無料ブログはココログ

« イギリスの社会保障制度(3)               国民保健サービスNHSの概要 | トップページ | 小出裕章助教、国会演説部分も入った動画 »

2011年6月 5日 (日)

大江希望さんの日記からこの部分

き坊の近況6月4日付

  大江希望http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/kinkyo1106.htm#saisin

東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。
経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表した。
検出された物質は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた。
原発から約38キロ離れた同県川俣町では3月15日、雑草から1キロ・グラム当たり123万ベクレルと高濃度の放射性ヨウ素131も検出されていた。

事故発生から2か月以上たっての公表で、保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」と釈明した。
テルルの検出は、1号機から放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の実施前だった。(読売新聞6/3)

このニュースには重要な内容が2点ふくまれている。
保安院が2つの重要なミスを犯していると思う。
他の報道も合わせてみると、テルル132の検出は 3/12の朝8時30分頃で、浪江町は原発から7km離れている。この「緊急時モニタリング」(NHK)でテルルが検出されたことはすでに燃料棒が壊れ始めていることを示す重大なデータである。炉心で深刻な状況が進行しているらしいことを推測させるに十分である。ベント作業が開始されたのは2時間後の10時17分からであり、実際にベントしたのはこの日の午後。つまり、このテルルはベント作業によって人為的に放出されたのではない。それ以前に燃料溶融が始まっていたことを示す。
東電は 5/15 になってやっと発表したのだが、1号機で炉心溶融が始まったのは 3/11 の夜7時半すぎからだった。

この日(3/12)の早朝5時半頃に、避難区域を3kmから10km圏内に拡大しており、多数の住民に対して避難行動を命じた段階での検出である。
ところが、この日の昼頃の会見で保安院は「核燃料はこわれていない」と説明した(NHK)。わたしの記憶でもこの時の避難の意味について十分な説明はなく、住民は“心配だから避難する”というようなとらえ方しかできていなかったと思う(本欄 3/12http://www.ne.jp/asahi/kibono/sumika/kibo/kinkyo1103.htm#3/12 参照)。つぎのNHKニュースのコメントに賛成だ。

深刻な事態が進みつつあることを示すデータが早い段階で公表されていれば、住民の避難のしかたや避難への心構えなどに役立てられた可能性があります。(NHK6/4)

1号機で水素爆発が起こったのは12日15時36分であり、TVを見ていたわたしは、その時点で不意打ちの形で“深刻な事態になっている”という認識ができた。保安院はテルルのデータを朝8時半につかんでいたなら、少なくとも昼には燃料溶融と水素発生の可能性を発表できたはずだ。そうすればその時点で日本中のこの原発事故への認識が断然深まっていたと思う。

保安院が犯したもう一つのミスは、3月15日に38km離れた川俣町で雑草から123万Bq/kg という高い濃度のヨウ素131が検出されていたことを発表しなかったことである。
原発事故が深刻化していた11日深夜以降、場所によっては高濃度のヨウ素が飛散し始めていたことがこのデータではっきりしたのだから、その時点では手遅れかも知れないが、このデータを示して子供を外に出さないこと、できるだけ早く遠くへ避難することを呼びかけるべきであった。10km圏とか30km圏とかの同心円的な避難のあり方は形式的な方便であって、実質はそれぞれの場所の放射性物質の蓄積量に拠るべきであることは論を待たない。
ところが、先ほどのNHKTV(本日朝7時ニュース)で保安院は「
このデータはみなの頭の中にあったのだが、それを発表しようという発想にならなかった。反省している」という趣旨の発言をしていた。

何のための保安院なのだ!と怒声をあげざるを得ない。《国民を原子力事故から守る》という根本を忘れたデータ収集機械に堕しているとしか思えない。官僚機構の中で死んでる組織なのだ。

▽かささぎの独り言

週刊誌をよく読んでいます。
買ってしまうことだってある。
先日はつい週刊現代を。
こどもが鼻血を出したり下痢がとまらなかったりするらしい。
とてもだるくて横になっても座ってもどうしようもないらしい。
これが内部被ばくの兆候であると書かれていました。
むやみに根拠なく恐れるのではなく、根拠があるのですから、心配をしなければならないと思います。

それにしても、なぜ国は、いえクニでなくてもどこでもいいのですが、なぜこどもたちの内部被ばく検査をやらないのか。
いそがなければいけない。もう遅い、とはいわせない。

