無料ブログはココログ

« ロシアの社会保障制度(4)死亡率をおしあげるもの        | トップページ | 新茶歌仙裏9雑  さくらさんの桃井原っぱ句 »

2011年6月16日 (木)

ロシアの社会保障制度(5)死亡率の高さもだけど、出生率の低さも何とかせねばと繰り出された政策が功を奏したこと。奏しすぎ?

保健医療経営大学学長
 橋爪 章
2011 年 6 月 16 日 ロシアの社会保障制度(5)

ロシアでは死亡率の高さに出生率の低さが相俟って、人口減少が深刻な問題となっています。
出生と結婚とは関連がありますが、ロシアの結婚率は高いほうです。
しかし、離婚率が極めて高く、結婚したカップルの半分以上は離婚しています。
また、人工妊娠中絶が多く、出生数と同じくらいの中絶数です。
妊娠の半数が中絶されていることになります。
2006年にプーチン大統領は大胆な少子化対策を打ち出しました。
2007年1月以降に第二子を出産した母親に、その子が3歳になった日以降に25万ルーブル(約100万円)の使途限定資金が支給されます。
ちなみに、ロシアの平均賃金は月2万ルーブル以下ですので、1年分以上の年収に相当します。
25万ルーブルの使途は、マイホームの購入・改築、教育、年金積立のいずれかです。
このほかプーチン大統領は、児童手当や産休中の賃金保障額の引上げなども行いました。
これらの対策の成果として、2006年には148万人であった出生数は2009年には176万人に急増しています。
出生数に対する中絶数も着実に減少してきています。
プーチン前大統領の死亡率抑制国家優先プロジェクトにより、死亡数も2006年の267万人が2009年には201万人に急減していますので、ロシアの人口減少には急ブレーキがかかっています。

(保健医療経営大学学長ブログ転載)

▽かささぎの独り言

これをよんで、あれをおもいだしました。

あれってね、あれです。
昨年度出生率がわずかながらも上がった。っていう厚労省の統計発表。
あれをよんだときさ。かささぎは一瞬いや~なきもちになった。
なぜって。けっきょくはおかねかい。っておもってしまって。
民主党のこども手当に期待したのかなあと。
政策次第で簡単に出生率も死亡率もかわるものなんだな。
すごいものだな。

若い人はどう思っている?

はい、ここ。ここみて。このブログ。
ちゃんとまとめてありますね。
ありがとう。参考になりました。http://suguochi.seesaa.net/article/120817362.html

だけど。
ロシアのことですけど。
なぜ酒をのむのか酒に飲まれるのか。
えらく寒いからなんじゃないのでしょうか。
わかものの喫煙率が上昇している理由、しりたいです。

« ロシアの社会保障制度(4)死亡率をおしあげるもの        | トップページ | 新茶歌仙裏9雑  さくらさんの桃井原っぱ句 »

コメント

朝わずかな時間でばたばたとまとめたものですから、といいわけはすまい。本文中でかささぎの旗ご紹介の記事、なんと2009年の記事でありました。すみませんでした。あのころも一度上昇傾向だったみたいですね。そんでまた下がって、去年は上がった。特殊なんとか出生率ってののはなし。
こんどはちゃんとくっつけます。おわびいたします。↓

>民主党のこども手当に期待したのかなあと

こどもをひとり育てるのにかかるお金を考えたら、子供手当がもらえるくらいで、あとひとり生もうというきにはならん。
と、次女がいつだったか言ってたよ。
でもね、産む気にさせる応援政策ではあったかも。
おかねのばらまきではあったけど、子育てまっさいちゅうの親にとっては「もらえるものは貰いたい」政策であったはず。

>政策次第で簡単に出生率も死亡率もかわるものなんだな

死亡率はともかく、出生率は、そんなに簡単にかわるものでしょうか?おかねのばらまきより、働く女性が子育てしやすい環境(ハード的ソフト的ともに)づくりのほうが出生率には色濃く影響するっちゃないと?と子育て外注経験者は思うのでした。

