です。
それもそのはず、「再生可能エネルギー電気調達措置法案」について・・・

衆院審議
与党賛成多数で可決

参院審議
野党反対多数で否決

「再生可能エネルギー促進の是非を国民に問う!」
解散

総選挙
反原発票が集まり、民主、社民、国民新党の圧勝

選挙勝利功労により首相続投

・・・というシナリオ画策中。
郵政法案での小泉手法とまったく同じ。

ブーイングですごすご退陣するような格好悪さを死ぬほど嫌う菅さん。
菅さん続投でなければ郵政見直し法案が反故にされる危機感の亀井さん。
反原発のシンボルの福島さん。
この3者が、とりまきそっちのけで急接近です。

あ、なあるほど。そうよむのか。さすがです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6513/40403246

この記事へのトラックバック一覧です: 「今はとてつもない戦争状態」 小出助教:

« 完了形の被爆と進行形の被曝と | トップページ | ロシアの社会保障制度(4)死亡率をおしあげるもの        »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31