▽『ふるさとを覚えていますか』についたコメント

こんにちは。
>>ほんとに・・心配・・。
子供たちや若いお母さんたち、むすめさんたちを放射能汚染のない安全な地域に避難させてあげて・・と思うけど・・ままならないね・・。
核の冬の寒さは夏になった今でも続いてるね。暑い時間はお昼前後のちょっとだけです。

バックに流れる歌の意味をかみ締めて聞きました。

管政権は続行となりました。良かったのかどうかわかりませんが、復興の腰を折ってまで代表者のすげ替えをしている暇はないと思います。

何故政党間の壁を乗り越えて結束する事ができないのか、それが疑問です。

「日銀が紙幣を大量に発行すること、政府発行紙幣も通貨も、同じこと
ですが、紙幣を発行すればするほど、インフレが加速します。
今まで一定の歯止めがあったものが、それこそ、ハイパーインフレを
起こしてしまいます。なので、法律で規制しているのです。
なにより、日銀引き受けも政府発行紙幣も、これらを執行する時点で
破綻している証拠です。

国を守って、国民が餓死する…
おかしな話です。デフォルトの先で、受給をとめられてしまった年金
生活者は、どうやって生きていくのでしょうか。
国庫帰属性とはいえ、ある日突然、銀行のシャッターが下りれば、
一般国民はもとより、企業もたちゆかなくなります。
すべてが、とまってしまうのです。
そんな中、国難だからと言って、喜んで捧げる意識の人間が、
どこに居るのでしょうか。

とられるのと捧げるのとでは、国民意識が変わってきます。
国庫の帰属性を知っている国民が何パーセント居るでしょうか。
知らないで預けているのが大半ではないでしょうか、これが、
政府の狙いだと思います。

電子カルテのサーバは富士通、株券の電子化、銀行のシステムも富士通、
住民基本台帳のネットワークも富士通です。
誰が、どれだけの資産を持ち、どれだけ生きるかが、一つの企業で
知ることができます。
なぜ、これだけ一元化されているのでしょうか、私には、国が監視して
いるようにしか思えません。
そして、これを国民の大半が知りません。というか、意識をおいていません。
そこに、問題があります。

今まで、国民は日本国繁栄のために、たくさんの物を開発してきました。
ですが、政府は自分たちの利権のためだけに、これらを無視してきました。
例えば、現在問題になっている原発は、1基つくるごとに、費用の5%が
議員にキックバックされたそうです。」

橘玲ブログ↓で読んだコメントから拾った。
http://www.tachibana-akira.com/2011/01/1800/3
日本はやはりつぶれるのだろうか。
あんなろくでもないものをみせられては、。

この三日、桃の畑で終日労働。
まだ終わらない。さすがにへたれた。
情報源は小さなケイタイラヂオのみ。

さて、今月のやまなみにこんな作品が。

 ハイチへの派遣内定取り消され自衛官の子は北へと向ふ
 夢かとも南相馬の海沿ひに息子が浚ふ無尽の骸
 使命感だけが躯を動かして一日乾パン二食と聞けり
 「今日も無事、一日雪」と深夜のメール生存証明さながらに来る

ぼんの意見に賛成です。
菅さんがどうであれ、この時期にすげかえをしてどうするのだ。
一刻だって時間が惜しい。そんな時期に。

こんな社長がいるとします。
会社の一大事で、部下たちは何とかしようとしているが、社長室に現状報告やご意見伺いに入ると怒鳴り散らされるわ決済文書はゴミ箱へ放り投げられるわで、部下たちは社長室に近づくのをためらっています。重要な意思決定がなされないまま、いたずらに日が過ぎてゆきます。
部下たちが近づかないので、社長は部下からの情報ではなく社長の個人的知り合いの入れ知恵で部下へ誤った指示を飛ばします。その指示も、部下へ伝える前に唐突に外の会議で発表したりするので、部下たちは優先すべき業務そっちのけで社長のご乱心の後始末に追われる日々・・・
この会社が危機を脱するにはどうしたらいいでしょうか?

「国を守って、国民が餓死する…」、70年ぐらい前にも起こった出来事ではないですか?
戦争中~戦後直後に。

« イギリスの社会保障制度(3)               国民保健サービスNHSの概要 | トップページ | 小出裕章助教、国会演説部分も入った動画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大江希望さんの日記からこの部分:

« イギリスの社会保障制度(3)               国民保健サービスNHSの概要 | トップページ | 小出裕章助教、国会演説部分も入った動画 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31