うん。そうでありまするよねえ。
ところで。
もうすぐいとこたちとごきんじょのおくやみへ。
父と同世代のとあるおっちゃんがなくなりました。
今朝おふれがまわってきて、父のいる病院へ着替えを届けたときそのことを伝え、母がいくらつつんだらいいだろうと父にうかがいをたてたら、父曰く。
「おれのときにはいくらもらってたかの」
・・・
まだしんでないって。ははは。。。

「ロシア 2011年 出生率」での1位。

今日はたいへんな1日だった。
ちち。
あしが萎えて立たないってことがこれほどたいへんだとは思いもしなかった。
雨はどしゃぶりで降るわ、車椅子から車に移すのと、車から久々に帰ってきた家に入れるので、長男も母も私も3人がかりでしたが、くたくたになりましたよ。車椅子、動かすコツがあるけど、それがわかっていませんで往生してます。

ボランティアで1度だけ動かした事がある。
見ているよりずっと難しかった。スロープになっているところは後ろ向きに下りる・・・これもそのときに教えてもらいました。

お疲れ様。
貴重な休日、やるべきことは済んだ?

痩せてるようでも、男親ってのは重いよね。
立たせるのも、コツがあったよ。
両方の脇をふたりで支えて息を合わせること。
でも、ひとりだったらどうすればいいんだろ?

やっぱ、介護入門講座みたいなの、受けるべきか?

介護士さんをみていると、ご自分の首に手を回させて全体重をゆだねさせ、それをテコにしてくるっと向きを上手に変えられるんだよね。ところが、めんめんどもは、まったくだめ。てんでだめ。とほほなくらいだめでありましたよ。たぶん零点ちかい不合格。
うしろむきに坂をおりるってのも、今日しらないおじさんから教えてもらった。葉桜やうしろ歩きの車椅子。へたっぴな俳句ができた。
しらないお方に3人も助けていただいた日だった。
ありがたかった。
せっしゃも次回にたような場面に遭遇したら、おなじことをしよう。

みやまの大学では、1年生の大多数が選択する「ボランティア入門」の教科で車椅子の扱いを習うけど・・・

その大多数には入っていなかった模様です。

ただ、むすこを弁護しますれば、けさは一人で父の送迎をやってくれるとのこと。私は外せない用事があり、できないのです。
かれがいてくれたので、とっても助かりました。
ありがたかった。
家族でなければできないことですから。

おはようございます。
日々おつかれさまです。 
車椅子介助>>はい。なかなか大変ですよね。
ベッド←→車椅子は母のときにコツを看護婦さんから教えていただきました。でも車だとまた大変ですよね。ほんとに息子さんがたよりですね☆

>かれがいてくれたので、とっても助かりました。
ありがたかった。

そうそう、この感謝のことば。
息子に直接言うちゃり。
言わなくてもわかってる、な~んてことはぜったいにないから。
わかっててもことばにするがよろし。
感謝のことばはオトコを強くする。

こんばんわ。
えめさん、おやさしいお声かけありがとうございます。今日おうちのそばを何度も通りました。おかあさまがいらっしゃるのだな。と思い、ながら。
くるまの助手席へ移動させるだけなのに、足が動かないと、手はどこかしっかりしたものを摑みたがる。
ギアだといくらなんでも、折れそう。よく見ると、車って助手席シートの左ドア上に取っ手があります。
だけどそれはあまりに上すぎてつかめない。こういうときの取っ手、座った時正面の位置にあると便利でしょうね。普段はじゃまだけど。高齢社会だからいろんなもののデザインがどんどんかわっていくんでしょね。

せいこさん。世知深い御助言を、ありがとう。
ちょうなんと私、どこか夫とわたしの関係ににている、どっちも一所懸命なんだけど、まったくすれちがっている、それをじっと観察していて、的確に分析批評してくれるのが二男です。
おかあさんのいっていることはまちがいないけど、それをいってなにになるの?そこではなく、べつの位置からものを言わなきゃダメでしょうが。それなのに、いつもいつもおなじとこから、だめだめっていうんじゃ、いわれたほうはねえ。きついよ。

「2011 出生率 ロシア」
検索112万件中2位
1位はここです↓

ロシア 人口妊娠中絶]
検索で上位に入っています。
おいでいただきありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアの社会保障制度(4)死亡率をおしあげるもの        | トップページ | 新茶歌仙裏9雑  さくらさんの桃井原っぱ句 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31